次代の活力源は?
291232 【高齢者活躍の事例】若者に介護はさせない〜元気高齢者による高齢者支援〜
 
佐藤祥司 ( 壮年 設計 ) 14/06/12 PM09 【印刷用へ
高齢者の活躍の事例を探しています。
面白いものがありました。なんと介護事業での取り組みです。

以下、
「若者に介護はさせない―元気高齢者による高齢者支援「かい援隊本部」活動開始」リンク
からの引用です。
********************************
「若者に介護はさせない。2025年の介護分野における100万人規模の人手不足の解決を図る」

この大義を掲げた介護人材派遣業の株式会社「かい援隊本部」(東京・品川)が、2012年4月1日に活動を開始した。

同社のビジネスの特徴は、「元気高齢者による高齢者の介護」。介護分野での人材派遣業では類例のない、毎月の研修を行う教育に力を入れる体制をつくった。介護をする人、される人の年齢が近いゆえにコミュニケーションを取りやすく、共に心と体の負担をかけない介護ができると期待できる。

さらに年金受給者層の人を介護スタッフとして報酬を伴う社会貢献活動にいざなうことで、収入と活力の維持を図る。目標は「2025年までに100万人の介護スタッフの派遣・育成を行う」と壮大だ。

創業者の新川政信(にいかわ・まさのぶ)会長は「本当に社会の役に立つなら収益も上がり、税金もたくさん払えるはず」と語り、株式会社の形で介護業界ビジネスに挑む。

「高・介併進策」と名付けた介護の人手不足解消と高齢者の生涯雇用のステージの確保、補助金なしで社会に負担をかけない社会性、知識や経験を持つ元気高齢者の力を活かすなど、さまざまな社会に役立つ工夫をビジネスプランの中に盛り込んだ。すでに介護施設と契約を結び、滑り出しから多忙になった。

新川会長、斉藤幸三社長は共に60歳。2人は明治安田生命の幹部を務めた。そこで学んだ人材育成のノウハウを活かしながら、定年後に社会起業を行う。2人は3年前にビジネスモデルを構想。

新川氏は60歳を機に、社会起業家を育成するビジネススクールである社会起業大学(東京・千代田)に調査研究の総仕上げのために入学した。その在校生たちが競う「ソーシャルビジネスグランプリ2011夏」で最優秀の起業プランに与えられるグランプリを受賞した。60歳以上の「第二の人生」で、2人は自ら新しい生き方、働き方を作り出そうとしている。

同社は4月1日にプレス発表会と設立記念パーティを開催した。社会起業大学の田坂広志名誉学長、田中勇一学長も出席し、元日本テレビアナウンサーの松永二三男氏の司会の下で、約200人の集まったイベントは盛況となった。

新川会長は「このままでは家族の介護・看護のために、若者の仕事が奪われます。一方で団塊の世代が80歳を迎えようとする2025年には介護難民があふれかねません。それを元気高齢者の力でなくしたいのです」と起業の大義を強調した。

シンクタンク・ソフィアバンクの代表で、社会企業家の意義を世に訴えてきた田坂広志氏もエールを送った。「私も60歳。未だ修行中の身ですが、この年だからこそ、これまでの人生の経験を活かし、何らかの貢献ができると思います。そこで立ち上がったかい援隊を支えたいと思います」。

参加者は「60歳からの社会起業」「若者に介護をさせない」という同社の取り組みに関心を寄せ、誰もが応援をしていた。司会の松永氏も60歳。「同世代の心意気に応援しようと思った」。

会場には60歳を超えて起業したライフネット生命の出口治明社長、高齢社の上田研二会長も訪れ、「成功を祈ります」とあいさつ。来場者は盛り上がった。

日本が迎えつつある高齢化社会は、閉塞感などの暗いイメージが先行しがちだ。しかし実際は元気な高齢者ばかり。それゆえ前向きにとらえることもできるはずだ。

志だけではなく、ビジネス界での経験と知恵を活かす「大人の社会起業」はその典型だろう。こうした取り組みが増えれば、高齢化社会は明るく、希望に満ちた姿に変わっていくに違いない。(オルタナ編集部)
かい援隊本部 ホームページ リンク
かい援隊本部 フェイスブックページ リンク
********************************
引用終り
 
 
  この記事は 291120 に対する返信です。
 この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_291232

 この記事に対する返信とトラックバック
若者に介護はさせない〜元気高齢者による高齢者支援〜 「感謝の心を育むには」 15/11/17 PM07
291529 新たな介護事業の可能性のヒント 雪竹恭一 14/06/20 PM10
291397 【高齢者の事例】「いつかは自分の問題」で始めた高齢者の居場所づくり 〜閉園となった保育園を利用した高齢者の「通える場所」 ジョギング淀川 14/06/17 AM09
291289 『全国の幼稚園・保育所における幼児と高齢者のふれあいに関する実態調査』 孫市 14/06/14 AM10
291274 【高齢者活躍の事例】八王子市清川町「きよぴー&とまと」地域の高齢者が皆でつくりあげてきた集団 澤根和治 14/06/13 PM10

  [戻る]  


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp