脳回路と駆動物質
288141 人の意識は「脳」ではなく、「微小管」にある
 
末廣大地 ( 34 建築士 ) 14/03/09 AM03 【印刷用へ
 人の意識は「脳」にあるのではなく、細胞骨格である「微小管」にあるとようだ。
 微小管は、中心体を構成する細胞組織で、電磁波を受信するアンテナのような役割も果たすようです。(283498

 以下「ナチュラル日記(リンク)」より引用します。

◆ ◆ ◆

私たちが手術を受けるとき、全身麻酔がかけられます。麻酔ガスは、脳のほとんどの機能を維持しつつも、私たちの意識を失わせます。この「意識だけを消失させる」麻酔の働きは、意識の仕組みを考える上で重要なヒントを与えてくれます。

私たちの脳の神経細胞は、他の神経細胞と軸索や樹状突起と呼ばれる回線でつながり、脳の回路を構成しています。
この軸索内には「微小管」と呼ばれる細長い管の束が存在します。この微小管の束は、軸索を支える骨格的な役割を果たしていると思われています。
この微小管は「チューブリン」と呼ばれるタンパク質で作られています。麻酔ガスの分子は、このチューブリンの分子構造の隙間にはまり込む事がわかっています。
アリゾナ大学の麻酔学者のスチュワート・ハメロフ教授は、このチューブリンの隙間に麻酔薬の分子がはまることで、一つの電子の動きを阻害することを発見しました。チューブリンは“開く”“閉じる”という二つの状態を交互に変化させています。そのどちらかになるのかは、先ほど述べた一つの電子の位置で決定されます。
量子力学においては、一つの電子が二つの違う位置に、同時に確率的に存在するという重ね合わせの状態を作れることがわかっています。もしそうであるならば、一つの電子の位置で開いた状態と閉じた状態が変化するチューブリンも、量子力学的効果により「開いてもおり、閉じてもいる、重ね合わせの状態」を作れることになります。
もし、麻酔ガスが一つの電子の動きを阻害することで意識が喪失するのだとしたら、電子の動きが阻害され、その電子の位置が決定される・・・すなわち電子がどちらでもある状態でなくなったときに意識が消失してしまうという仮説が成り立ちます。
そこで、ハメロフ教授、および世界的な数学者ロジャー・ペンローズは「チューブリンが、量子力学的な重ね合わせの状態にある状態から、開く閉じるのどちらかである状態に崩壊する過程が、意識を生む働きと関係がある」と考えました。これが「ペンローズ・ハメロフ・モデル」という仮説です。

この仮説にはまだ広くは認められていません。むしろ異論の方が多いのが現状です。
しかし、私の中の直感は、このペンローズ・ハメロフ・モデルが、意識というものに対する真理への道標ではないかと囁いています。とはいえ、もちろん私の直感が正しいとは限りません。私がそれが真実であると考えたがっているのは、意識と量子力学という、二つの“科学の深奥”が、互いに深く関わっているかもしれないという構造に、美しい魅力を感じているだけだからかもしれません。

確信をもっていえることは「私には意識がある」ということです。
そしてもう一つ、「科学は意識のすべてを解明できるか…という問いに確信を持って答えることができない」ということです。残念ながらそれが現状です。
 
 
  この記事は 283498 に対する返信です。
 この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_288141

  [戻る]  


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp