アメリカ:闇の支配構造と略奪戦争
296208 ロシアによって暴かれる911テロの欺瞞。『異常な高温』で溶融したWTCビルの基礎。
 
洞口海人 14/10/05 AM09 【印刷用へ
引用先の写真を見て欲しいが、航空機が衝突しただけでは、当然こういう溶解はしない。それも地上部分ではなく、地中の基礎だ。

ロシアはこのような『西側諸国の罪』を暴くべく動き出しているようで、そうなると2015年には、世界の勢力図は全く異なるものになっていく可能性がある。


《以下引用》リンク

■ロシアが911の真相に関する情報(核爆発)を大量放出

911事件の真相が大爆発・大規模な情報のダウンロードが進行中
(9/11 TRUTH GOES NUCLEAR: Massive Download In Progress)

9月27日【State of Nations】リンク


ロシアが広め、

スノーデンが正当性を立証し、

NSAの証拠がその真実性を裏付ける

・・・新しい911事件に関するデータの大放出


「この911事件に関するデータの大放出は放射能のように非常にデリケートなもので、アメリカ政府が崩壊することさえありうるだろう。

世界中の人々がこのレポートを見てしまうと、世界はもう、以前と同じ状態に戻ることはない」

(911の真実を調査する退役軍人・Veteran 9/11 Investigator)


ツインタワーの基礎の下部で発見された、巨大な「溶解した御影石」の大洞窟の写真。


これはWTBビル1と2の補強の鋼鉄、打ちはなしコンクリート、管状のコア構造を完全に爆発させるための熱核兵器によって起こされたものか?


証拠が出揃った今、2001年9月11日に実行された偽旗作戦は、複数の国家によって行われた共同的な謀略であったということは疑う余地もないものになった。アメリカ、イスラエル、サウジアラビア、そしてイギリスはそれぞれ、この人類に対する犯罪の遂行および隠蔽に直接的に関与していたということが証明されているのである。


パキスタンの軍統合情報局(ISI)のような、他の国家主体および諜報機関も関与していたが、主に中心になっていたのはアメリカ連邦政府やイスラエル諜報特務庁(モサド)だ。

膨大な量の状況証拠だけをとっても、アメリカ政府が自らの国民に対して犯罪的行為を行ったことを告発し、有罪を宣告しているに等しい。

同様に、イスラエルの痕跡は911事件という犯罪現場のいたるところに見受けられ、犯罪的行為に直接的に関与していたことが伺える。


【ロシア入国/エドワード・スノーデン/オルタナティブ・メディア】

エドワード・スノーデンがアメリカから逃亡しロシアに滞在することを選択した時、彼と共に失踪したNSAの貴重な収集データが911事件に関する意外な新事実の基礎となることなど、彼はほとんど知らなかった。


政府の最も高いレベルで行われた犯罪的な行為を、文章・写真・映像などで記録したNSAの隠されていた類まれな証拠の存在があったため、ロシアがその申し分のない権威を持って911事件の真相を暴露することができるようになったのである。 そのため、今、ロシア政府が911事件周辺の本当の事実に関するデータを、断続的、そして戦略的に大量に流出しているのだ。


アメリカを中心にした枢軸国や欧州連合(EU)、NATOがロシアを敵に回し迫害し続けているが、彼らが元々の原告を告発するための911事件の証拠を「大規模にダウンロード」し続けないのはなぜであろう。

ウクライナのキエフの下町で発生したクーデターは、CIA、M16、モサドによって遂行されたものだが、これによってすでに正当な理由で怒っていたロシアの怒りに油を注いだに過ぎない。


【チェスをプレイするプーチンと、チェッカーで遊ぶオバマ】

アメリカと仲間の国が次から次へと制裁措置を取っている一方、絶え間なく変わり続ける地政学的なチェスボードで、重要な駒と決定的な意味のあるマスをおさえているのはプーチンである。

ロシアは、一日一晩さえあればウクライナの経済を閉鎖させることができるだけでなく、来る冬の季節にほとんどのヨーロッパの国々を寒さに震え上がらせることもできるのである。

しかしもっと重要なのは、ロシアのソーシャル・ネットワークは、911事件の本当の偽旗作戦(敵になりすまして行われる作戦)の犯人が誰であったかを示す莫大な量の証拠を一瞬にしてダウンロードすることができることだろう。

まだそうはしていないものの、一方ではロシア政府は、インターネットの世界が「911事件の真相(9/11 Truth)」と一般的によんでいる、地球を揺るがすような素材を発表する許可を出している。

これらの偽旗作戦による攻撃が、近隣諸国や遠くはなれた国々に対して戦争をけしかけている本当の犯人によって組織的に利用されているという事実を考えると、私たちの世界はそのようなありのままの本当の真実を熱望していると言える。


【2014年に、それは全部変わることになる】

直近に流布された911事件の真相によって、罪を抱えている国家主体は窮地に追いやられているが、彼らに逃げ道はない。

アメリカに次いで第二位の情報機関を有するロシアのような国家が、911事件という偽旗作戦に関連した整合性の高い情報・データを提供し、それをNSAによる確実な証拠を持っているエドワード・スノーデン氏がロシアの情報を支援している時に、角に追いやられた真犯人が一体どうやってそこから逃げられるだろうか。

インターネットがそれを目撃した。2014年とそれ以降、隠れることのできる人間なんていない。パラグアイやパインギャップ基地、パンクサトーニーにペンシルバニアにでさえ隠れることはできない。これがどういう意味かって?

次に箇条書きにしたのは、最も世界を揺るがすような重大なラジオのインタビューから抽出したものだ。

このインタビューは、911事件の真相を解明しようとするグループの間で行われたものだ。彼らは、集合体としての知識をベースに、ユニークな経験のセットや内部者情報へのアクセスを持っており、国家反逆罪や大量殺戮、重窃盗、そして国がスポンサーの計画的なテロリズムの遂行を犯そうというアメリカ政府が一丸となった陰謀について「暴露する」資格を備えている。


この前代未聞のインタビューは、下のYouTube動画に収められている。ハイパーリンクもオリジナルのものだ。

このリンクはまた、議論の対象となった911事件の真相についての鍵となるポイントの多くの写しの箇条書き(後述)のためにも使われたものだ。簡単に参照できるよう、リストの多くにはYouTubeの動画の時間も記されている。

《引用以上》
 
 
  この記事は 295513 に対する返信です。
 この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_296208

 この記事に対する返信とトラックバック
297324 プーチンが世界の新秩序構築を提案+アメリカの覇権主義を糾弾 稲依小石丸 14/11/01 AM10
296747 アメリカ暴走の契機となった911 小暮 勇午 14/10/18 PM10
296466 911に始まった米国の幻覚症状による世界の混乱の終焉 ぴぴ 14/10/11 PM10
296319 【911テロの嘘】 WTCビルを破壊した『核』は、アメリカの核再利用施設から盗み出されたものである。 洞口海人 14/10/07 PM09

  [戻る]  


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp