日本を守るのに、右も左もない
295241 反日が煽られ、中韓の脅威が煽られる本質とその先にあるもの@
 
りんいちろう 14/09/12 PM01 【印刷用へ
 中国・韓国に対する日本人の感情は各種調べで、かつて無いほど悪化しています。果たして憎むべきは中韓なのか?本質を見誤って進めば、取り返しのつかないことになります。

 ※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

反日が煽られ、中韓の脅威が煽られる本質とその先にあるもの 細谷幸喜さん(リンクより転載)

現在日本を取り巻く状況と、戦争へ進むカラクリを、我ながらこれ以上分かり易く、短く、かつロジカル説明しているものはほとんどないと言っても良い筈ですので、お読みになってご納得頂けましたらどうぞ拡散願います。
また、もっと詳しくお知りになりたい方は鬼塚英昭氏の「反日の秘密」をお読み下さい。

(仮題)反日が煽られ、中韓の脅威が煽られる本質とその先にあるもの

テレビや新聞などの報道、コラムニストまで、防衛、愛国、嫌韓、嫌中など、押しなべて日本人のプライドをくすぐる耳障りの良い右よりな論調が多く、ネット 上でもネトウヨやなんちゃって保守など、大して勉強していない口ばっかし君、いわゆる安倍信者達が、やれ集団的自衛権、FEMA創設、特定秘密保護法、 NSA、特定秘密保護法を賛成していますが、その先に待っている地獄が来たときの覚悟は出来てるんでしょうかね?

そもそもこういう人たちの思考の根底には、中国脅威論(これはある程度理解できる)よりも何よりも、嫌中、嫌韓という感情論があるように見受けられますよね。
何かっていうと「○○チョン」「○○キムチ」「○○ニダ」、「中共」「シナ○○」って口汚く罵るでしょ。それって、アナタ達が馬鹿にしている彼らと同じレバルだよって情けなくなります。
近代の戦争はほとんどの例外なく、エスタブリッシュメント達の利益と思惑のために創られた対立軸によって引き起こされているものです。その創られた対立と情報操作により危機感、国民感情を煽ることにより、戦争へ向かう道筋が作られるのです。

感情論から生まれた対立の先に平和はありません。
そんな訳で、現状を生きる大人として、どうロジカルに思考することが大切かを考えて頂くために、反日の本質を書いてみました。
日本人皆がここに気が付いて行動できれば、決して日本がバカげた戦争に自ら巻き込まれることはありません。

まずはじめに、皆さんは、竹島は韓国がを不法占領してると思っていますよね。
ざ〜んねん!ぶっぶ〜っ!
国際法上はその通りですが、それはあくまでも表向きで、実はアメリカがそれを許しているんですよ。
どういうことか?
日本は表向きではあれ、国防(軍事統制権)の最高司令官は内閣総理大臣ですよね。(まっ、ここがネトウヨやなんちゃって保守達、安倍信者が勘違いしちゃう原因のひとつなんだけど)
片や韓国の軍事統制権を持っているのは米軍なんです。韓国大統領ではないんですよ。
つまり、アメリカが竹島から軍(便宜上の呼称はあくまでも独島警備隊)を撤退させろと言えばハイそれで終わりなんです。

じゃあ、アメリカは韓国支持なの?
ぶ〜っ!それも違います。
要するにアメリカが儲かるか儲からないか、これが第一なんです。
まずは、日韓双方の対立を煽ることによって、ベラボウな価格の武器(例えば、日本が100億円で買わされるオスプレイ、アメリカじゃあ30億円)をバンバン双方に売りつけることが出来ること。
第二の理由は、日本にとってアメリカは、かつて原爆という世界最悪の人体実験で大量虐殺を行った憎っくき敵国。
片や韓国にとってアメリカは、太平洋戦争後も自主独立を認めずに、連合国による信託統治をし現在に至っている上、ソ連とともに祖国を分断し、朝鮮戦争に導いた張本人。

双方とも、反米になる素養は充分すぎる位ある訳で、要するに竹島は、アメリカにとって、日韓双方が反米で共闘しないように対立を煽るよう誘導させるアイテムなんです。

さらに言えば、現在の日本の食物自給率が戦後GHQの誘導で40%と言われていますが、韓国の食物自給率はなんと18%なんですよ。これも当然アメリカの思惑です。
また、韓国経済の屋台骨で、GDP(国内総生産)の18%、輸出の21%も占めているサムスンであっても、50%以上の株式を日本と米国の投資家や金融家が保有しているんです。

そう、日本がアメリカの召使なら、韓国はアメリカの奴隷なんですね。
つまり、現在の日韓対立の現状は、奴隷が召使をやっかみ、召使が奴隷を蔑んでいるから、お互い余計に旦那に擦り寄る。
旦那であるアメリカは、その自分への依存度を利用して、自分のパトロンである国際金融一味と軍産複合体により尽くさせる。これが日米韓の現在の構図なのです。

では韓国の反日はなぜ起きるのか?
日本が韓国を植民地支配をしたから?戦前日本が朝鮮人を差別したから?
ノ−!ノ−!ノ−!
80歳以上で、日韓併合時代を知る韓国、朝鮮人は押しなべて日本に好意的で、むしろ反日感情を持った人は少数派なんです。
ではなぜ?
そこには、日本人が味わったことのない屈辱と悲しみを味わい続けてきた民族ゆえの理由があります。
長く中国の属国であり、日清戦争後独立したのもつかの間、祖国は大日本帝国に飲み込まれ、太平洋戦争後は連合国による信託統治。
朝鮮戦争、ベトナム戦争参戦、散々血を流しながら一度も戦勝国に名を連ねたのないジレンマ。
そのなかでも朝鮮民族にとって最大の悲劇はやはり朝鮮戦争です。
大国間の思惑によって仕掛けられた代理戦争で、自分達の郷土で同胞同士が殺し合う(言わば兄弟で殺し合いをさせられた)400万人もの犠牲者を出すという、人類史上最も悲惨な戦争をさせられた非業の民族なのです。
それら一連の歴史的真実を突きつけられたとき、あまりの悲しさと、情けなさ、悔しさ、怒りをどこかにぶつけなければ民族のアイデンティティーは崩壊するのです。
それでも尚、信託統治され続ける現状に、韓国の民衆は怒りを爆発させ、あちこちで反米運動を起しました。
その反米のエネルギ−をそらす先としてアメリカが選んだのが敗戦国日本だったのです。
韓国政府にしても信託統治されている相手に逆らうことも出来ず、国内の不満分子を抑えなければなりません。
そう、本来なら朝鮮民族が怒りをぶつけるべき相手はアメリカであり、中国であり、ソ連であったはず、その鬱屈した韓国人のプライドのはけ口を、アメリカと便乗してすり替えたのが反日なのです。
こうした米韓両者の思惑が相まって反日教育、報道がなされた結果、今日、韓国ロビイストの活動がアメリカで支持される背景がそこにあります。

では中国はどうか?一見アメリカや日本と敵対しているように見えますが、人民元を刷っている人民銀行の金主はHSBC(香港上海銀行)でロスチャイルド系。
ましてや、CFR(外交問題評議会)の影響力の強い、上海閥の江沢民の直系の子分である習近平がトップにいる。
ね、尖閣問題で日本と緊張関係にある仕掛けがもうお分かりでしょう。
 
 
  この記事は 295053 に対する返信です。
 この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_295241

 この記事に対する返信とトラックバック
327839 反日感情はどうつくられたか@〜韓国の人の実感より/学校教育の恐ろしさ 小平健介 17/07/06 AM09
297941 『愛国か反日か』という二項対立ではなく『何が愛国か』を議論すべきだろう:山崎 雅弘氏 洞口海人 14/11/15 PM09
295242 反日が煽られ、中韓の脅威が煽られる本質とその先にあるものA りんいちろう 14/09/12 PM01

  [戻る]  


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、43年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp