サル社会を解明しよう
2843 インセストタブーについて
 
玉川泰行 ( 39 システム設計 ) 01/04/05 PM11 【印刷用へ
先ず、よく言われことですが、「遺伝的に近親相姦が不利な結果をもたらす」とは言えないようです。
 血が濃くなるというのは、劣性遺伝が発現しやすくなると言うことですが、劣性遺伝というのは遺伝上の優劣であって、その性質の優劣ではありません。
 例えば O型は遺伝上は劣性遺伝ですが、A,B型に比べて能力的に劣るわけでは有りませんよね。
 逆に隠れている優れた特質が発現する可能性も有るのです。

 またもし、インセストタブーが本能としてセットされているのなら、あえてタブーとして観念化する必要は無かったはずです。

 敢えて、観念化してタブーとしたのは、やはり文化的な問題と考えた方が自然です。私はレビ・ストロースの『社会全体からみて,婚姻による女性の交換は,家族や親族などの集団が他の集団との紐帯をもつのに最も有効な手段であり,その機会を確保するため近親相姦や集団内の婚姻が禁じられるようになった』との主張を支持します。

以下「平凡社世界大百科事典」より抜粋ですが、

『遺伝学的にみて近親交配が集団全体の存続につねに不利な結果をもたらすとは限らないし,初期の人類がこのような経験的知識をもとに制度をつくりあげたという点にも疑問が残る。』

『人類は近親相姦を本来回避するという立場の代表として,禁忌は本能に基づくという説がある。これは近親相姦が多くの社会で,口にすることさえはばかるほど嫌悪の感情と結びつき,人々自身が人間の本性であると説明することとも合致している。しかしこの説の弱点は,本能によって抑制されていることに禁忌の規定は不要であり,また近親相姦の範囲や制裁のあり方が多様である点を説明しえないところにある。』


>サル学で著名な河井雅雄氏によると、サルの社会ではインセント・タブーがあるとのこと。「親とは絶対しない、兄弟ともない」そうです。<

 これは、観察者によってかなり違うようですね。(以下は同百科事典より引用ですが)
『アカゲザルやニホンザルなど多雄多雌集団を形成している種においても,かなりのオスが出生集団を離れて他の集団に移り,またとどまっている場合でも母子,キョウダイ間の交尾はそれほど多くないという報告もある。』という程度が実態ではないでしょうか

 
 
 
 この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_2843

  [戻る]  


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
外圧適応態
外圧適応と多様化
根源的認識の理解、免疫系に見る…その2
収束と統合とは生きているという状態そのもの
雌雄分化における統合
闘争適応と共生適応の関係A
人類はDNAではなく、共認内容や観念内容を組み換えて適応している
ミラーニューロンと共認機能
改めて自然との共認
共認回路の特殊性
共認回路は個体境界を越えて情報を統合する
失語症の回復過程から言葉以前の共認を探る
主体認識と状況認識は一体では無いか
無意識とは本能・共認回路上の意識である
音読する感覚
音読と共認回路
対象への同化について
共認治癒力A
共認適応
ロール・レタリングという手法
脳構造についての視点
脳回路の2段階構造
胃腸から脳へ伝わる情報の方がはるかに多い
書籍紹介『奇跡の脳』B〜右脳マインドの働きとは?〜
書籍紹介『奇跡の脳』C〜左脳マインドの働きとは?〜
ドーパミンの基礎知識(ドーパミンの特異性)
ドーパミンは加速(増幅)物質
思考とドーパミンの分泌
エンドルフィンの不思議
エンドルフィンの不思議、その2
セロトニンの不思議、その1
セロトニンの不思議、その2
セロトニンの不思議、その3
「怒りのホルモン!」 ノルアドレナリン
「恐怖のホルモン!」 アドレナリン

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp