社員の活力を引き上げるには?
270805 「未来工業」の改善提案制度〜どんな提案でも発信すれば500円支給。
 
田野健 HP ( 52 設計業 ) 12/11/24 PM00 【印刷用へ
日本一社員がしあわせな会社〜岐阜県にある電気材料メーカーの未来工業、ここ数年そのユニークな経営が注目され、山田昭雄社長が最近出版された著書「日本一しあわせな会社のへんな”きまり”」にその内実が書かれてあった。

その中で社員の叡智をいかにして作り、育て、それを活かしているかを図るくだりがあったので紹介しておきたい。

>「常に考える」未来工業の独創性を支える”提案制度”

よそと差別化していくためには、常に考える習慣を付けないといけない。
新製品のアイデアや仕事の効率化について考え続けなければいけない。
そのため、未来工業には「改善提案制度」がある。
ただし、ふつうの提案制度ならどこの会社でもやっている。良いアイデアを出したら表彰されて賞金がもらえるような制度はどこでもあるよな。
しかし、うちは何をするにもよそと差別化する方針だから、「提案したら封を切る前に500円支給する」ことにした。

どんなことでもいいから、会社を良くするための提案を紙に書いて出せば500円だ。それこそ、○とか△の落書きでも500円払う。どんな提案でもいいからお金を払うという会社は少ないと思う。
そのほとんどは大した提案じゃないが、下手な鉄砲でも数を撃てば、もしかしたら当たるかもしれない。提案は多いにこしたことはない。
で、その中でいい提案があれば1000円から3万円までの賞金を出す。年間でも優秀提案の表彰(3万円)や多数提案賞(200件以上だと15万円)を支給するから、考えた社員はいい小遣いになる。

封を切る前にお金を払うのは、先に読んだら「こんなものに500円も払うのか?」とか「こんなに払っていたら会社が傾くぞ」と、それを審査する提案委員会のストレスになるからだよ。ストレスになると健康を害するわけだから封を切る前に払うと決めてしまう。
でも社員だって自分の名前を書くわけだから、さすがに○とか△はみっともないから何か文章を書いてくる。で、それを月に20も出すと1万円になる。それは翌月に現金で支給するから、男の場合は奥さんに内緒の小遣いになる。余計によろこぶわけだ。

以上抜粋ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

著書の中には提案の事例などの紹介もあるが、身近な事象が多い。たとえばコピー機のパワーセーブ機能がついているのにそのボタンを押し忘れる人が多かった。それに気が付いて、「パワーセーブしましょう」という紙を印刷して貼っておき、後で提案書で出した。等

また社員へのインタビューにはこんなことがあった。

>大半は小さなことですが、その積み重ねで職場がよくなっていくし、「自分の提案が仕事の質を高めた」という自負が生まれるので、個人のやる気につながっていると思います。世の中の大半の人は定型業務についていると思いますが、総務も同じような仕事が多いのです。その中でいかに改善していくか、いかに仕事を早くやるか、いかに面白くやるか、ということを常に考えています。

>うまくいった時の喜びのほうが大きいですね。「もっと楽にできる方法はないかな?」「あれをこうやってみよう」と考えて実行したことの結果がそのまま自分たちに跳ね返ってきます。「ああ、こんなに楽になった」「こんなに早くできるようになった」「お客様がこんなに喜んでくれた」といったことを日々実感できて、とてもやりがいがあります。何かひとつ上手にいくと「他にも改善するところはないか」とますます考えることが楽しくなります。

>自分たちで考えて、自分たちで実行して、自分たちで効果を実感できる
ところが面白いし、次も何か考えようという気持ちになります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
社長が下手な鉄砲数撃てば当たると書いているが、この制度の優れているのは、とにかく発信は○という社内の空気を作り出したことだ。
さらにそれらが、自分たちの働く場を自分たちで作るという意識まで繋げている。そしてそれらを背景にに、常に”考える”という風土ができあがる。共同体企業とはこのような人智や工夫の積み重ねの上にあるように思う。
 
 
  この記事は 255449 に対する返信です。
 この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_270805

 この記事に対する返信とトラックバック
272447 「サイバーエージェント」社にみる活力を上げる人事制度 リンゴヨーグルト 13/01/23 PM03
271281 【RPE】★日本企業衰退の元凶(47年間赤字なし、リストラなし のカリスマ経営者が語る)1/2  丸一浩 12/12/13 PM03

  [戻る]  


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp