子育てをどうする?
285746 陰謀から子供を守る子育て(1)
 
THINKER・鶴田 HP ( 40代 自営業 ) 14/01/02 PM06 【印刷用へ
「陰謀」というと一部の人々は惹かれる話題かもしれないが、一般的に多くの人々は興味を持たない話だろう。また、テレビやコンビニに置かれる本などの影響で、「陰謀」と聞けば、短絡的にすぐ「陰謀論」や「都市伝説」のイメージと混同され、頭の片隅に追いやられてしまう。
しかし、一般に空想の産物とされるその「陰謀」が、「グローバル化」の名のもと、現実に社会を大きく変えている。とくに90年代以降、日本の経済成長が止まる一方で、グローバル化は劇的に進んだ。

その多くは国際金融権力に支配されたアメリカから「年次改革要望書」リンクという形で、日本につきつけられた。大店法が改正され、ショッピングセンターが増えた結果、小さな商店街の多くは消え失せ、人々のつながりは希薄になった。労働者派遣法も改正され、人材派遣が自由化された結果、雇用の安定はなくなり、非正社員が増えた。郵政民営化では、幾度となく日本人の貯金(当時の時価350兆円)が外資に奪われる危険にさらされ、郵貯銀行は20万を超える非正社員(日本最大数)を抱える企業となった。そして、三角合併の解禁で日本の優良企業が外資の買収にされされる素地が作られ、企業の利益が労働者に還元されない企業体質が作られた。また保育所民営化で、出産後の女性の早期職場復帰が推奨され、乳幼児が母親から引き離される環境が社会的に整えられた。

このように「シャッター通り」「ワーキングプア」「自殺者の増加」「勝ち組と負け組」「ワーキングマザー」「詰め込み保育」など、近年の社会問題は、これらの社会基盤の改革(改悪)の連動によるものである。マスコミが年次改革要望書の存在を黙殺したため、これらの陰謀の裏側が日本国民に知らされることなく、全ては「時代の流れ」として片づけられた。

「グローバル化」は自由競争を謳っているが、実際は欧米の国際金融権力による一極支配であり、少数が多数を支配する完全なピラミッド社会を目指したものだ。その目的達成のために用意されたさまざまな構造改革や陰謀が世界各地で紛争を起こし、世界各国で不景気(時にバブル景気)や失業や就職難、増える自殺者を作り出し、教育の質の低下、どんどん増えるワクチン接種、効かない抗がん剤治療の普及の元凶にあると知ったら、若者からお年寄りまで無関心でいられる人はいないだろう。

とりわけ、小さな子供を持つママさんなど、今後の子育ては一層大変なことになってくる。グローバル化が完成された社会は、ごく少数のグローバルエリート(国際金融の血族からなる支配階級と国際組織や多国籍企業の幹部)の下で、彼らに仕える少数のエリートとその他大勢の労働者階級(奴隷階級)に二分化される。完全な格差社会である。日本社会も例外なく、この形に近づきつつある。

この巨大な構造を知らない親ができる選択肢はわずかである。エリートか奴隷か、二つに一つ。自分の子供をそのどちらにするか、選択せざるを得ない。裕福な親たちは、子供をエリートにしようと願う。私学に通わせたり、音楽にスポーツなど、その分野は様々だがエリート教育を施す。幼少期から高い学費を払って私学に通わせることで、公教育における教育の質の低下や学友からの悪影響など、親が心配する様々な問題から子供を守ることができるだろう。しかし、エリートといってもグローバルエリートに仕える奴隷であることに変わりはない。一番の上の支配者階級は、自分たちに仕えるエリートが完全な自由意思や知性や感性を備えた人間に成長することを望んでいない。そのため、通常のエリート教育(私立幼稚園から大学の一貫教育)で脳神経の成長を阻害する水銀を含むワクチンや脳に蓄積される神経毒であるフッ素の危険性が知らされることはない。また、知性や記憶力重視の教育を受けたエリートが、支配者に従順なロボットとして、労働者階級を支配する社会の仕組みになっている。

一方、庶民は庶民でこの支配構造を知らなければ、子供をよりひどい教育環境にさらすことになる。さほど脅威でもない感染症や虫歯から子供を守ると信じて、過剰なワクチンやフッ素を摂取させ、子供の脳の成長を阻害してしまう。その割に食事には気を使わず、砂糖やジャンクフードを与える。また教育にも無関心で、ゲームやテレビを与えておきながら、しつけと勘違いして感情で子供を叱る。さらに国民の義務と信じ、退屈で質の低い義務教育を受けさせて、子供の創造性を破壊する。まさにグローバルエリートが望む奴隷にするための子育てである。

これらの一般的な子育てを否定するわけではないが、子を持つ親ならだれでも、自分の子供に100パーセント伸び伸び育ってほしいと願うだろう。教育や文化が低俗になってしまった今の日本で、本気で子育てを考える親や教育者が求められている。陰謀を見抜いた上で、エリート教育でも奴隷教育でもない第3の選択肢を持つ。そこから子供の才能を十分に開花させるため、確固とした立場を取る親や教育者が一人でも増えてほしいと願う。今後、そのような子育てについて綴っていきたい。
 
 
  この記事は 285432 に対する返信です。
 この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_285746

 この記事に対する返信とトラックバック
297790 陰謀業界人の宗派リスト 1 匿名希望 14/11/12 AM02
295169 自然育児の落とし穴(1)―医療 THINKER・鶴田 14/09/11 AM02
286345 日本の心は変わったのであろうか?教育の混乱と子供たちの孤独@〜子育ては「経済のモノサシ」では測れない チウエ* 14/01/19 AM00
285971 陰謀から子供を守る子育て(2) -食事 THINKER・鶴田 14/01/08 PM06

  [戻る]  


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、43年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp