社員の活力を引き上げるには?
289468 業績にもつながるイマドキの社員寮の試み〜社員寮復活その狙いは〜
 
いちどう ( 25 会社員 ) 14/04/20 AM10 【印刷用へ
仕事で法人さんを相手に借り上げ社宅を仲介しています。
また自身も、会社の用意してくれた借り上げ社宅に住んでいます。
企業の中で社宅の手配や自社資産をどうする?と考えている人とお会いする機会が多いので、仕事の延長で社宅について追求してみたいと思います。

***以下引用

>企業不動産の活かし方:寮、社宅は必要かリンク

従業員のために寮や社宅を保有している企業も少なくありません。しかし、国土交通省の統計によると、法人所有の福利厚生施設は年々減少しており、社宅・従業員宿舎は1993年の165.9百万m2から、2008年には92.6百万m2まで減っています。

 最近になっても寮・社宅の売却を進める企業は少なからず見受けられます。その背景には、人間関係が煩わしい、プライバシーがないといった理由で、寮や社宅があってもあえて入居しない人が増えているなど、従業員意識の変化があります。寮や社宅が、高度経済成長期に建てられたもので老朽化が進んでしまった、あるいはバブル期に建設されたため建物仕様が豪華で維持管理コストがかさむなどしてきたため、コスト削減の観点から売却に至るといったこともあります。

 寮・社宅が減少傾向であることは紛れもない事実でありますが、寮・社宅が全く不要となったと言い切れるわけではありません。寮や社宅が高稼働率を維持しており、それほど維持管理費がかからない場合には、保有していたほうが有利である場合もあります。同じ立地で賃借するとなると、家賃負担が重くなる可能性もあるからです。また、寮や社宅での所属部署を超えたコミュニケーションが社内のネットワーク作りに寄与している点も否定できません。寮・社宅を手放す企業がある一方で、若手の人材育成の観点から独身寮を新設する企業があるのも事実です。


>社員寮復活その狙いはリンク

●新日鉄住金エンジニアリング
〜北九州市 八幡東区 エンジ村となずけられた農園〜
今年度できたばかりの社員寮に農園を併設地域交流の場として活用

社員寮の中に入ると
収穫した野菜を若手社員がさっそく調理していた同僚と作った野菜の味は格別部署に関係なく自然と人が集まる。コミュニケーションの中心となっているこの社員寮しかしココにはもう1つの狙いが…
広報室 鹿野悟さん
「太陽熱や地中熱を使ったエネルギーシステムの実証の場として使っている」

→社物件なのでデータを蓄積して今後の営業活動に生かせる
→社員の生活で得たデータを運用実績として蓄積、営業活動やシステムの改善に利用
→社員寮を武器に環境技術のノウハウを蓄積する

●サイバーエージェント
〜東京・渋谷区〜
写真共有アプリの開発をしている朝日大樹さん。日々一人での集中した作業が続くサイバーエージェントグループ シロク アプリケーションエンジニア 朝日大樹さん「基本的にはズッと一人でやっている」そんな朝日さん新しくできる社員寮に期待していると言います。
「いろいろなエンジニアと交流して情報交換できるのは魅力的」
売りはクリエイティブのヒントになるように世界各地のゲームをそろえた部屋など充実させている。
個室に置くのはシンプルにベッドとデスクだけ広くて豪華なキッチンやリビングを共有する人気のシェアハウス方式。格安ながら社員が一緒に楽しめる場所を詰め込んだというこの社員寮。
→退職率が高いときが以前はあって数年間続いたが共同体を作ることで退職率の低減。退職率を下げるだけではなく成長していく環境をつくっていきたい。

●ヒューマンノット
〜都内を中心に数多くの個人向けシェアハウスを展開〜
ヒューマンノット 片岡義隆 代表取締役
「シェアハウスは社員寮に向いている」「去年ぐらいから法人向けのサービスを検討してきた」始めてみたところ予想以上の反響が
「現在IT系を中心に約10社から相談を受けている」
企業がなぜシェアハウスを社員寮にしようとするのか。試験的に導入しているケースを訪ねた
狙いは密度の濃い異業種交流。同じ釜の飯を食った仲間との交流が社内ではできない人材育成につながる。
「意識がチョッと変化があった」
「会社だと似た傾向の人がいるが」
「いろんな職業の人と接していると」
「いろんな視点から話が聞けるので視野が広がる」

→シェアハウスを社員寮にして人材育成に役立てたい。

●イヌイ倉庫
〜月島荘:複数の企業が集まって644室をシェアする社員寮〜

臨海部に持つ土地を利用して倉庫会社が建設したのこの社員寮。
部屋数は何と644「ある企業が30戸とか40戸とか複数の企業が集まって644室をシェアする社員寮という企画。複数の企業で巨大な社員寮をシェア。共有部分はライブラリーなどビジネス関連を充実。金融 製造 小売、たくさんの人が交じり合うことでコミュニケーション能力が高い人材が育つ可能性がある。ビジネスを中心としたネットワークが自然とできるような。ハードとソフトをそろえていく。

→”社員寮で異業種交流”を実現
 
 
 
 この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_289468

 この記事に対する返信とトラックバック
290488 学生の成長を最大限支援する学生寮「チェルシーホテル」 303 14/05/22 AM08
289945 業績にもつながるイマドキの社員寮の試み〜企業間で独身寮をシェア。職住近接の住まいを低価格で実現〜 いちどう 14/05/06 AM08
289684 はとバス社員の「おもてなし」@〜給与でもなく待遇でもなく「お客様の喜び」が仕事を続ける原動力〜 mosimobox 14/04/27 PM00
289608 業績にもつながるイマドキの社員寮の試み〜寮生活に人材育成を取り入れる〜 いちどう 14/04/24 PM10

  [戻る]  


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、45年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp