共認運動をどう実現してゆくか?
258219 【メルマガるい467】 TPP問題の本質 [2011.11.01]
 
るいネット編集部 11/11/01 PM08 【印刷用へ
*:・°★, 。・:*:・ °☆・: *:・°★,。,*:・°★, 。・:*:・ °
■□■□ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■□■  メルマガるい NO.467 TPP問題の本質[2011.11.01]
■□  ◆◇ ◆◇
■ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 こんにちは♪

 最近だいぶ涼しくなってきましたね☆ちょっと寒いくらいかも。
 そんなときは皆でお鍋を囲みたいですね〜♪

 先日先輩宅でお鍋をした時、色んな話で盛り上がりました!!
 そこで話した、どの話も”みんな”のこと☆
 私も先輩達のように学生時代とは違う、もっと広い対象を
 見ていけるようになりたいなぁと思いました^^
 リンク


----------------------------------------------------------------

■□■ 1.今週の注目投稿 ■□■

 現在TPPへの参加・不参加の議論がなされていますが、TPPって
 何が問題とされているのか知っていますか?
 争点がわかるようで、なんだかぼんやりしている気がする。
 実は問題の本質はあまり報道されていないんです><

 ◇ TPP問題から見る世界貿易戦争の構造1
                 賛成派の意見と反対派の意見 ◇
 リンク

 ◇ 参加したら終わってしまう国を売られる瀬戸際のTPP問題 ◇
 リンク

 ◇ TPP加盟は、「国語は日本語、けれど公用語は英語」になる ◇
 リンク


 るいネットをもっと見たい方は
  リンク
 このサイトを応援してくださる方は
  リンク

----------------------------------------------------------------

■□■ 2.今週のおすすめカード ■□■
 
 ★ “こうあるべきだ” 頭が身体をいためつけてきた。
  なのに、今までガンバってきてくれた心と体にありがとう、
                       そしてごめんね ★
 リンク


 最近、話をしていてもどこか感じるところが伝わってこない。
 こういう若者が増えてきているそうです。

 どうやら、伝わってこないのは「〜しなくてはならない。」
 「〜はこうあるべき。」という価値観念・規範観念を
 持っているからのようです!!
 リンク


 ※なんでやカードは、ネットもしくは類グループ受付前でも
  購入できます。
  リンク

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

 過去のバックナンバーは、以下のページにて閲覧できます。
 リンク

 お友達にるいネットメールマガジンをご紹介ください☆
 リンク

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

 
 
  この記事は 257987 に対する返信です。
 この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_258219

 この記事に対する返信とトラックバック
258366 アメリカで「TPP」を推進して米政府を操る黒幕たち〜有名企業がずらり!〜 末廣大地 11/11/06 PM03
258280 TPP 意図的な誤訳 環太平洋ではない。参加すれば、日本は世界最大の市場、中国を失う 岡本誠 11/11/03 PM03
258276 日本の活力をそぐ2つの不公平税制〜田中康夫氏の国会質問より 山澤貴志 11/11/03 PM00

  [戻る]  


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp