心の本体=共認機能の形成過程
290911 ユニークなシェアハウス、続々と登場!〜若者の“集団収束”の潜在潮流?
 
14/06/03 PM08 【印刷用へ
貧困の消滅→私権の衰弱が当たり前の若い世代を先頭に、私権制度の根幹の一つである「家」においても「私有から共有」への転換が進みつつあるよう。
“シェア”することによる経済的メリットは当然あるとして、それを超えて何らかの課題を共有する仲間による“集団収束”の潜在的な意識潮流が感じ取れて面白い。
“課題”の中身も単なる趣味や交流を超えて“認識”“勉強”寄りのコンセプトを持つものも登場しているようで、打ち出し方によっては彼ら若者の潜在思念に合致した新事業展開も可能では?

リンク より
********************************

シェア住居を専門とするひつじ不動産による「シェア住居市場 統計データ」を見ると、日本でのシェアハウスの物件数と住戸数は、2013年の3月末時点で1,378物件、19,208戸。この数年は年率30%ほどで増加しており、3年間で約2倍となりました。ここ1、2年のあいだに増えてきた印象を持つ人が多いかもしれませんが、以前からコンスタントに増え続けていることがわかります。
リンク

同統計データの入居者の年代を見ると、2010年まで増え続けていたのは20代前半でしたが、2010年からの3年間で最も拡大したのは30代で、40代も増加傾向にあります。これにともない、平均年齢は、2007年の27.7歳から、2012年には28.9歳となり、5年間で1.2歳上昇しています。
男女共用の物件に限って男女比を見ると、およそ4対6で安定しています。入居者の雇用形態や職業については、2012年の入居問合せ数全体に占める正社員の割合が5年前に比べておよそ16%拡大、非正規雇用と正社員の割合は2010年には逆転しています。学生は20%に達した2009年をピークに一貫して縮小し続け、約12%。社会人の就業先業種分布に大きな偏りは見られず、多種多様なバックグラウンドを持つ人々が暮らしているといえるでしょう。
このように、広い層から人気を集めているシェアハウスですが、近ごろ共通の趣味や課題を持った仲間が集う「コンセプト型シェアハウス」の開設が相次いでいます。寝起きを共にしながらランニング、英会話、ダイエット、子育てに起業など、明確なコンセプトを掲げることでプラスアルファの価値をアピールするシェアハウスも登場しています。いくつかご紹介しましょう。

「早朝、トレーニングウェア姿の女性がさっそうと走り出す。ランニングの後は広いキッチンを囲んでみんなで朝食――」。シェアハウスを20軒近く運営するフレッシュルームは、こんなイメージで東京・神宮前の住宅街に「フレッシュ シェア神宮前」を開設しました。近隣は明治神宮外苑や代々木公園などランニングの人気スポットが多いことから、活動的で走ることが好きな女性にターゲットを絞り、内装や設備は女性のマラソン大会を運営する一般社団法人ランガールの助言を受け、ヨガができるようにと屋上には木製のデッキを敷き詰め、疲れが取れるようにバスタブも設置しています。
リンク

暮らしながらスキルアップができるシェアハウスも登場しています。彩ファクトリーが都内に開いた「クロスワールド大森」は、英語が学べることが特徴。2人のネイティブスピーカーが住み込み、共用の居間では英語で話すルールです。30部屋を用意した個室は「続々と入居が決まり、順調な滑り出し」とのこと。事業者にとっては「入居者が同じ趣味や境遇の人を誘うため、目的が明確な人が集まる。だから宣伝費が抑えられる」ことが利点とのこと。
リンク

「1kg減量で家賃が1000円安くなる!」株式会社ブロードエンタープライズが運営する「Beauty & Diet」は、ダイエットをホンキで達成するための女性専用シェアハウス。同じ気持ちを持った仲間と一緒に、トコトン美を追求したい、美しく引き締まった身体になりたいという女性の願望をシビアにかなえるための仕掛けがたくさんあります。体重の増減によって家賃が決まる制度のほか、プロのエステティシャンが食事・睡眠・入浴・排泄等のアドバイスを行う無料サービス、エクササイズルームもあります。
リンク

また、社会的課題への視点を持ったシェアハウスも登場しています。ストーンズ・アフィットが神奈川県に展開するシングルマザー専用のシェアハウス「ペアレンティングホーム高津」では、週2回のチャイルドケアや、お母さん同士・子ども同士のコミュニケーションを通して、充実した生活を提案しています。東急電鉄プロデュースの「ひとり親で子育てをしているシングルペアレント」のためのシェアハウスも2014年に都内にオープンする予定です。
リンク
リンク

起業家育成を掲げるシェアハウスも登場しています。コネクトハウスが展開する「起業家・プロ育成シェアハウス」は、「様々な分野でプロや起業を目指す仲間との暮らしで切磋琢磨」する狙いで、ベンチャーキャピタルと著名人がプロデュースしました。目的意識を持った仲間や各分野のプロフェッショナルが集い、生活を通して起業家精神を育んでいくシェアハウスです。ビジネスアドバイザーを招待した交流会やレクチャーも行っており、経営戦略、マーケティング、会計、人事管理などのスキルを身に付ける機会を提供。定期的に開催されるビジネスコンペティションに認められれば創業資金が得られ、独立のチャンスも拡がります。
リンク

起業家教育を手がけるウィルフが展開する、起業家をめざす学生向けのシェアハウスもあります。学生たちが共同生活で刺激しあえるよう、共有スペースにオフィス機能を持たせ、月に1度、先輩経営者からフィードバックが受けられる場も提供しています。
リンク

ほかにも、コンセプト型シェアハウスのポータルサイト「コリッシュ」が手がける、リビングを図書館にした「ココハウス方南町」や、異業種クリエイターが集まるものづくり系シェアハウス「渋谷モクモクハブ」、半農半Xライフを実現できるコミュニティシェアハウスなどユニークな住まいも誕生しています。
リンク
リンク
リンク

また、多彩な人が触れ合うことをコンセプトにした大型物件もあります。株式会社リビタが東京・原宿で運営する「ザ・シェア」では、シェアハウスとシェアオフィスを合体させ、200人超の人々が日常的に出入りしています。居住者用のラウンジやキッチン、ダイニング、シアタールーム、ライブラリーなどの共用スペースは、「人と生活、情報、カルチャーが豊かに交流する場」としてオフィス契約者にも一部開放されています。建物内に内包された様々なコンテンツやモノ・コトをシェアし、「集う・暮らす・創造する」時間を楽しく、魅力的に過ごせる空間を目指しています。
リンク

********************************
以上
 
 
  この記事は 241738 に対する返信です。
 この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_290911

 この記事に対する返信とトラックバック
322260 空き家利用で、地域おこしをする潮流 匿名希望 京 16/12/03 PM07
294870 「いくらでどこに住むか?」から「誰とどんな風に住むか☆」へ 久保田彰子 14/09/04 PM04
293621 コネクトする家 〜モノよりヒトに投資する〜 チーズカレー 14/08/15 PM07
新しい「暮らし」のかたち 第2回 『家』は【所有】から【シェア】するものへ その意識潮流を探る 「これからは共同体の時代」 14/08/11 PM06
293342 集団と住まいの歴史(洞窟〜縄文〜農村集落〜長屋まで) 岩井裕介 14/08/09 AM01
293105 敷金・礼金なし。家賃三ヶ月無料という時代が来るかも アールティ 14/08/03 AM09
可能性ひろがる暮らしプロジェクト 〜シェアハウスの今〜 「これからは共同体の時代」 14/07/25 AM08
291430 シェア居住に至る背景@ 国策の個人住居史、実態はコミュニティサロンへ 匿名希望T 14/06/18 AM10

  [戻る]  


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、45年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp