法曹・官憲・役人こそ、社会閉塞の黒幕
282893 秘密保護法による暗黒社会〜いつか来た道 スパイ天国論のウソ〜
 
太刀川省治 ( 53 建築士 ) 13/10/31 PM06 【印刷用へ
政権に不都合な発言(告発)、行為をした者に対して、その影響を無効にするのが目的なのは明々白々である。これまではそのような場合、近親のスキャンダルや軽犯罪をでっち上げて社会から葬り去るのが常套手段であったが、この法案が成立すれば、そのような手間をかけることなく、いつでもどこでも検挙する事が可能になる。。

この秘密保護法によって守ろうとしているのは、軍事・外交の分野の国家機密ですが、その目的はいわずとしれた米国の国益です。

藤原紀香(女優)がブログで警鐘を鳴らし、ツイッターなどで拡散されたことで、政治に関心が薄い層にもこの法案の胡散臭さが知れ渡った。おかげで藤原紀香は公安警察からマークされているとか。


弁護士 猪野 亨のブログ 10月28日記事 リンク
********************************
「秘密保護法による暗黒社会 いつか来た道 スパイ天国論のウソ」

自民党政権が今国会に提出した秘密保護法。
秘密と指定したものが秘密という究極の悪法、かつての軍機保護法などを彷彿させるものです。

 大げさ?
 今の時代に軍国主義復活はない?

こんな言葉が漏れ聞こえてきますが、真に受けてはいけません。このようなことを言っている人自身が軍国主義者だったり、御用学者であることが多いのですから。

北海道新聞2013年10月26日付では識者の見方として国際アナリスト菅原出氏が賛成の立場から意見を述べていますが、そこで述べられていることは日本はスパイ天国というおなじみのキャッチフレーズから始まります。

外国のスパイが〜という論調は、いかにも日本の防衛・外交が諸外国から狙われているんだといわんばかりのものですが、他に言うことがないという裏返しでもあります。
菅原氏の論調は、従来のものでは刑罰が低い、だから厳罰が必要だというものですが、その論調でいくといずれ懲役10年という重罰でも足りなくなってくるんですね。

最終的には軍機保護法のように死刑まで刑罰が引き上げられていくことでしょう。
しかも、菅原氏の論調で決定的に欠けているのは、この秘密保護法が目を向けているのが日本国民だということ。決して、外国のスパイなどではありません。外国のスパイだなんていうのは典型的なすり替えの議論です。

 本当に胡散臭いのです。

先般、ドイツのメルケル首相の携帯電話が米国から盗聴されていたことが暴露されていましたが、「スパイ天国論」を声高に叫ぶ人たちは米国を糾弾するのでしょうか。米国の盗聴実行者、その指示者をドイツに引き渡すべきだというのでしょうか。
私は引き渡すべきとは思いますけれど。しかし、それは秘密保護法とは全く関連性はありません。菅原氏の論調でいえば世界の常識だそうですから、さて、ドイツではいかなる対応を取るべきということになるのでしょうか。

ところで、ドイツやフランスが盗聴の対象になっているのに日本は対象になっていない?
あり得ないことではないですよ、日本国政府は米国の忠実なポチですから、盗聴されるまでもなく、すべて米国に情報提供していることでしょう。
秘密保護法が取締の対象にしているのはあくまで日本国民なのです。

2013年9月23日付の北海道新聞では東大教授長谷部恭男氏が賛成の立場から意見を述べています。2011年に秘密保全法制の必要性を提言した政府の有識者会議のメンバーです。

 この長谷部氏の論調がすごい。

秘密保護法がない、だから外国に相手にされない!というものです。今まで日本は外国に相手にされて来なかったのですか?
ここで言われているのは、基本的には軍事同盟の強化の視点ばかりです。

貿易などについて相手にされなくなるなどということは全くありませんし、これまでもありません。秘密事項ばかりのTPP交渉というものがありますが、このようなものはそもそも参加すること自体が誤りであり、まさに国民に秘匿する中で押しし進めている典型でしょう。それは決して国民の利益ではありません。

そして最後は「政府による乱用の懸念がないとは言えません。しかし、乱用のない制度はありません。結局はメディアの気概の問題」という締めくくり。
精神論に矮小化しています。憲法学者の発想とは思えない暴論です。

この秘密保護法の問題点は当該公務員のみならず、その公務員とどのような接触の仕方が犯罪になるのかが全く不明確なこと。そしてそれが独立して処罰の対象とされていること。
「知る権利」への配慮が明文化されたと言ってみたところで、このような字句に何の意味もないことは常識です。ないよりあった方がいいというレベルの議論であれば議論するだけ無駄だということです。「知る権利」を侵害しないという制度的担保ではないのです。安倍政権による秘密保護法とはまさにぴったりではないですか。

(関連記事)
「秘密保全法と集団的自衛権 暗黒時代に突入か」
リンク
日弁連ホームページ「秘密保全法制に反対(秘密保全法制対策本部)」
リンク
札幌弁護士会
「11月9日「秘密保護法制定に反対する札幌市民集会PartU」のご案内」
リンク
********************************
 
 
  この記事は 282737 に対する返信です。
 この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_282893

 この記事に対する返信とトラックバック
283428 本来あるべき「国益」とは何か K-brace 13/11/15 PM11
282974 特定秘密保護法は、日本国民には秘密だが米国には秘密ではない。 天心 13/11/02 PM09

  [戻る]  


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp