日本人と縄文体質
291647 日本人は無類の花好き。
 
阿部佳容子 ( 51 営業 ) 14/06/24 AM00 【印刷用へ
幕末〜明治初期の西洋人が外から見た日本、そして滞日歴30年の著者が現在見ている日本。その両方を往復しながら、日本の美の本質に迫る書物を見つけました。「日本人は無類の花好き」という章から紹介します。

以下、呉善花「なぜ世界の人々は『日本人の心』に惹かれるのか」より
---------------------------------------------------------
無類の話好き―まさしく日本人はそうだと強く実感したのは、いわゆる江戸の裏店(うらだな)といわれる界隈を歩いたときだった。狭い路地に面した家々に沿って、無数の鉢植えの花が足の踏み場もないほどにズラリと並んでいるのだ。路地のずっと先まで、道幅の3分の1ほどがまっすぐに花の帯で埋まっている。こんな光景は、韓国ではもちろんのこと、私が訪れた欧米の庶民街でもアジアの庶民街でもまったく見たことがなかった。

「日本人の国民性のいちじるしい特色は、下層階級でもみな生来の花好きであるということだ。気晴らしにしじゅう好きな植物を少し育てて、無上の楽しみにしている。もしも花を愛する国民性が、人間の文化生活の高さを照明するものとすれば、日本の低い層の人びとは、イギリスの同じ階級の人たちに比べると、ずっと優って見える」
フォーチュンはイギリスの園芸学者、万延元年(1860年)から1年余り江戸を中心に植物採集をしたときの記事である。花好きの江戸庶民は裏店の居住者に限らず、各方面にわたっていたことが次の記事からも想像される。

「日本人は美しい景色だけでなく、花も大好きなのだ。むっつりした顔つきの車夫が、がたの来ている人力車の梶棒をおろし、まるで小学生のように両手を拡げて丈の高い花叢へかけこんだとき、私はそれほど驚きもしなかった。熱狂の発作がいくらか鎮まると彼は、腕いっぱい、明るい黄色や白色のキク科の花や、オレンジ色の百合や、たくさんの美しい真紅の実のついた優美な枝を抱えて戻って来て、それで彼の車を飾った」

過酷な肉体労働を業とする者が花を飾るなんて・・・。西洋人には思いも及ばなかったことだった。その驚きがこうした見聞を書き留めさせたのである。これは韓国人にとっても思いも及ばないこと。およそどこの国でも、花を見て喜び楽しむのは上流階級の人たちの趣向ではあっても、長らく庶民一般に広く行われるものではなかったのである。

ともかく日本人の花好きは尋常ではない。なぜなのだろうかとずっと考えてきたが、日本人の古くからの花をめぐる信仰習俗に由来を求めるのが最も適切だろうと思っている。折口信夫は次のように書いている。

「神が天から降りて来られる時、村里には如何にも目につくように花がたてられて居り、そこを目じるしとして下りて来られるのです。だから、昔の人は、めいめいの信仰で自分々々の家へ神が来られるものと信じて、目につくように花を飾るわけなのです。」

花を立てるという場合の花は、花の付かない草木をも含んでいる。門松などもその花の一つである。そこから室町時代に立花(たてはな)と呼ばれる挿花が生まれ、やがて江戸時代に生花と呼ばれる現代に至るいけばなの様式が整った。いけばなは、神を迎えて花を立てた村の人たちの信仰習俗に由来している。

「ヨーロッパでは、野性的にいろんな色の花を一塊に集めることが花束をつくるすべてであるが、それと比較すると、日本の生花における枝や葉の線の配列は、計り知れぬほど高度のものである。」

日本のいけばなと園芸は、各国大使夫人たちを皮切りとして、「数多くの信者」を獲得していったのである。
 
 
 
 この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_291647

 この記事に対する返信とトラックバック
291837 日本の家は開けっ放し。 阿部佳容子 14/06/29 AM01

  [戻る]  


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
新しい潮流7 同類圧力は、新しい認識によって生み出される
新しい潮流8 現実を対象化するための概念装置
新しい潮流10 外向仲間収束は、観客から協働者への移行の土台となる
新しい潮流11 外向仲間の拠点(収束核)が、認識形成サイトである
新しい潮流12 外向仲間の本質は認識仲間である
新しい潮流13 認識仲間の実現基盤
新しい潮流14 社会空間における本源共認の実現形態
認識形成サイト1 認識仲間の演場となる拠点サイト
認識形成サイト2 単なる共鳴・伝播と参加・協働の違い
認識形成サイト4 市場原理の観客読者と本源原理の協働読者
発信欠乏は、喉元まで出かかっている
認識の営業は、相手を選ばない
対象は、ネットに馴染んでいない普通の人々
認識営業の『まつり場』こそ、『原初の社会』である
新しい社会の原基構造
認識を伝えた相手にも、同じ充足感を味わってもらう
認識営業の条件:対象はあくまでも新しい相手
私達は「気付き」始めた
本当にどんどん広がってる!
新たな世代間対立の始まり
みんな期待に応える場では、全員が供給者=需要者
サークルの引力と交流会の引力
バラバラだった社会現象が、交流会では繋がっていく
心斎橋(アーケード)路店でA
心斎橋(アーケード)路店でB
心斎橋(アーケード)路店でC
「次は、路上の時代になる!」と言い切った、その女の子。
共認運動の最前線(なんでや露店)と後方基地(なんでや勉強店)1
勉強って、こんなにも面白いものだったとは!
なんでだろう?を超えてしまった高校生
おばちゃんの表情に見る社会不全の表出
なんで屋さんはなんでも屋になれる
否定を超えて可能性基盤へ 
大衆の言葉の変化もプラス思考で
発信するために、受信する
ツイッターで、ひたすら皆の役に立つ事実を伝える。自らが媒体になりきる。

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp