西洋医療と東洋医療
272697 サルベストロールって何だ?〜「ガン」を考える
 
狒狒 ( 52 ) 13/02/02 AM00 【印刷用へ
>植物や農作物がその防衛力、サルベストロールを発動する必要がないことを意味する。今日では、有機栽培食品の中にしか、それは見られない。

ガンに効くという、植物に含まれるサルベストロールとは何なのか?
269333 では、かなり特殊な成分であるような印象を受ける。
そして、有機栽培食品にしか含まれないというのはどうゆうことか?

大きなガンがありました
リンク
//////////////////////////////////////////////////////////////////
〜サルベストロール(救出を意味する言葉“save”から来ている)は果物や野菜(『医者いらず』のリンゴも含まれる)の中に天然に存在している。
しかし化学農法の普及よって、今日では大量に含有するのはオーガニック
食品(無農薬有機栽培)だけになっている。〜
/////////////////////////////////////////////////////////////////

サルベストロールという言葉は、ネット上で、上記のように頻繁に出てくる。どうやら、オーガニック系食品の勧めが多い様子。そんな中で、、

デーヴィッド・アイク公式日本語情報ブログ
リンク
//////////////////////////////////////////////////////////////////
人々がサルベストロールを多く含むこれらの食品を豊富に取り入れた食生活をしているなら、なにも問題はない。しかしここでバイオテクノロジー陰謀団が登場する。現代の農業で使用されている殺菌剤の化学物質は人工的に菌を殺す。そしてこれによって植物は自己防御を発動しなくなる、すなわちサルベストロールを誘発しなくなる。役に立つ量のサルベストロールを含有するのが無農薬有機栽培の農産物だけなのはこのためだ。それは非無農薬有機栽培のものと比べ、サルベストロールや他の有用な微量物質が30%多い。〜

化学物質にさらされた食物の生産が始められて以降、ガン発症が爆発的に増加した重要な理由のひとつがこれだ。〜

遺伝子組み換え食品は、まさにこの延長線上にある最新のものだ。なぜなら悪魔のようなバイオテクノロジー陰謀団、とりわけモンサント社の背後に潜む人々は、何の目的でなぜそうしているのか正確に知っているからだ。その実態は大量殺人であるというのがはるかに正確なのに、「世界を養う」という理念で偽装されたいかさまが売られている。
/////////////////////////////////////////////////////////////////

なるほど、植物の自己防御のための物質のよう。
非有機が30%ダウンという数字なら納得できる。
そして、ここでも、世界の悪役:モンサントは糾弾される。
サルベストロールの減少は、国際資本側の非道の象徴になっている。
もう少し、その物質そのものに焦点を当てると、、、

無農薬や有機農法で作られた作物には、農薬を使った作物よりも 発がん性物質が高い濃度で検出されたので危険だ!」について考える
リンク
/////////////////////////////////////////////////////////////////
 検出された物質は、作物・植物が作るのファイトアレキシンという昆虫や菌の食害を受けて生成される防御物質と思います。植物は天敵に襲われても、動物のように逃げる事ができません。病菌が侵入してきても動物の免疫に当たるものはありません。代わりに、害虫や病原菌などを撃退する物質を予め作り貯めていたり、食害・侵入を受けると作り出します。予め作り置きする物をファイトアンティシビン、後から生成する物をファイトアレキシンといいます。これらは、二次成分とも呼ばれ、果物やハーブの香りや味、香辛料の辛みや香り、薬草の有効成分や毒草の有毒成分などの物質です。それぞれの植物・作物で異なった防御物質を作り、香りなどその植物の個性です。非常に興味深いことは、畑の端の作物が害虫に食べられた場合、この害虫や病菌が来たぞ、ファイトアレキシンを作れというシグナル物質が周囲の危害を受けていない作物にも届いて、それらが生成を始めるのです。

植物から我々は様々な薬を得ていますが、もともとは植物のこうした防御物質です。植物が虫や菌から身を守るためにつくった物質が、タマタマ、我々の健康に恩恵をもたらしてくれているのです。毒草のように害を及ぼすものもあります。

予め作り置きする防御物質ファイトアンティシピンは、有機、無農薬、農薬使用で左右されません。このファイトアレキシンの襲われてから生成する性質から、「無農薬や有機農法で作られ(食害を受け)た作物には、農薬を使った(食害の無い)作物よりも発がん性物質が(ファイトアレキシンには発がん物質もあるので)高い濃度で検出された」のだと思います。
ただ農薬を使った栽培品でもファイトアレキシンがない物は、かなり稀です。サルベストロールというファイトアレキシンは、有機栽培で食害を受けたものの量を100とすると市販の農薬栽培品では平均70位だそうです。〜

////////////////////////////////////////////////////////////////

なるほど。植物は外敵(病原菌や昆虫)の攻撃に対し、動くことが出来ないので、ケミカルな防御方法を発達させた。攻撃を受けると、すぐさま対抗物質を作り出す。その一つがサルベストロール。
攻撃を受けてから作り出すから、農薬によって守られている作物はあまり生成しない。だから少ないというわけ。

考えてみれば、サルの時代から果物や葉を食べている訳で、それらを摂取して健康体で居られるように進化してきている。植物を摂ることにより、ガンを抑えるというのは、当たり前のこととも言えるように思う。
 
 
  この記事は 269333 に対する返信です。
 この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_272697

  [戻る]  


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、48年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp