世界各国の状況
294987 イスラム金融が拡大するのはなんで?〜実態経済から乖離したマネー(金融経済)の暴走を食い止める突破口!?
 
14/09/07 PM00 【印刷用へ
イスラム金融が注目を集め、拡大しつつある理由とは?・・・“西側”の金融資本主義システムがはらむ欠陥(=実態経済から乖離しバブル崩壊を繰り返し、今や“死に体”)に対する突破口として注目されているのでは?

因みに、この間行方不明、撃墜と航空機問題が続くマレーシアは、イスラム教を国境とし、イスラム金融のセンターたらんとしている。
リンク

リンク より
********************************

●利子のない銀行――「イスラム金融」とは?

最近、話題になることが増えている「イスラム金融」。イスラム金融とはどのようなものなのか? 今週の本コラムでは、イスラム金融について簡単に紹介したい。

 イスラム金融とは、「イスラムの法解釈にかなった金融」を指す。イスラム法のことをシャリーアといい、シャリーアでは宗教的なことだけでなく、世俗的なことも定めている。シャリーアでは、例えばアルコール、賭博・武器などの事業に資金を融通することは禁じられている。
 だがイスラム金融のもっとも顕著な特徴は、「金利」という概念が許されないことであろう。これは、イスラムの経典(コーラン)で、利息(リバー、「増加」を意味するアラビア語)が禁じられていることに由来している。
なぜ今、イスラム金融が注目を集めるのか

 イスラム金融の規模は、2005年時点で約7000億〜1兆ドルになっているといわれ、今でも増加を続けている。中東地域はもちろん、マレーシア やタイといったムスリム※人口の多いアジア地域でも、イスラム金融は拡大している。このような規模拡大の背景としては、いわゆる原油高によるオイルマネーの影響力拡大や、それに伴うドバイを中心とした中東地域経済の加速度的成長、加えてイスラム回帰の潮流の中でムスリム人口自体が増加していることなどが挙げられる。
(ムスリム……イスラムを信じる人のこと)

 だがいまイスラム金融が注目を集める理由はそれだけではないと思う。我々、“西側”の金融資本主義システムがはらむ欠陥に対する比較として取り上げられているのではないか。

イスラム金融のしくみとは?

 上述のように、コーランではリバーが禁止されているため、“西側”の銀行の金融商品ではシャリーアに沿っていないことになる。そこで、ムスリムを対象とする利子なしの銀行として、イスラム金融が登場した。イスラム金融では、資金対資金の取引による利子で儲けることは許されない。そこで、この商品取引から生じる利益や、事業・投資を行った結果の配当といった形態が採られることが多い。

 例えば、「ムラーバハ」という取引仲介方法がある。これは、銀行が商品の買い手の代理として、先に売り手から商品を購入し、買い手に対し再販売する形態である。売り手から銀行への販売価格や、銀行から売り手への販売価格はあらかじめ定められているため、銀行にとってはその差額が金利相当の収入となる。
 また「イスティスナ」というプロジェクトファイナンスの方法がある。これは、工業製品の調達や建設などのプロジェクトにおいて、銀行が発注者に代わって業者に先払いする金融取引である。業者はその資金をもとに事業を実施し、銀行を通して顧客に納入する。銀行は顧客より資金の支払いを受け、その差額 を利益とする。ムラーバハとの違いは、金融取引の時点では、商品が実体として存在しない点だ。イスラム金融は実体のない取引を嫌うが、イスティスナのス キームでは、詳細な指図があり、対象資産が特定されているため、実体のある取引とみなされ、適格と認められる。

 そのほか、出資者の資金をまとめて、事業家が運用をし、それを配当として出資者に還流する「ムダーラバ」などの取引形態がある。いずれの仕組みも金融というよりは、日本では、総合商社が行っている役割に近い。
我々は何を取り入れることができるのか?
 
いずれにせよイスラム金融では、実体のない資金対資金の純粋金融取引は許されない。どのスキームもいわゆる金融の枠組みを超えて、銀行が事業なり取引に直接コミットし、付加価値をつけることで利益を得ることが許されるのである。
 翻って、私たち西側の資本主義世界では金融経済と実体経済との距離の乖離(かいり)が進んでいる。西側ではしばしばバブルが大きくなり、そしてはじけているが、これは金融経済の中で資金が獰猛に動き、実体経済へ悪影響を与えた姿の1つだ。

 私は、現在の金融経済の本質的課題は、金融取引が現物や事業という“素”を忘れ、貨幣だけが“軽薄”に流通する仕組みにあると思う。過度なレバレッジによる資金膨張と、永遠に繰り返される外部化(セキュリタライゼーション)によって、私たちの金融経済は実態経済を置き去りにしてしてしまった。
 その結果、行き場を失った資金が荒れ狂いコントロールを失っている(あるいは意図的に誰かにコントロールされている?)のが今の資本主義の姿といえないだろうか。

 誰の言葉だったか、「共産主義は早死にするだろう。資本主義は爆竹のようにはじけて終わるだろう」という予言があった。
 私たちの世代は、ポスト資本主義社会に向けたグランドデザインを行うべき使命を持っているのかもしれない。取引の“実体性”を重視するイスラム金融から、資本主義の中に生きる私たちが学ぶものは大きいのではないだろうか。

********************************
以上
 
 
  この記事は 233131 に対する返信です。
 この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_294987

 この記事に対する返信とトラックバック
宗教が国家を上回った国:イスラムとは?【5】イスラムはなぜ商業を重視するのか? 「縄文と古代文明を探求しよう!」 14/09/23 PM11

  [戻る]  


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp