環境破壊
298227 実は石油は無尽蔵にあることがわかっている
 
麻丘東出 ( 54 環境コンサルタント ) 14/11/22 AM02 【印刷用へ
ロスチャイルド系のシンクタンクであるローマ倶楽部は、「石油は枯渇する」という説を立て、1970年初頭に石油ショックを演出した。その結果、石油価格は5倍に跳ね上がり、世界中の経済を混乱させ、日本でも庶民の生活を圧迫した。
しかし、実は石油は無尽蔵にあることがわかっており、ロシアはそのことを50年も前から知っていた。

以下、リンクより転載
----------------------------------------
■石油がなくなる。! いつから云われ続けてきたか。
<出典>飄(つむじ風): 石油枯渇説のウソA−改訂再掲版ー

石油ショックの時(昭和48年 (1973年))、その時、あと30〜40年もすれば埋蔵量はなくなる、云われていた。

■石油は本当に枯渇しているのか?
<出典>世の中の不思議をHardThinkします:石油は本当に枯渇しているのか? — プロパガンダの実例3

なぜ採掘量が増え枯渇予測が伸び続けているのかについて石油メーカの説明。
@衛星や地震探査法などの地層調査技術発展による新油田発見。
A以前は7割しか取れなかったがガス注入法などで摂れる石油の量が増えている。
B消費量が増えれば10年で枯渇してしまう可能性もある。
リンク

■石油が生物の堆積物であるというのは本当のことであろうか?
<出典>石油は無尽蔵か

「無機成因説」という仮説がある。簡単にいうと石油はマントルから染み出してくる、というものである。つまり、生物起源というのはまったくのうそで、地球に含まれる無尽蔵の炭化水素が石油の起源であるというのだ。

■バクテリアが石油を作っている!?
<出典>また値上げの石油、だかしかし石油が無尽蔵にあったら? | 仕事ものしりコラム − 転職ならDODA(デューダ)

マグマが冷えてできた岩盤の裂け目で生物の堆積がありえない超深々度6000mにも油田が発見されていることから、徐々に無機起源説に与する学者が増えている。

■石油は無尽蔵の資源かもしれない
<出典>石油は無尽蔵の資源かもしれない: きょうはなにか面白い話ないの?

石油は生き物の死がいではなく無機物(炭素を含む鉱物など)からできたものだとする説です。
コーネル大学天文学部トーマス・ゴールド教授が「地球深層ガス説」を提唱。
@石油は生物の死骸からではなく地球の深部に大量にある“ある物質”が石油に変化して地表近くまで染み出して来ているモノである。
A木星や土星などの大気には大量のメタンが含まれている。
B隕石にも多量の炭化水素が多数含まれている。
C地球の生成時点に地球内部に取り込まれたのではないかと予測。
D地熱1100℃〜2400℃、圧力3万気圧〜10万気圧で炭化水素などが変化して作られる。
E少なくとも残り500年分はある。

■石油は無限に存在する(ロシアは50年前から知っていた。)
<出典>世界の真実の姿を求めて! 石油は無限に存在する(ロシアは50年前から知っていた。)

石油はどこでもあり、いつでも意思と用意さえあれば生産できる。それは無尽蔵である。しかし、石油を支配する側がそれを許さない。それだけだ。

■枯渇したと思われていた原油や天然ガス田の再開発に相次いで成功した
<出典>世界の真実の姿を求めて! 石油は無限に存在する(ロシアは50年前から知っていた。)

特に1990年代、ロシアとウクライナは両地域にまたがるドニエプル・ドネッツ油田において驚異的な油田再開発を成し遂げた。

■マントルからは、常時石油が湧出している。
<出典>世界の真実の姿を求めて! 石油は無限に存在する(ロシアは50年前から知っていた。)

■−有機起源説では説明不能の深部基盤岩内部油田を相次ぎ発見−
<出典>石油無機起源説

無機起源説は、もともと地球深部に大量に存在する炭化水素が、地殻の断裂を通じて地表に向けて上昇し、油田を形成したという。これは19世紀末から存在していた説だが、実際、堆積盆地ではなく、その下にある基盤岩の内部から油田が発見される例が少なからずある。

■石油枯渇説が喧伝される時、何が起こったか。
<出典>世界の真実の姿を求めて! 石油は無限に存在する(ロシアは50年前から知っていた。)

誰が利益を得たか。石油メジャーと原子力マフィア、そして、軍事関連産業だ。そして、ドル支配が促進された。

■武田邦彦氏が「石油はあと8000年は大丈夫」というその根拠は
<出典>NEWSポストセブン|武田邦彦氏が「石油はあと8000年は大丈夫」というその根拠は

新たに採掘可能な油田が見つかったり、それまで採掘が難しかったものが技術力で採掘可能になったりすると、一挙に「あと○年」が増えるのです。
--------------------------------------------
 
 
  この記事は 148506 に対する返信です。
 この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_298227

 この記事に対する返信とトラックバック
299012 イヌイット長老が「地球がずれている」とNASAに警告 青島航 14/12/10 AM00

  [戻る]  


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp