本能⇒共認機能⇒観念機能
27735 縄文人の欠乏とは?(2)
 
田野健 HP ( 40 監理 ) 02/03/29 PM10 【印刷用へ
西宮紘「意識下の縄文」より引き続き抜粋

(中略)
縄文人は世界を我々のように人間中心には考えていなかったし、あの世とこの世とを判然と分隔てて考えてはいたわけでもなかった。
あるのは闇と光の世界だけであり、それも相互に浸透する世界なのだ。
ただ、その闇の彼方に常に闇である世界があることも知っていた。しかし判然とわけておらず、いつでも流通可能であると考えていた。
だから死は生と判然と分け隔てられていなかったのだ。霊魂は不滅であり、死は再生へのワンステップにすぎなかった。死者と生者との間には我々のような絶望的な断絶はなかった。だから彼らは墓域を自分達の集落の真中においていたのだ。
そうすればいつでも祖霊と語り合う事ができた。祖霊との会話による記憶や濃厚な思いは文字による記録を不要にした。忘れる事がなかったのだ。

縄文人の生活意識における第1義は、人口密度の極めて低い森と水と数々の生き物に恵まれた日本列島という環境において、従来言われてきた生理的欲求というよりむしろ、共生の上に立つ霊的な交わりであったと、私は考えるのである。
”以上抜粋”

長くなりましたが、西宮氏はこのように縄文の豊かさを捉えており、それは彼の直感ではなく、古事記等に唄われた生活や精神史の分析に裏付けられたものであり、充分な説得力をもった論説として評価できると思います。
敢えて私が要約するまでもないのですが、縄文人の豊かさとは弥生以降とは全く異なる地平にあったことは想像できます。
その豊かさの原点に交感というものがズッシリとあるわけですが、人間中心でなかった彼らは動物や祖霊と同様、深い交感を人間である仲間にも抱いていたことでしょう。
人間が最も豊かな状態=相手との深い相互理解と永遠の存在。西宮氏が言う様に確かに最も豊かだったのかもしれません。

翻って縄文人の欠乏とは何だったのか?
生理的な欠乏ではないでしょう。精神的な欠乏?おそらく旧石器時代から人類が抱きつづけてきた欠乏である精霊への欠乏でしょう。
どこまで解っても解らない精霊の存在。それは自然や物を認識する欠乏であり、わからないものや恐ろしいものを対象化する欠乏です。
それらの欠乏を集団で常時共有する緊張感で高度な精神世界を実現できたのではないでしょうか?
・・・わからない自然は対立するのではなく共生することで初めてわかることができた。

緻密な土器や土偶への祈りは彼らの欠乏の表現であり、祈りの為の多くの装飾品は欠乏から発したのでしょう。弥生土器から模様が消えたのは欠乏の質が変わったからとも言えるのはないでしょうか。

縄文人の欠乏とは・・・少し見えてきたような気がしませんか?
 
 
  この記事は 27734 に対する返信です。
 この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_27735

 この記事に対する返信とトラックバック
縄文から流れる日本人の本源性の中身とは?−5 「縄文と古代文明を探求しよう!」 09/10/30 PM01
30375 縄文人の祈り 志水満 02/05/08 PM10
27945 アメリカ先住民の生活活動 橋口健一 02/04/03 AM00

  [戻る]  


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp