健康と食と医
259355 食べなければ死なない@
 
一力広明 ( 37 素人 ) 11/12/08 PM05 【印刷用へ
「食べなければ死なない」(探求三昧)リンクより転載します。
----------------------------------------------------------------
 〜前略〜
あまり考えなしで決めて、変なタイトルかもしれない。要するに、「食べる量を減らせば病気が治り長生きできる」ということだ。これは逆説でもなんでもない。今日の朝日新聞の夕刊で、「『腹七分目』長寿の極意」という記事が目にとまった。
「糖尿病やがん、死ぬ確率3分の1」とある。摂取カロリーを約割減らすと、糖尿病やがんといった加齢に関連した病気で死ぬ確率が3分の1になる。このことを、米ウィスコンシン大学チームが発見した。アカゲザルを使った、20年間の研究成果だった。実験は、好きなだけエサを食べさせるグループと、摂取カロリーを3割減らすグループにアカゲザルを半々に分けて行なった。その結果、糖尿病、癌、心血管疾患、脳の萎縮など加齢性の病気で死んだ割合が、カロリー制限なしグループでは有りグループよりも3倍も多かった。

この記事は、自分的にはすごくタイムリーだった。というのは、昨日立川の書店で、『食べない健康法』(石原結實著、東洋経済新報社)を買っていたからだ。
この本を読んでいると、前述の猿の実験と同様の結果が出ている研究が他にもたくさんあることがわかる。1日1食か2食の小食を続けると、寿命が延び、老化予防になり、ガンのリスクが減り、免疫力が向上し、頭脳が明晰になり、体のだるさがとれ、ストレスに強くなり…といったメリットがもたらされる。

いちばん良いのは1日1食にすることだという。それよりもっと効果があるのが断食だとか。私が十代の頃から親しんでいたヨガでも、小食こそが人間が健康に生きる極意だという。
「食欲がない」という体のサインを見逃してはならない。それは、免疫力を高めて病気を治そうとする本能から来るものだったりするので。癌の患者でも同様だ。人間は食べる量を減らせば、癌にも打ち勝つ免疫力がよみがえる。かなりはっきり言えることのようだ。

石原博士は、長崎大学で学び、白血球の研究で博士号を取った。そしてスイスのスペンナー病院などで世界の自然療法の最前線を学んだ方だ。現代医学と東洋医学の両方のメリットを生かして、本質に近づいているという感じだ。

人間は食べすぎや栄養過多、つまり「飽食」の結果として病気になる。これがほとんどではないか。病気になったらもっと食べなければいけないという、現代医学が教える愚かさ。病気になって食欲が減るのは、自己治癒力(免疫力)を高めるための自然の営みなのに。風邪でもガンでも基本は同じだろう。
 
 
  この記事は 168756 に対する返信です。
 この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_259355

 この記事に対する返信とトラックバック
286178 人は食べなくても生きられる(1) 松下晃典 14/01/14 PM00
283033 「何を食べるか」ではなくて、「何を食べないか」が重要。 野田晋一郎 13/11/04 PM06
【コラム☆感謝の杜】少食の方が生き残れるワケ:マクロファージが不要物を食べ、エネルギーに変える! 「感謝の心を育むには」 13/10/20 PM09
274437 小食が長寿の秘訣!? 「食べる量を40パーセント減らすと20年長生きできる」という研究結果 rino 13/04/10 AM08
もっと科学を身近に☆New Stream 「食」を考える2〜粗食、自然食の効用〜 「地球と気象・地震を考える」 13/01/07 PM10
269529 野菜消費量が日米で逆転:日本は益々病気大国へ! 岡本誠 12/10/11 PM05
265163 「食欲」とは生命維持の為にある 竹村誠一 12/06/07 PM07
262157 老化を遅らせ長寿になる秘訣は空腹状態を保つこと(イスラエル研究) 鈴木隆史 12/03/13 PM09
262068 発熱しても薬は飲むな「世界には2人の名医がいる。それは食欲不振と発熱だ@」 がっちゃん 12/03/10 PM00
260056 健康を犠牲にして市場拡大させられてきた 渡邊真也 11/12/31 PM07
259972 目指せ小食 11/12/29 PM07
259890 人類にとっての“食”は本能を超えたところにある☆*:・° 久保田彰子 11/12/26 PM10
259679 健康に注意すると早死にする?! 阿部和雄 11/12/19 AM02
259658 「よく噛めば、健康になれる」を提唱したフレッチャリズム center_axis 11/12/18 PM01
259568 朝起きたら、食事が待っているのは人類だけ。「寝る→働く→食べる」が自然の摂理に則った過ごし方☆ 三上香緒里 11/12/15 PM00
259567 腹が減ったら食べる 平川要 11/12/15 PM00
259471 「病気を気にするから」病気になる ET 11/12/12 AM10
259357 食べなければ死なないA 一力広明 11/12/08 PM06

  [戻る]  


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、42年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp