恋愛って、何?結婚って、何?
289362 恋愛至上主義ゆえに結婚制度が壊れ、家族が消失する
 
ET 14/04/17 AM00 【印刷用へ
「なぜ恋愛感情を狂信的に崇拝すると、結婚制度が壊れるのか」リンク

日本も含めて、現代文明を受け入れた国々の多くはすでに結婚という制度は崩壊しているか、崩壊の途上にある。結婚という制度はもう形骸化してしまっているのだ。
日本でも1972年の109万9984件をピークに、あとは急減しており、2013年は66万3000件にまで落ち込んでいる。

ところが、逆に離婚は1974年は11万3622件だったのが、2013年は23万1000件となって2倍以上の伸びだ。
離婚が伸びているというのは、要するに「家族の破壊」が増えているということでもある。現代は、大切な人間関係が成就している時代ではなく、大切な人間関係の破壊が進んでいる時代なのだ。

3人に1人は離婚している。離婚は珍しいものではなくなっている。むしろ、結婚生活が10年、20年も続いているということが「すごい」と珍しがられる逆転現象も起きている。

◆結婚制度はこれからもどんどん形骸化していく
日本における結婚制度はこれからもどんどん形骸化していくのは間違いない。なぜなら、結婚制度を破壊する文化的な要素が現代社会には満載だからだ。結婚が成り立たなくなっている理由は様々なものがある。
あまり指摘されていないが、現代社会で結婚が維持できにくいのは、「恋愛の自由化」も要因としてある。

かつて、日本の結婚には見合いというものがあって、恋愛感情がないまま結婚することは珍しいことでも何でもなかった。親が選んだ相手と、素直に結婚していた。
親が選んだ相手と一緒になるというのは、恋愛至上主義の私たちから見ると信じがたい結婚形態のように見える。自分の人生を親が勝手に決めるのだから、個人主義の浸透した現代人には想像もできないかもしれない。

しかし、世界を見回すと、そういった「見合い結婚」は珍しいものでも何でもない。人間は愛がなくても結婚できる。実は、そういった形式の結婚が当たり前だった時代では、皮肉なことに結婚は長続きした。
離婚が容易でなかったという理由もあるが、実は本人同士も「自分の感情など関係なく一緒にいるのが結婚だ」という義務的な意識があったからだ。

しかし、自由意思での結婚、あるいは恋愛の成就としての結婚の場合はそうではない。恋愛感情が結婚の動機になった場合、恋愛感情が消えたら一緒にいる理由も消えてしまう。
恋愛に重きを置くカップルであればあるほど、恋愛感情が消えてしまった状況の中で一緒にいるのは無意味に感じるようになる。「好きでもないのに、なぜ一緒にいるのか?」ということになってしまうのだ。

◆「性格が合わない」という理由の前にあるもの
離婚の理由の第一位は、男女ともに「性格が合わない」というものだ。しかし、実際はそれ以前に「恋愛感情が冷めた」という双方の感情の変化がある。

現代人は、メディアに洗脳されてしまっており、異様なまでに「恋愛至上主義」となっている。しかも、自分が恋愛主義に毒されているということすらも自覚できていない。
これは、恋愛という感情に、客観的になれないことを意味している。一種のカルトのようなものだ。恋愛という感情を、不必要なまでに崇高なものにしてしまう。
その結果、恋愛感情に狂信的になり、恋愛感情を否定することができない。
恋愛感情に狂信的になるというのは、それを求めるということでもある。だから、結婚した相手とは恋愛感情が消えても、別の誰かと恋愛することになる。
結婚相手以外の誰かを好きになる。そうなると、ますます結婚を維持する理由がなくなっていく。こういった恋愛感情による結婚のはかなさに本能的に気付いている人もたくさんいる。

◆恋愛感情は冷めるし、恋愛感情は移り変わる
「誰かを好きになって結婚しても、恋愛感情はいずれ冷めるのだから、好きで結婚しても意味がないのではないか?」
本能的にその部分に気付いた若者は、結婚制度に懐疑的になる。むしろ、結婚しないで付き合い、壊れたら別れ、戸籍を汚さない方がメリットがあると考える。結婚が晩婚化しているのも、結婚を選択しないのも、そういった恋愛至上主義に対する懐疑的な感情が裏側にあるからだ。

そして、日本のみならず、世界中で結婚という制度が破綻しつつのあるのは、恋愛結婚の限界を示している。
恋愛感情は冷めるし、恋愛感情は移り変わる。
結婚するならば恋愛感情以上のものが必要になってくるが、恋愛至上主義になっていると、そこに気付かない。恋愛感情だけで結婚してしまう。

しかし、恋愛至上主義になればなるほど、恋愛感情の消えた結婚に意味を見いだせないので、たとえ子供がいたとしても「かすがい」にならずに離婚に突き進む。
だとすれば、結婚する理由が「好きだから」というのは、今やほとんど意味がないということに気付かなければならない。恋愛感情はどのみち消えてしまうのだから、それと結婚を短絡的に結びつけては失敗する。

その前にもっと重要なのは、現代の恋愛至上主義の風潮に疑問を持つことかもしれない。メディアや、社会や、文化は、全力で恋愛至上主義を持ち上げている。
なぜか、恋愛感情だけを異常なまでに崇高なものにして煽っている。それを疑うことを許さないような、カルト教団のような風潮でもある。
そして、自分が恋愛至上主義に毒されてしまっていることにすら気付かずに、多くの人がそれに踊らされている。そして、結婚は壊れ、家族は消失する。
 
 
  この記事は 289208 に対する返信です。
 この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_289362

 この記事に対する返信とトラックバック
結婚制度は崩壊寸前!?〜個人の自由と集団再生の綱引き 「共同体社会と人類婚姻史」 16/12/25 PM08
314488 制度と意識のズレから生まれた「代行サービス」 竹村誠一 16/04/25 AM11
307040 少子化の原因は恋愛至上主義ではなかろうか 匿名希望 15/08/21 PM06
290761 明治期における「恋愛」観念輸入の実態  西谷文宏 14/05/30 AM02
289433 恋愛の根底には不倫があり結婚とは別物だった〜フランス:恋愛の起源 澤根和治 14/04/19 AM01

  [戻る]  


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
超国家・超市場論1 新しいまつり場は、国家と市場を超えられるか?
超国家・超市場論2 闘争(能力)適応 と 共生(取引)適応
超国家・超市場論3 置かれた環境を貫く 闘争圧力を把握せよ
超国家・超市場論4 同類闘争の圧力と共認統合の限界
超国家・超市場論5 私権闘争・掠奪闘争をどう止揚・統合するのか?
超国家・超市場論6 生存圧力に基づく同類闘争から、同類圧力に基づく同類闘争=認識競争へ
超国家・超市場論7 私権闘争を統合した 力の序列共認
超国家・超市場論8 国家(力の序列共認)と その統合限界
超国家・超市場論9 私権闘争の抜け道が、交換取引の場=市場である
超国家・超市場論10 何をするにもお金がかかる社会
超国家・超市場論11 市場は社会を統合する機能を持たない
超国家・超市場論12 市場の拡大限界は、国家の統合限界でもある
超国家・超市場論13 人類の新たな活力源=圧力源
超国家・超市場論14 外向収束⇒認識収束に応える『認識形成の場』
超国家・超市場論15 『認識形成の場』こそ、新しい社会統合機構の中核である
超国家・超市場論16 ゼロから、自分たちの『場』を作る活動
超国家・超市場論17 新しい社会統合機構が、国家機関を吸収・解体する
超国家・超市場論18 認識形成の『場』を構築することこそ、真の社会活動である
超国家・超市場論19 もう、傍観者=インテリ統合階級は、要らない
超国家・超市場論20 認識形成は遊びではない、生産活動である。
超国家・超市場論21 『認識形成の場』が、なぜ有料化されるべきなのか?
超国家・超市場論22 お金は、現実の必要度を測るモノサシ
超国家・超市場論23 『必要か、必要でないか』という真っ当な判断の土俵が出来てゆく
超国家・超市場論24 必要か否かの『判断の土俵』が、国家と市場を呑み込み、解体し、再統合してゆく
超国家・超市場論28 新しい可能性が顕在化するとは、どういうことか?
超国家・超市場論29 新しい『場』は、古い評価指標の洗礼を受けて、はじめて顕在化する
超国家・超市場論30 実現の論理
判断の土俵と解体・再統合 大学の例
判断の土俵とは、人々の潜在思念が作り出した共認圧力の場
『必要か否か』が環境問題に対する基底的な答えになる
社会統合組織の史的総括 国家と教団
社会統合組織の史的総括 市場と演場
大衆の期待の変化に応じて統合力も変わってゆく
マイナス原因構造とプラス実現構造という両輪
支配階級の私有権は絶対不可侵だが、庶民の私有権は剥奪され得る

『るいネット』は、45年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp