次代の活力源は?
291763 江戸の老人の役割
 
洞爺煩 ( 29 凡人見習い ) 14/06/27 AM00 【印刷用へ
西洋文明(私権)の流入で、日本の社会構造が変化する前。
生産力の上昇、人口増加、衛生面の向上→社会の混合・不整合から秩序化の流れは、現代とも繋がるところがあるか。
そこでの老人の役割は?

一.生産に関わり続ける老人
__________________________________
老後の生活-江戸時代の繋がりと地域社会
リンク

■老後も働ける限り働く
江戸時代、隠居生活は恵まれた農民のみで、その他の農民は老後も働ける限りは働く。
大藤修氏によれば、重労働は体力的に難しい為、稲の穫り入れ後の落穂拾い、稲の品種計量などの軽作業などをしていた。

■文字の普及による老人の役割変化
江戸時代、学者が書いた農書が出回り、文字による伝達・普及によって、老人の蓄えてきた知識は顧みられなくなったという説がある。
しかし、地域の年配者の持つ技術と長い人生経験に基づく教えは農民の間で伝承され続けた。

■子供と老人は神や仏の世界に一番近い存在
江戸時代、老人の役割の一つに村のもめごとの仲裁があった。
老人は現実社会の利害関係からある程度超越し、人生経験も豊富だから。
江戸時代は、子供と老人は神や仏の世界に一番近い存在あり、現代のように老人を劣等者と見なすことはなかった。
しかし明治以降、近代科学の知識や技術が猛威を振るい、老人の知識や技術を飲みこんでいく。

■江戸時代の平均寿命
渡辺尚志氏によれば17世紀の平均寿命は30歳、19世紀では30代後半。
庶民は武士より短命で、女性は妊娠死亡率が高く、女性は男性より短命。
平均寿命が短い要因は天然痘にかかり死亡する乳児率が多かったから。
しかし成人すれば江戸時代は70歳くらいまで生きる人も珍しくなかった。
__________________________________

二.老いを尊重する共通認識
__________________________________
社会の期待に応える介護とは?(中編)
リンク

■高齢者が重宝されていた江戸時代の長屋介護
江戸時代は徳川家康の儒教的な仁政の影響もあり、高齢者が尊重されていた。
老いは悪いことではなくめでたい事であり、基本的に家族とともに暮らし、高齢になっても定年はなく、経験が重視され社会的な役割も期待されていた。
また、医療が発達しておらず、今のように長期間寝たきりになる事はなく、死ぬまでの短期間を家族に見守られて送られていた。
一人暮らしの高齢者も、長屋などの相互扶助が一般化しており、周りの人たちが世話を焼いていたよう。
また、天明の飢饉以降は七部積金と言う制度を作り、身寄りのない高齢者が食うに困った場合は、今で言う生活保護費を支給していた。

@古代ローマから江戸へリンク
江戸時代は、日本史に特筆すべき「老い」が価値を持った好老社会。
儒教に基づく「敬老」「尊老」の精神が大きく花開いた。
「先憂後楽」という語に集約されるように、江戸の人々にとっては、今日と違って人生の前半より後半に幸福があった。
若返りという思想はなく、「老い」が尊重された社会というのは、「若さ」をたたえる社会よりも、人にも自然にもやさしい社会であり、文化であったと言える。

A日本の高齢化前夜の失敗から学び取れるものリンク
江戸時代の状況を伝えるいくつかの史料に、上層の庶民や武士階級にあっては、老親の病状悪化に対処する親族・家族ならびに外部から招かれた介抱人による看病の様子を見て取ることがでる。
しかし、そこでおこなわれているのは病状の悪化に伴う短期間の看護であり、家族総出の生産活動によってかろうじて生活を維持していた大勢の人々にとっては「医療」は日常的なものではなかった。
生産に関与できなくなった老親を「介護」するなどという行為もほとんどおこなわれていなかった。

B『長屋の暮らしに学ぶ-1』 江戸時代の共同体リンク
医療が今ほど発達していなかった当時、親と死に別れた子供や、子供に先立たれた老人も少なくなかったと思われますが、誰か彼かが世話をし、納まるべきところに納まっていたよう。
長屋という大家族ともいえる環境のおかげで、子供もひとり暮らしの老人も大勢に守られて暮らしていけたのかもしれない。
長屋という家族に似た共同体が、実にさまざまな機能を果たしていたと言える。
「大家といえば親も同然、店子は子も同然」という言葉があるように、経験豊かな大人が常に若年層の相談に乗っていた。
味噌や米を貸し借りし、親の帰りが遅ければ、小さな子供はどこかの家庭でご飯を食べさせてもらう。
家族が薬代のために日中働いていてひとり残される病人がいれば、近所の誰かが気にして様子を見てくれる。
夫婦喧嘩には近所の仲裁が入ってくれる。長屋の生活は、貧しくとも案外幸せな暮らしにも思える。

C江戸時代にも生活保護があったリンク
江戸時代も生活保護があった。
天明の飢饉(1782年〜1788年)に伴って発生した江戸での大規模な打ち壊しにより、幕府が危機感を募らせ、江戸では「七分積金」という制度を作った。
簡単に言えば財政を切り詰めて、その分の7割を窮民救済に使うというもの。
身寄りのない高齢者や子どもが食うに困るようなときは、調査の上、手当を支給した。
__________________________________

三.複層的に関わり合う相互扶助の仕組み
__________________________________
江戸時代の村落共同体のありよう(2)〜村の多様な役割〜
リンク

○社会的な弱者への互助・救済のしくみ
村は、老人・病人・孤児・寡婦など、社会的弱者・困窮者に対する保護・救済機能を持っていた。
疾病・傷害・老齢などにより村人の生活が困窮したときは、まず家族・親族が扶養する。
しかし、経済的理由などから、それだけでは扶養が困難な場合は、同族団や五人組(村内の5戸前後を組み合わせて作られた組織)、さらには、村が援助の手を差し伸べた。
村の金を支給・貸与したり、村が住居や仕事の世話をしたりした。
さらには、困窮者救済のために、無尽や頼母子(講)がつくられた。
これらは、発起人(親)が参加者(出資者)を募って組合(講)をつくる相互金融機関のこと。
メンバーはくじ引きなどによって順番に、掛け金の額相応の金品を受け取っていき、困窮者がいる場合は優先的に受け取れることが決められていた。
__________________________________

四.還暦からが人生で一番楽しい時間というのが江戸の考え方
__________________________________
『お江戸風流散歩道』
リンク

○老いの楽しさ
江戸で皆が心底祝ったのは歳を重ねること=長寿。江戸では、年長者をとても頼りにし、いたわっていた。
「亀の甲より年の功」、机上の空論より長年の経験が重んじられた時代。
江戸には「老後」という言葉はなく「老入れ」といい、前向きな老境を示している。
まず四十歳になると「初老」=入門者。以後「五十の賀」(中級者)を経て、六十歳にして老年の「成年」である「還暦」を迎える。
六十年で、暦が一巡して元に還ることからそう呼ばれ、本卦還りともいう。
還暦からは、晴れて隠居道楽、まっさらな人生のスタート。それを祝い、赤い手作りのちゃんちゃんこや頭巾を身につける。
これは新生の意を込めて「赤ちゃん」の格好をするわけ。還暦の祝いでは、赤ちゃんに許されることは何でも認められた。
欲しいものをねだったり、好きな場所を再訪したり、その人が望むことをできるかぎりかなえてあげる。
還暦からが、人生で一番楽しい時間というのが江戸の考え方で、以降はお祝いが目白押しとなる。
七十歳は「古希」、唐の詩人杜甫の「人生七十古来希なり」の言葉が由来。
七十七歳は「喜寿」、喜のくずし字が七十七と書くから。
八十歳が「傘寿」、傘の略字が八十だから。
八十八歳の「米寿」も、「米」を分解すると八十八となることから。
九十歳が「卒寿」、九十を「卆」=「卒」。
九十九歳は、「百」の上の一を引くと「白」になるから「白寿」。

江戸では、生産を担う若い世代を重要視する農耕中心の地方とは違い、熟練の技が要求される職人の街であったため、経験豊富な知恵者としての年長者が尊敬されました。
その分、畏敬の念と親しみを持ち、地域社会がこぞって長寿のお祝いをした。
__________________________________
 
 
 
 この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_291763

 この記事に対する返信とトラックバック
294674 高齢化社会は現代日本にはじめて生まれた人口現象ではない。江戸時代でも60歳以上の人口が15%を超えていた。 松下晃典 14/08/31 AM03
292861 「老人」と「回想」 匿名希望 14/07/27 PM10
292359 「誰かの役に立てている」「誰かから必要とされている」 ロコ 14/07/14 AM08
291940 江戸時代は「老い」をどう捉え、どう対応していたか? 松下晃典 14/07/02 AM00

  [戻る]  


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
新しい潮流1 社会捨象→不全捨象の充足基調(’70・’80年代)
新しい潮流2 私権統合の崩壊と社会収束の潮流(’90・’00年代)
新しい潮流3 社会不全⇒認識欠乏の蓄積
新しい潮流4 言葉それ自体が引力を持ち得ない時代
新しい潮流5 実現派は仲間収束から社会収束へ
新しい潮流6 解脱仲間から認識仲間への逆転
仲間圧力と認識仲間
新しい潮流は、新しい人間関係を必要としている
市場社会の、カタワの「集団」
本当は、「集団」に入ったのではなく、社会に出たのだ
古い人間関係は、影が薄くなるばかり
関係パラダイムの逆転1
関係パラダイムの逆転2
活力源は、脱集団の『みんな期待』に応えること
収束不全発の適応可能性の探索、その深くて強い引力
充足基調から探索基調への転換
'90年代の危機感と変革期待の行方
秩序収束と答え探索の綱引き
潮流2:戦後日本の意識潮流
潮流3:’70年、豊かさの実現と充足志向
潮流6:’95年、私権原理の崩壊と目先の秩序収束
潮流9:経済破局を突き抜けてゆく充足・安定・保守の潮流
今後10年間は充足⇒活力を上げれば勝てる 
「日本人はいつ物を考え出すのか?」(1) 共認充足が最大の活力源。'10年代はそれだけで勝てる
市場時代の共認非充足の代償充足⇒解脱(芸能)埋没
'70年〜現代 収束不全⇒本能的な秩序収束⇒課題収束⇒認識収束
現代〜近未来 対象への同化こそが新しい認識を生み出す
大学生が授業に出るのはなんで?
「やりがい」に潜む社会的欠乏
カリスマ 〜自分たちが共認できる価値観への評価収束〜 
仲間収束 2:一人でできない子
「働きたいから働こう」という意識
快美欠乏に替わって、認識の統合が最高価値になった。
判断の土俵とは、人々の潜在思念が作り出した共認圧力の場
『必要か否か』が環境問題に対する基底的な答えになる
芸能か、認識形成か

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp