日本を守るのに、右も左もない
290087 日本的経営の原点は共同体。破壊されていったのはなぜか?
 
田村正道 ( 52 建築士 ) 14/05/10 PM09 【印刷用へ
日本的経営の良さが見直されてきていますが、その良さは、会社は家族であり共同体であるという当時の意識が原点になっています。

それがいったいこれがなぜ廃れていったのか?
共同体という発想がない欧米の戦略にのせられてしまったという見解が展開されている記事を紹介します。

日本は危機的な状況です。リンク

〜以下引用です〜

思い出す日本的経営の良さ

終身雇用、年功序列、少ない賃金格差。そして手厚い福利厚生。社宅から保養施設まで・・・。そして護送船団方式、系列取引、談合・・・。非関税障壁として散々叩かれた日本の仕組みだったが、それは日本が作り上げた、外国企業を寄せ付けない強力なシステム、理に叶ったシステムだった。

 かつて、日本企業は株主のものではなく、社員のものであり、昔の経営者は、企業の利益と共に、社員が如何に幸福になれるか、という点に注意を払っていた。業績が悪くなっても、リストラなどあり得なかった。会社は家族であり、共同体であった。そして社員のモラルは高く、会社の為に殉死するモーレツ会社員があちこちに居た。

 当時の会社員の過労死は、今のワタミ化(リンク)した会社の会社員のように、若い社員が会社に尽くさせられて死んだのでは無かった。過労死は、今のように入社間もない若者に発生したのではなく、どちらかと言えば、経営者や管理職に多かった。つまり搾取されて死んだのではなく、責任ある立場の者が、社員の雇用を守るため、会社=共同体を守ろうと奮闘した揚句、憤死したのであった。

 今の大企業は軒並み日本的経営を捨てた。グローバル・スタンダード、大競争主義、優勝劣敗、コーポレート・ガバナンス、コンプライアンス、グローバル人材、欧米のシステムが取り入れられた・・・そして企業は家族では無いし、社員のものでもなく、株主のものという考え方が当たり前となった。

 終身雇用、年功序列、少ない賃金格差、手厚い福利厚生、日本的経営の根幹であった全てが無くなった。リストラし放題。派遣社員、パートの多用。社員のモラルは壊滅的に下がり、交換可能な使い捨て人材が導入され、外国人労働者でも出来るよう仕事はマニュアル化された。そこは、古い家族的共同体の仕事を知る人間にとっては、北朝鮮のようにも思える殺伐とした職場だ。戦後日本の良き経営スタイルは、もはや徹底的に破壊されたのである。

 では、日本的経営は時代に合わなくなったのだろうか?、そう思って、グーグルやアップルなど、成功した海外のIT企業に目を向けると、かつての日本企業以上に、福利厚生の充実に取り組み、社員のファミリー化を強化している。例えばグーグルを見てみると(リンク)、「カフェテリアにて、ビュッフェ形式の食事を全て無料で提供 (朝昼晩)」なんて制度もある。しかも、家族や知人も無料という情報もある(リンク)。つまり、グーグルには、会社は拡大された家族という考え方があり、これは恐らく、かつての日本企業の強みが家族的共同体にある事を分析し、それを学んで取り入れ、更に進化させたもののように思える。昔は、個人主義の欧米の会社に、会社が共同体なんて考えは、完璧に無かった。

 振り返って見れば、バブル崩壊後、日本企業は、欧米企業や社会のダメな所ばかりを取り入れさせられた(バブル崩壊前を思い出せば、当時の日本人は、ダメ欧米企業を見て・・だからだめなんだよ・・と良く言っていた、しかし今の日本の会社や社会を見れば、当時バカにしていたダメな欧米の会社の仕組みそのものに、今の日本の会社が成り果てている事に気がつく)。そして日本企業はダメになった。

 一方、成功した海外企業を見れば、かつての日本企業の良いところを上手く吸収し、それを見事に発展させている。そして日本に学んだ海外企業は、繁栄を続けているのだ。

 大体、バブル当時は、通産省(当時)主導で海外に売り込みをかけ、日本株式会社と言われ、国が企業を支援するのはアンフェアだと散々叩かれた。だけれども、今、米国、中国、韓国などをみれば、それぞれが、国を背景にビジネスを進めている。米国株式会社、中国株式会社、韓国株式会社が利益を上げてる。明らかに、かつての日本の成功を分析し、そこから学んだ方法で、彼らは戦っているのだ。丁度、真珠湾攻撃に驚き、日本の真似をして、機動部隊(空母艦隊)を作り反撃に出て来た大東亜戦争時の米軍のように・・・。

 日本は海外からの批判に弱すぎる。批判されると、自分の良いところまで捨ててしまう。そして良いところを外国に全部取られてしまう。あまりにも純真無垢で可哀想な事になっている。日本を強くしなければならない。このままだと、本当に国が無くなり、日本人は外国資本や外国人経営者の奴隷となってしまう。

 今や、自由市場として完全に解放されている日本に来たシナ人や朝鮮人の酷薄な経営者が、日本人労働者の良いところを、ワタミ化したシステムで収奪し尽くす様を思い描くと良い。使い尽くされた日本人は、恐らく、もう日本人のマインドでは無くなる。そんな日本人ばかりになれば、日本は完全に変質し、日本文化も無くなるだろう。




<核武装マグカップ>
 
 
 
 この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_290087

 この記事に対する返信とトラックバック
294509 自然災害にも対応できる仕組み「談合制度」 匿名希望 14/08/27 PM08
290527 ポエム化する日本企業 太刀川省治 14/05/23 AM10

  [戻る]  


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp