近代市場の拡大
288946 明治維新前夜 なぜ京都で攘夷テロが広がったのか?
 
垂心 14/04/04 AM01 【印刷用へ
明治維新前夜である1863年「八月十八日の政変」そして1864年「禁門の変」と、京都が荒れた。
このような大きな事件の前に既に、京都では攘夷テロが吹き荒れていた。
その後、幕末の歴史舞台は、京都になるのであるが・・・・・
何故、京都でテロがはびこったのか?疑問であったが、スッキリさせてくれるHPを紹介したい。

「幕末攘夷の原点」(リンク)からの引用です。

取上げる詔は国立公文書館内閣文庫の朝野纂聞と云う写本による。
これは当時京都町奉行、江戸町奉行等歴任した幕臣の浅野長祚(号梅堂)が安政6(1859)年から文久3(1863〕年頃迄の内政及び外交の文書を集めて編纂したものの中の一つである。

「天詔」として流布した様で、この一文が幕末の社会、政治に計り知れない程大きな影響を与えた事は間違いない。
文書は朕という天皇自身の第一人称で書かれ、天皇の意思を朝廷の公家達に伝えた形をとっている。 
内容は幕府が日米修好通商条約の勅許を求めた安政5年(1858)1月頃から文久2(1862)2月の和宮婚儀による公武一和迄の朝幕関係が述べられているので、文久2年(1862)4月頃出されたものと推定する。

その後の幕末歴史の推移を見て、この文書の以下の内容が特に影響を与えたのではないかと思われる。

1.天皇の意思は攘夷であり先祖から引継いだ神国を夷狄(異国人)に穢されてはならない。

2.攘夷こそ正義であり攘夷を行う事が勤皇である。  注:攘夷とは異国人を打払い、鎖国に戻す事

3.幕府重職の井伊掃部頭や安藤対馬守に対する攘夷派のテロについても心情的に理解を示している。

4.公武一和の下、10年以内に攘夷の軍を幕府に起させる事、 起さないなら直接天皇が指揮する

安政の大獄により攘夷派は徹底的に弾圧され押さえ込まれたと思われるが、井伊大老暗殺から2年後この書が出るに及んで攘夷派が勢いづいた事は間違いない。
攘夷運動は前にも増して激化し狂信的になってゆく。
文久2年の秋口から京都では天誅と称するテロが盛んに行われ、先ず安政の大獄の協力者達が次々と暗殺され、首が四条河原に晒された。
天誅と云う事自体が既にこの詔の影響ではないだろうか。
更にテロの対象が開国派にも拡大した様子が朝野纂聞に記録されている。
編纂の浅野自身が文中で、何某は良い意見を進言する開国派だったが、最近天誅が怖くて攘夷派に転向した見下げた奴だ、と云っている。
しかし何某は詔に接して攘夷こそ勤皇と思って転向したのかも知れない。

上記1−3はテロの横行という社会現象を生んだと思われるが、4については天皇の意思と離れて攘夷が幕府否定、即ち倒幕の方向に向っていったようである。
この詔から4年後(1866年)孝明天皇は36歳で崩御するが、最後迄政体を変える気持ちはなく、徳川幕府に政治の大権を委任する姿勢だったと云われている。
そのために倒幕に持込みたい一部雄藩・公家にとっては天皇は何とも困った存在になり、関係者に毒殺されたという説が残っている。

孝明天皇崩御の1年後王政復古が号令され明治維新となり幕府は消滅するが、 かって攘夷を唱えた人々も手のひらを返した様に開国派となり、江戸幕府が結んだ諸外国との通商条約はそのまま明治政府に引継がれた。
 
 
  この記事は 288742 に対する返信です。
 この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_288946

  [戻る]  


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp