健康と食と医
276032 ぬか漬けのすすめ 〜栄養と酵素、そして善玉菌がたっぷりな伝統食〜
 
井上宏 ( 40代 建築コンサル ) 13/05/18 AM02 【印刷用へ
3.11と原発事故があって後、自分でもいままであまり考えたこともなかった、食べ物とか健康とか試行錯誤するようになった。

自分なりにやってみて定着したのは、(=お奨めなのは)
・あまり食べなくなったこと(3.11以前の半分くらい)
・それだけだ物足りない感じがして4ヶ月ぐらい前からはじめたのが“ぬか漬け”。それ以来毎晩手入れしている。

これが実にうまいです。

子供の頃、ばあちゃんの作った漬物を当たり前のように食べていて、東京に出てきて、漬物のまずさに閉口して、もう食べれないのかなあ・・・と半ば諦めかけていたのですが、やってみると意外と簡単だし、場所もとらない。さらに、小さなぬか床に数千億の乳酸菌や酵母菌がいるので、毎晩帰ってから会話する感じで育てているのもなかなか面白い。それらが、手のかけ方や気温などで千差万別の味になって、なかなか奥が深い。まだ、ばあちゃんの味には遠い感じもするけど、十分本物の味がする。

1リットルの容器で5人家族には十分くらいの漬物が毎日できる。野菜や食物繊維は十分取れるし、野菜以上に栄養満点、そして伝統的な発酵食で放射能対策にもなる。1日かける時間は10分〜15分くらい。カミさんも、家族の弁当に使えるので手間が省ける。
これに実家から送ってきた玄米+類農園で作った生味噌を使った味噌汁(最近は高性能な保温容器があるので便利)で昼は十分。・・・これをはじめたら、市販の弁当やコンビニのスープが、食えなくなった。そしておなかの調子がすごくいいです。

是非おすすめです。どんなサプリメントも全くかなわない。
ネット上でもいろいろ作り方が紹介されています。

〜以下参考〜
ぬか漬けは栄養の宝庫。生の野菜の10倍にアップします。リンク より
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
●ぬかはバランス栄養食
「ぬか」は、玄 米から白米に精米するときに取り除かれる胚芽や表皮の部分で、そ こには米のビタミン、ミネラルの およそ95%が含まれています。この「ぬか」を発酵させて作る「ぬか床」には、た んぱく質、脂質、食物繊維、ビタミンA、B1、B2、B6、E、ナイアシン、カ ルシウム、リン、鉄な どの栄養素がいっぱい。唯 一含まれないビタミンCも、 ぬか漬けにする野菜から摂取できます。つまりぬか漬けは、一品でほとんどの栄養素がまんべんなく摂れる、バランス栄養食なのです。

●ぬか漬けはビタミンを増やす!
ぬか漬けにすると、生の野菜よりも栄養価が高くなりま す。これは、ぬか漬けにすることで野菜の水分が抜けた分、ビタミンや食物繊維、カルシウムなどの栄養素が凝縮し、同時に「ぬか」に豊富に含まれるビタミンやミネラルが、野菜にぐんぐん染み込むから。とくに「ぬか」に多く含まれるビタミンB1の含有量は、生野菜よりも3〜 10倍もアップ!野菜を食べやすくするために 加熱調理すると、ビタミン類の含有量は低下しますが、ぬか漬けにすれば、よ り栄養価が高まるというわけです。

●貴重な酵素の供給源
「ぬ か床」には「酵素」が豊富に含まれています。酵素とは体内の代謝を促す物質で、食べ物の消化吸収をはじめ、新陳代謝を助けたり、老廃物を排出したり、免疫力や自然治癒力を高めるなど、さまざまな生命活 動に関わっています。いくら栄養を摂っても、酵素がなければメリットは半減。きちんと分解されず、体内で十分に生かされないばかりか、むしろ未消化の食べ 物が血液をドロドロにする一因にも。また酵素不足は、免疫力や新陳代謝の働きを弱めて、病気にかかりやすくなります。酵素は熱に弱く、50度程度で変成し てしまうのが欠点。その点、加熱することなく食べられるぬか漬けなら、酵素がたっぷり摂れるわけです。とくに、温かいものを食べることの多い冬は、ぬか漬 けで酵素を補いたいものです。

●乳酸菌や酵母がたっぷり
ぬ か床の発酵を促すのは、乳酸菌や酵母などの微生物たち。微生物が、ぬかのでんぷんやたんぱく質を分解することで、ぬか床や野菜が発酵し、浸透圧によって水分を放出した野菜に、ぬか床に含まれるビタミンやミネラルが吸収されるのです。

ぬ か床の微生物の代表である酵母は、医 薬品として利用されているものもあるほど、体にとって欠かせない多くの酵素を含む菌類です。ビタミンやミネラル、アミノ酸などの栄養素も含まれ、酵素とともに代謝活動を活発にする作用があります。酵母がアルコール発酵をすることでエステルという成分を生成し、ぬか漬けの風 味を高めます。

一 方の乳酸菌は、腸内環境を整える善玉菌の代表。悪玉菌を撃退して、便秘や下痢の改善、食中毒の予防、血中コレステロールの上昇や高血圧の抑制などに効果があるといわれます。最近では、ガンの発生抑制やアレルギー疾患の予防にも効果があることが発見されています。乳酸発酵をすることで生成される乳酸やアミノ酸が、ぬか漬けに酸味や旨味を与えます。また、乳酸を始めとする有機酸類は、食品のpHを酸性に保ち、悪臭や腐 敗をもたらす有害な微生物の繁殖を抑えて、ぬか床やぬか漬けの長期保存を可能にしているのです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(引用以上)
 
 
  この記事は 275913 に対する返信です。
 この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_276032

 この記事に対する返信とトラックバック
317040 日本人の知恵が生んだ醗酵食品「ぬか漬け」の魅力 猛獣王S 16/07/06 AM02
290086 活性酸素から身を守るB 〜食べてはいけない・食べてもいい食品〜 ヨネ 14/05/10 PM09
290084 活性酸素から身を守るA 〜活性酸素が原因とされる疾患〜 ヨネ 14/05/10 PM08
290083 活性酸素から身を守る@ 〜活性酸素とは?〜 ヨネ 14/05/10 PM07
【コラム☆感謝の杜】日本人を育んできた伝統食☆ぬか漬けのすすめ☆+゜ 「感謝の心を育むには」 13/07/28 PM03
タネから次代の農業を考える エピローグ『一粒万倍』 「新しい「農」のかたち」 13/05/21 AM01

  [戻る]  


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
本能と観念の中間領域とは霊長類の世界では?
哺乳類の性闘争本能
ゴリラ、テナガザル、オランウータンと人類
『性闘争本能から縄張り闘争へ』
原猿における共感機能の進化の流れ
原猿のメスについて
原猿の縄張り闘争と子供の集団への残留
哺乳類のオスメスの庇護依存関係と原猿の雌雄共認との違い
原猿→真猿→人類のメスの共認回路@
原猿→真猿→人類のメスの共認回路A
真猿の同類闘争と共認機能
縄張り闘争と同類闘争
同類闘争の安定化と衰弱の一般則
農業・百姓を通して見た現代人−A
チンパンジー
種間闘争→大型化の矛盾と特殊解
サル時代の婚姻様式
特殊解としての大型化→性闘争→子殺し
チンパンジーの娘移籍に関する仮説
共認回路と自我回路
力の論理と共認機能
自我の源泉は、共認の部分否定にある
序列闘争は、共認されている
原猿類の生態(資料です)
驚くほど人間っぽい
原哺乳類と原猿の進化について@
真猿の進化史
アジアにおける原猿〜真猿への進化(3)
親和・性充足の強化による秩序維持の例
相手と自分を同一視する潜在思念

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp