健康と食と医
265121 風邪は万病の素を取り除く
 
大島健男 ( 30♂ ) 12/06/06 PM03 【印刷用へ
敏感な体は、頭の使い過ぎや食べ過ぎなど、偏った疲労が蓄積してくると、風邪をひくことによって、疲労を取り去り弾力を取り戻している。

一方、ガンや脳・心臓疾患など重病にかかる根本には、風邪をひくことすらできない鈍い体がある。

風邪は神様が与えてくれた最高の良薬リンクより引用
------------
風邪をひくと、ほとんどの人は市販の風邪薬を買うか病院に行って薬をもらって風邪の症状を抑えます。

「風邪の症状を抑えるとはもったいないことをするのですね。」と言われましたら皆さんはどう思われますか。

「何を言っているのだろう。この人は…」と思われると思います。 それもそのはずです風邪の症状をいいと思う人はいないでしょう。
でも、その症状が病気、特にガンや脳溢血を予防したり治してくれたりしてくれるとどうでしょう。

「もったいない」と思われるのではないでしょうか。 風邪の下痢や咳、食欲不振、熱などの症状、特に発熱が様々な病気を治してくれるのです。風邪の症状は必要があって出るのですから、その症状を薬などで抑えない方がいいようです。

「ドイツの医科大学のイセルス教授というニンジンジュースを基本にガンの自然療法をしている先生の言葉で 『世界には二人の名医がいる。それは食欲不振と発熱だ』というものです。」(『東洋の智恵は長寿の智恵』渡部昇一・石原結實共著・PHP研究所・P.161)

風邪をひいたら食欲がなくなり熱が出ます。このような風邪の症状など病気を治そうと出てくるものをいやなものとして薬で抑えてばかりいると、将来癌などの大きな病気を作ってしまいます。

『癌になる人とか脳溢血になる人とかいうのを丁寧に見ると皆、共通して風邪も引かないという人が多い。 長生きしているしている人を見ると、絶えず風邪を引いたり、 寒くなると急に鼻水が出るというような、いわゆる病み抜いたという人である。』(『風邪の効用』野口晴哉著・全生社・P.21)

「そうは言っても私は風邪をひかないのですが」という人がおられると思います。

『人間が風邪を引くという働きを持っていながら、なぜ体が硬張って行くのかというと、風邪を治したり、風邪を予防したり、風邪に鈍くなるようなことを講じているからです。‥

脳溢血などをやる人を見るとそういう冷水摩擦組というのが非常に多い。いや、冷水摩擦に限らず、体や心を硬張らせ鈍らせた為という人が多い。 肩が凝るとか首が凝るとかという事を感じている内は倒れないけれども、 そういうのを感じなくなるとパタッと行く。』(『風邪の効用』野口晴哉著・全生社・P.22)

風邪をひかない人は身体が鈍くなっている人です。身体が鈍くなると病気や異常なども感じなくなり自分は健康だと思っている。そういう人は得てして大病で突然倒れるというようになるそうです。

脳溢血になった人の過去をよく観察すると、ある時期から突然風邪をひかなくなっているそうです。このように鈍くなっている人も風邪をひいて、その風邪を上手にやり過ごすと、鈍かった身体が敏感になり、‥ガン細胞は39.3度以上の高熱になると死んでしまいます。だから風邪をひき、高熱を出せば、その結果、脳溢血の予防やガンの予防にもなります。

『だからいろいろな病気を治す方法よりは、風邪を上手に経過する生活法と云いますか、それを会得しておけば、癌になるとか、脳溢血になるとか、そういう麻痺した体も正すことが出来る。従ってそういうような病気にならないで済む。』(『風邪の効用』野口晴哉著・全生社・P.26)
(引用以上)
-------------

現代人は、病気になるのを恐れて予防することや、必死に薬で治すことばかりに捉われています。それに反して、病人は増え続け、医療関連の市場が膨らむばかりです。

「重い病気にかからない敏感な体をつくることが肝要」という発想は、現代の医療にはない考え方です。また、鈍った体を整えるために、「積極的に風邪を活用する」という主体的な心の有り様も、重要なのだと思います。

現代医療の枠から離れて、体と心の在り方を捉えなおす時期に来ているのではないでしょうか?
 
 
 
 この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_265121

 この記事に対する返信とトラックバック
285650 発熱しているときはいくら動いても構わない おおさかじょん 13/12/30 PM11
立て直せ!!狂った医と食 6.『高体温de 抗体ON!』 「日本を守るのに右も左もない」 13/07/15 PM10
269677 風邪に抗生物質を処方して、効果のあるのは10人に1人。逆に12.5人に1人副作用が出る! 末廣大地 12/10/16 PM05
266360 行動や性格は、意識以前に「体の癖」で決まってくる 大島健男 12/07/09 PM01
265384 体の冷えは万病の元! ファイテイングドックス 12/06/13 PM01

  [戻る]  


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、42年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp