新しい男女関係(→婚姻制)の模索
282506 「女たちみんな首雄(社長)が大好き」で勝つ集団になる。
 
うらら 13/10/21 AM09 【印刷用へ
仕事でおつきあいする機会があり、いくつかの企業を見てきて、“女たちみんな首雄(社長)が大好き”(282223)だな、と思える事例を紹介します。

A社

スーパーマーケットではパートさんは最先端の重要戦力。であると同時に地元消費者として、そのクチコミのおよぼす影響も大きい。だから、パートさんたちが「ここは自分たちの職場」「自分たちでつくっていこう」という当事者意識をもってくれたらスーパーとしては「勝ち」だ。

定期的に店舗を巡回する社長さんが、肩に手をおいて「元気?」とか「調子はどう?」と気軽に声をかけると、どのパートさんもとてもうれしそう。ましては「○○さん、この前はよかったね」なんて実名で話しかけられたら、ピカピカの満面笑み。社会的にはどこからみても一流の風格をたたたえながら、自分たちには気安く話しかけてくれる社長さんにパートさんはゾッコン。社長=会社が大好き。

B社

ものづくりの会社、だから技術者が多い会社。でも、いわゆる女性の寿退社はマレ。女子社員は結婚しても働き続け、子どもが生まれても一定期間の育児休業のあと職場復帰がスムーズに進む「帰ってこい制度」がしっかり根づいている。もともと、第一線でバリバリ、というよりも、女性は女性としての役割、適性が認められる風土があり、働きやすい環境が整っている。だから、どの女性も「この会社が大好き」という空気を発し、お客さんや社外のひとにも自分たちの会社を好きになってほしい、というムードにあふれている。結果として、とても丁寧に対応してくれる、おもてなしの会社で、社外の人間にとっても心地いい空間=行くのが楽しみな会社になっている。

業種は違えど、A社もB社も、ひとを大切にする会社で、女子にも、女子なりの戦力化が期待されている。それは誰もが普通に持っている「向上心」に火をつけ、やる気にさせる。いわば女の闘争心を引き出すのだ。

そしてA社B社共通するのは、どちらの会社の社長さんも、女好きだということ。もちろん、まんべんなく種としての女を(それはこちらにむけられた眼差しでわかるもの)。その社長の在りかた、スタンスで、女は持ち前の充足力を一気に2段階くらい上昇させることができるのだ。

女たちが社長を尊敬し、「大好き」になることで、集団の求心力は強まり、勝つ集団になっていく。
 
 
  この記事は 282223 に対する返信です。
 この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_282506

 この記事に対する返信とトラックバック
282763 同性同士の磨き合いの場が、集団の活力を再生する! 皆のあっちゃん♪ 13/10/27 PM10

  [戻る]  


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
超国家・超市場論1 新しいまつり場は、国家と市場を超えられるか?
超国家・超市場論2 闘争(能力)適応 と 共生(取引)適応
超国家・超市場論3 置かれた環境を貫く 闘争圧力を把握せよ
超国家・超市場論4 同類闘争の圧力と共認統合の限界
超国家・超市場論5 私権闘争・掠奪闘争をどう止揚・統合するのか?
超国家・超市場論6 生存圧力に基づく同類闘争から、同類圧力に基づく同類闘争=認識競争へ
超国家・超市場論7 私権闘争を統合した 力の序列共認
超国家・超市場論8 国家(力の序列共認)と その統合限界
超国家・超市場論9 私権闘争の抜け道が、交換取引の場=市場である
超国家・超市場論10 何をするにもお金がかかる社会
超国家・超市場論11 市場は社会を統合する機能を持たない
超国家・超市場論12 市場の拡大限界は、国家の統合限界でもある
超国家・超市場論13 人類の新たな活力源=圧力源
超国家・超市場論14 外向収束⇒認識収束に応える『認識形成の場』
超国家・超市場論15 『認識形成の場』こそ、新しい社会統合機構の中核である
超国家・超市場論16 ゼロから、自分たちの『場』を作る活動
超国家・超市場論17 新しい社会統合機構が、国家機関を吸収・解体する
超国家・超市場論18 認識形成の『場』を構築することこそ、真の社会活動である
超国家・超市場論19 もう、傍観者=インテリ統合階級は、要らない
超国家・超市場論20 認識形成は遊びではない、生産活動である。
超国家・超市場論21 『認識形成の場』が、なぜ有料化されるべきなのか?
超国家・超市場論22 お金は、現実の必要度を測るモノサシ
超国家・超市場論23 『必要か、必要でないか』という真っ当な判断の土俵が出来てゆく
超国家・超市場論24 必要か否かの『判断の土俵』が、国家と市場を呑み込み、解体し、再統合してゆく
超国家・超市場論28 新しい可能性が顕在化するとは、どういうことか?
超国家・超市場論29 新しい『場』は、古い評価指標の洗礼を受けて、はじめて顕在化する
超国家・超市場論30 実現の論理
判断の土俵と解体・再統合 大学の例
判断の土俵とは、人々の潜在思念が作り出した共認圧力の場
『必要か否か』が環境問題に対する基底的な答えになる
社会統合組織の史的総括 国家と教団
社会統合組織の史的総括 市場と演場
大衆の期待の変化に応じて統合力も変わってゆく
マイナス原因構造とプラス実現構造という両輪
支配階級の私有権は絶対不可侵だが、庶民の私有権は剥奪され得る

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp