世界各国の状況
296193 BRICS銀行称賛の流れ
 
匿名希望 14/10/04 PM10 【印刷用へ
ジョセフ・ユ−ジン・スティグリッツはBRICS銀行設立を称賛しているようだ。

ジョセフ・ユ−ジン・スティグリッツとは、アメリカ人の経済学者で、1979年にジョン・ベーツ・クラーク賞、2001年にノーベル経済学賞を受賞した。2013年現在における最も活動的且つ影響力のある経済学者の一人といわれている人物である。

ノーベル賞とは、欧州勢力(欧州貴族+ロスチャイルド)が支配しているリンクことは明らかで、スティグリッツの発言の背後にはロスチャイルドが関与しているのではないか。

himaginaryの日記リンクより引用します。

//////////////////////////////////////////////////////////


私がこれほど支持しているのは、開発やインフラのための資金需要が巨額で、既存の機関だけではそのうちの少しのパーセンテージしか供給できないからです。そして、民間の世界金融市場は機能していません。例を挙げましょう。2008年の危機の前、ベン・バーナンキは貯蓄過剰が存在すると述べました。貯蓄が多すぎると言ったのです。彼は私が住んでいるのとは違う惑星に住んでいたに違いありません。私がアフリカや他の発展途上国を回った時、多すぎる貯蓄の問題など目にしませんでしたが、莫大な投資需要の問題は十分すぎるほど目にしました。問題は、既存の金融機関が貯蓄を必要とされる場所に振り向けていなかったことにあります。民間機関がそれをできないことは明らかでした。彼らは略奪的な貸し付けをして貧しい人々につけこむ術は心得ていました。彼らはそれに長けていたのです。しかし彼らは、貯蓄余剰を社会的ニーズが非常に高い場所に振り向けることには向いていませんでした。

・・・

彼らのビジネスモデルにはそうしたことは含まれていません。彼らは投機や取引やデリバティブや市場操作といったあらゆることで金を儲けていますが、社会的に最も生産的な投資の活用法を探し出し、そうした投資に纏わるリスクを管理する、ということはその中に入っていないのです。開発銀行が必要なのはそのためです。

トップはインド人に、所在地は上海になります。統治機構はBRICS諸国すべてが関与する形になり、米国が唯一の拒否権を持つIMFなどと違って、すべての国が平等な投票権を持つことになります。

この銀行の特色の一つには、新しい手段や統治についての最近の進展をすべて適用できる、ということがあります。例えば、国だけでなく政府系投資ファンドをも取り込んだファンドを作ることができます。あるいは、債券だけでなく株式を活用したり、現代の金融技術や金融リスク管理の進歩をどんどん取り入れたりできます。21世紀の機関たらんとすることができるわけです。1944年に創設された他の機関は20世紀から抜け出そうとしていますが、大きな機関が変わるのは難しいのです。とりわけ統治についてはそうです。

米国は、国同士を比較する購買力平価の新たな計測法によれば9月のどこかで世界で二番目に大きな国になる、という事実が気に入りません。もはや世界最大の国ではなくなる、という考えを米国が受け入れるのは難しかろう、と思います。貿易や貯蓄やその他の分野で米国はもはや世界最大ではなく、世界で二番目の国になります。

・・・

中国に次ぐ国となるのです。しかし世界的な統治はその新たな経済の現実を反映していません。明らかに、この新組織もすべてを変えるわけではありません。それは僅かな変化に過ぎませんが、正しい方向への変化であり、新たな経済的および政治的現実を反映し、過去70年間に我々が学んだことを反映しています。
 
 
 
 この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_296193

  [戻る]  


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp