社員の活力を引き上げるには?
258771 忙しい時が一番顕著に“心のあり様”が表れる★〜忙しくても、明るいMちゃんから学んだこと〜
 
嶺山志保 ( 30 受付 ) 11/11/18 PM01 【印刷用へ
ギリギリのスケジュールで資料を作成しているのですが、製作担当のMちゃんがとってもいいんです!!

“それいいですね〜!”“う〜ん、なるほど!その案でいきましょう〜”
みんなからの問いかけに終始明るく反応してくれて、とっても楽しそう!
そんなMちゃんのおかげで、忙しい時期を楽しく乗り越えることができました。

そんなMちゃんを周りで見ている後輩たちは「忙しくてもそういう反応が出来るMさんってすごい!Mさんみたいになりたい!何でそんなに余裕があるんだろう☆」って興味津々。
(締め切りが終わったら、インタビューランチにいく予定にしているとか☆)

そんなMちゃんを見ていての気づき☆
【余裕があったらいい反応ができるんだけど、余裕がないと反応が悪くなってしまうって、いいわけ!!!!!】
むしろ、忙しい時が一番顕著に“心のあり様”が表れる☆

キャパ以上の課題を受け止めてくれる!
反応がいい!
周りの活力を上げてくれる!

これも全て“みんなに喜んでもらえる、いい物を作ろう!”と本気で課題に取り組むMちゃんの心のあり様から生み出されたもの(*^^*)

Mちゃんと一緒に課題をする中で学ばせてもらったこと♪これからに活かしていきたいです!
 
 
  この記事は 255587 に対する返信です。
 この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_258771

 この記事に対する返信とトラックバック
269055 みんなの職場の空気をつくる、ひとりひとりの心のあり様 カ−リ− 12/09/25 PM09
261935 受入れ準備で、先回りした対応が出来る 本田友人 12/03/04 PM09
259514 いっつも大きなところで男の人たちに守ってもらってた★ 嶺山志保 11/12/13 PM10
忙しくても明るいMちゃんから学んだこと☆.。.:*・゜ 「毎日のありがとう☆.。.:*・゜」 11/11/25 PM07

  [戻る]  


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp