健康と食と医
274307 「電子レンジで調理したものは食べるな」 2
 
斎藤幸雄 HP ( 49 建築設計 ) 13/04/05 AM00 【印刷用へ
引き続き、「電子レンジと電磁波の微妙な関係」リンクより転載します。
 ==========================================================
【電子レンジが発明された同時に肥満が一気に増えた】

電子レンジの登場で、肥満を促進するような食品を簡単に調理して食べれるようになったからです。しかも、食品に含まれている栄養素の多くを破壊してしまうので、肥満になりやすいのです。栄養過剰でありながら、栄養失調におかれると皮肉な現象が起こったのです。

その結果、私たちの現在の状況は、糖尿病、癌、心臓病、うつ病、肝不全、肝機能障害
・・・。これらの病気は、栄養不良、有害な化学物質に加え情緒不安定、運動不足によって複合して起こるものです。

電子レンジのマイクロ波は、何もしなくても自動的に栄養不良を起こすのです。

電子レンジ調理法において、いくつかの科学的発見がありました。

1、電子レンジで調理すると、素材の持つ自然力が60〜90%失われてしまう。食物の構造分解を加速する。

2、電子レンジを使うと、食物物質の要素を変質させてしまい、消化器の病気を引き起こす。

3、電子レンジは、食品の性質を化学的に変えてしまうので、ガン種に抵抗するリンパ系や体の抵抗力を衰えさせ、それらが十分に機能しなくなる恐れがある。

4、電子レンジで調理された食べ物は、血中のガン細胞のパーセンテージを高くする。

5、電子レンジで調理された食べ物を食べ続けていると、胃や腸の細胞組織の退化、消化器系と排泄系組織の段階的な破壊を誘って、統計学的に高い割合で胃ガンと腸ガンが引き起こされることがわかった。

6、電子レンジで調理した食べ物は、ビタミンB群、ビタミンC、ビタミンE、必須ミネラル、脂肪親和性を利用する身体能力を低下させることがわかった。

7、加工食品を人間が食べるために、電子レンジで十分に加熱したところ以下のものが作られた。

・d-ニトロソジエタノールアミン(有名なガンの原因薬剤)
・活性タンパク質の不安定化、有生分子の合成物
・大気中に存在する放射能に拘束力を生成
・牛乳とシリアルの中に存在している蛋白質とヒドロキシルの合成物の中に、ガンを引き起こす要素が生成

8、生野菜、調理済み野菜、冷凍野菜を、ごくわすかの時間、電子レンジに入れてマイクロ波を照射すると、植物性アルカロイドの異化作用が変わってしまうことが分かった。

9、電子レンジを使うと植物物質の中の化学的変換が起こることにより、ガン腫から(正常な細胞を)保護しているリンパ系の能力に退化を起こつつ、リンパ系の中で機能不全が起こった。
( 誰でも常時作られているガン細胞の増殖を抑止する働きが弱くなってしまう)

10、マイクロ波を照射された食品の不安定な異化作用は、消化器系の障害につながり、食物の基本物質を変質させた。

11、電子レンジのマイクロ波で調理された食物を食べている人たちは、消化系や排泄系の機能が徐々に壊されていき、胃や腸の周辺の細胞組織の一般的な退化も加わって、統計的に見ても、より高い確率で胃ガンや腸ガンを発症させている。

まさに百害あって一利なしの電子レンジなのですが、さらに続けると、、、

電子レンジのマイクロ波が、食物の中にある天然由来のビタミンやファイトニュートリエント(植物栄養素)のデリケートな分子に照射され、それが振動し、その摩擦熱が分子を速いスピード壊していくのです。そして、ある研究によって、電子レンジで調理された野菜は、それが持つ栄養素の含有量(病気を予防し、免疫機能を高めて、健康を増強するビタミンその他の植物性栄養素)の97%まで破壊されてしまうことが示されているのです。


【アメリカの電子レンジの歴史と、ロシアの電子レンジの使用禁止】

アメリカで電子レンジが1970年代の始めの頃、初めて紹介されたときは、「レーダーレンジ(radar ranges)」として誇らしげに宣伝されました。

それは、高いエネルギーを食品に当てて、熱く熱するというものでした。

1970年代当時、電子レンジは、「宇宙時代の奇跡」と見なされていたのです。

しかし、ロシアでは、電子レンジの使用について多くの研究が行われ、健康にネガティブな結果が出たため、1976年に電子レンジの使用が禁止されました。

この禁止は、90年代始めのペレストロイカ後に解かれました。

ロシアが電子レンジの使用を禁止した本当の理由ですが、当時は東西冷戦の真っ只中でアメリカで誕生した、電子レンジの持つ電磁波兵器としての別な面に気がついたと考えられます。それは「国民を、やがては重大な病気にさせてしまう」ということに。

だから、ペレストロイカとグラスノスチによって旧ソ連が崩壊し、東西冷戦が終結すると間もなく、電子レンジ使用禁令が解かれたのです。

旧ソ連共産党指導部は、アメリカで誕生した電子レンジが、旧ソ連の市民生活に忍び込み、「電子レンジによる市民に対する“電磁波攻撃”によって、国力を殺がれる」ことを恐れていたといわれているのです。


【最後に】

生のブロッコリを食べることは、ガン腫瘍の成長を抑止させる上で、とても有効な自然癌治療力を提供してくれます。

しかし、そのブロッコリを電子レンジで調理すると、その食品は“死んだ”状態にされてしまうため、ブロッコリの持つガン治療栄養素が破壊されてしまうということです。

これが真実なのです。

人類は便利さと利益を追求しすぎた結果、マスメディアによるプロパガンダに乗せられ、間違った常識にとらわれた挙句”自ら、病気への階段をテクテクと歩いている”のかもしれません。
 ==========================================================以上
 
 
  この記事は 274306 に対する返信です。
 この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_274307

 この記事に対する返信とトラックバック
274481 電子レンジの危険な「マイクロ波」を、安全な「遠赤外線」に変える! 森美樹子 13/04/12 PM00

  [戻る]  


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
超国家・超市場論1 新しいまつり場は、国家と市場を超えられるか?
超国家・超市場論2 闘争(能力)適応 と 共生(取引)適応
超国家・超市場論3 置かれた環境を貫く 闘争圧力を把握せよ
超国家・超市場論4 同類闘争の圧力と共認統合の限界
超国家・超市場論5 私権闘争・掠奪闘争をどう止揚・統合するのか?
超国家・超市場論6 生存圧力に基づく同類闘争から、同類圧力に基づく同類闘争=認識競争へ
超国家・超市場論7 私権闘争を統合した 力の序列共認
超国家・超市場論8 国家(力の序列共認)と その統合限界
超国家・超市場論9 私権闘争の抜け道が、交換取引の場=市場である
超国家・超市場論10 何をするにもお金がかかる社会
超国家・超市場論11 市場は社会を統合する機能を持たない
超国家・超市場論12 市場の拡大限界は、国家の統合限界でもある
超国家・超市場論13 人類の新たな活力源=圧力源
超国家・超市場論14 外向収束⇒認識収束に応える『認識形成の場』
超国家・超市場論15 『認識形成の場』こそ、新しい社会統合機構の中核である
超国家・超市場論16 ゼロから、自分たちの『場』を作る活動
超国家・超市場論17 新しい社会統合機構が、国家機関を吸収・解体する
超国家・超市場論18 認識形成の『場』を構築することこそ、真の社会活動である
超国家・超市場論19 もう、傍観者=インテリ統合階級は、要らない
超国家・超市場論20 認識形成は遊びではない、生産活動である。
超国家・超市場論21 『認識形成の場』が、なぜ有料化されるべきなのか?
超国家・超市場論22 お金は、現実の必要度を測るモノサシ
超国家・超市場論23 『必要か、必要でないか』という真っ当な判断の土俵が出来てゆく
超国家・超市場論24 必要か否かの『判断の土俵』が、国家と市場を呑み込み、解体し、再統合してゆく
超国家・超市場論28 新しい可能性が顕在化するとは、どういうことか?
超国家・超市場論29 新しい『場』は、古い評価指標の洗礼を受けて、はじめて顕在化する
超国家・超市場論30 実現の論理
判断の土俵と解体・再統合 大学の例
判断の土俵とは、人々の潜在思念が作り出した共認圧力の場
『必要か否か』が環境問題に対する基底的な答えになる
社会統合組織の史的総括 国家と教団
社会統合組織の史的総括 市場と演場
大衆の期待の変化に応じて統合力も変わってゆく
マイナス原因構造とプラス実現構造という両輪
支配階級の私有権は絶対不可侵だが、庶民の私有権は剥奪され得る

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp