宇宙・地球
255819 楢崎皐月氏のカタカムナ説(1) 宇宙から素粒子に至るまで、万象は共通構造(相似象)を示す
 
冨田彰男 ( 48 経営管理 ) 11/08/21 PM01 【印刷用へ
日本の上古代人の潜象科学=カタカムナを研究した楢崎皐月氏は、『日本の上古代文化』(アシヤ文化研究会編、正しい教育を守る会発行)の中で、次のように述べています。

>現代人は、上古代以降の後代人と同様に、直感性能が劣化的に退化し、思考性能が上古代人より、優進的に進化したのは事実である。そして直感性能の劣化に基き、自然理(自然法則)の基礎であり元である、時空の本質本性に対する理性判断が、鈍化したことも事実である。そのために自然理の追求が、真理に結び着くことなく、甚だしく迂遠の道をたどったことを認識していない。

この指摘は正しいと思います。
そして、そこには現代宇宙論・素粒子論の閉塞を突破する鍵が秘められているように思います。
そこで、楢崎皐月氏の説がどんなものなのかを紹介します。参考になれば幸いです。

『フォッサマグナ沿線の温泉めぐり』「カタカムナ文献」
リンク
からの転載です。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
●第4項 超感覚的知覚を超える〈カタカムナノサトリ〉

このような一般的な考察に加えて、楢崎によるならば、カタカムナ人は、われわれにおいてはすでに退化している高度の直感力をもっていた。これによってカタカムナ人は現象背後の“潜象”の作用を共振的に知覚し、それが彼らを「カタカムナノサトリ」とよばれる、われわれの知らない自然認識へと導いた。(中略)

これはカタカムナ人が、超感覚的知覚に加えて高度の抽象的思惟力をもっていることを意味する。要するに、カタカムナ人においては、後代の人間とは知覚、思惟、意識の回路そのものがまったく異なっていた、と考えてもらってさしつかえない。

楢崎はカタカムナ理解への入り口のひとつとして、「相似象」という言葉を用意している。現代人においては、カタカムナ人のような超感覚によって直接に現象の背後にある潜象と共振する回路は切断されている。だが、そのようなわれわれでも、現象として現われてくる相似性のうちに、その背後の世界の影をほのかに捉えることは可能である。

●第5項 宇宙は相似象・共通のパターンでできていた

楢崎皐月およびその後継者である宇野多美恵は、「カタカムナ文献」を解読したのち、カタカムナ文化を学ぶ「学会」を作り、『相似象』という名前の会誌に研究成果を発表している。なお、『相似象』はこれまでに第1号から第10号までが刊行されている。

まず、「相似象」というのは次の二つの意味がある。一つは「互いに似通ってくる性質がある」という意味である。たとえば、朱に交われば赤くなるとか、夫婦の顔がだんだん似てくる、などのように、環境に似通わせる性質があるという意味である。

もう一つは、「いろいろな現象のパターンが共通である」という意味である。たとえば、原子核の回転構造が、太陽の周りを惑星が回転する太陽系の回転構造に類似しているなどの例が挙げられる。カタカムナ人の天然に対する直観は、カムの無限世界および、宇宙球の巨大なものから、目に見えないアマ始元量の最小素粒子までを観て、そこには共通のパターンすなわち相似象があることを見抜いた。それを記してあるのが「カタカムナ文献」である。

楢崎皐月や宇野多美恵は、カタカムナ人の偉大さは、「天然に相似の象がある」ことを見抜いたことだとして、「カタカムナ文献」を勉強する会の名称に「相似象」という名前を用いた。「相似象」とは、天然宇宙のサトリということになる。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
つまり、宇宙レベルから素粒子レベルまで、万象は相似象という共通構造で貫かれているということです。

(続く)
 
 
  この記事は 255378 に対する返信です。
 この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_255819

 この記事に対する返信とトラックバック
原始人類の自然認識カタカムナ〜宇宙から素粒子に至る万象が示す相似象 「共同体社会と人類婚姻史」 20/03/15 AM00
シリーズ「潜在思念の原点・カタカムナ」〜日本人の可能性1 「縄文と古代文明を探求しよう!」 12/05/14 PM10
263074 カタカムナ関連周辺情報と各仮説 匿名希望 12/04/16 PM10
262293 現代に伝えたいカタカムナの観念『ヤワセ』 松井英仁 12/03/19 AM08
262137 カタカムナ神を祀る一族の王アシアトウアン=アシア族は、金官加羅の王朝? 彗星 12/03/12 PM10
シリーズ「潜在思考の原点・カタカムナ」〜プロローグ〜 「縄文と古代文明を探求しよう!」 12/03/11 PM03
261167 【医療】「日本伝承医学とは?」 center_axis 12/02/05 PM07
ツタ考4〜鉄が変えた森の思想〜 「縄文と古代文明を探求しよう!」 11/11/09 PM10
ツタ考3〜森がはぐくんだ“円環の思想”〜 「縄文と古代文明を探求しよう!」 11/11/09 PM10
ツタ考2〜森の言葉(コトノハ)〜 「縄文と古代文明を探求しよう!」 11/11/04 PM05
ツタ考1〜縄文土器が“ツタ”える蛇信仰〜 「縄文と古代文明を探求しよう!」 11/11/04 AM02
素人が創る科学の世界〜【光 子】3〜『カタカムナ説を紐解く』 「地球と気象・地震を考える」 11/08/30 PM03
256177 縄文人の直観力の中身は共鳴力である〜西宮紘氏の著書より 田野健 11/08/29 PM11
255979 古代人の優れた直感性能を支えた思考方法 大脇正嗣 11/08/24 PM11
255947 日本人は、特に直観力に優れた民族 岸良造 11/08/24 PM01
255944 『フラクタル』という概念 山名宏明 11/08/24 AM11
255824 楢崎皐月氏のカタカムナ説(3) 宇宙を構成する8つの相似象 冨田彰男 11/08/21 PM03
255821 楢崎皐月氏のカタカムナ説(2) 宇宙や素粒子の自転・公転運動によって相似象ができる 冨田彰男 11/08/21 PM01

  [戻る]  


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
超国家・超市場論1 新しいまつり場は、国家と市場を超えられるか?
超国家・超市場論2 闘争(能力)適応 と 共生(取引)適応
超国家・超市場論3 置かれた環境を貫く 闘争圧力を把握せよ
超国家・超市場論4 同類闘争の圧力と共認統合の限界
超国家・超市場論5 私権闘争・掠奪闘争をどう止揚・統合するのか?
超国家・超市場論6 生存圧力に基づく同類闘争から、同類圧力に基づく同類闘争=認識競争へ
超国家・超市場論7 私権闘争を統合した 力の序列共認
超国家・超市場論8 国家(力の序列共認)と その統合限界
超国家・超市場論9 私権闘争の抜け道が、交換取引の場=市場である
超国家・超市場論10 何をするにもお金がかかる社会
超国家・超市場論11 市場は社会を統合する機能を持たない
超国家・超市場論12 市場の拡大限界は、国家の統合限界でもある
超国家・超市場論13 人類の新たな活力源=圧力源
超国家・超市場論14 外向収束⇒認識収束に応える『認識形成の場』
超国家・超市場論15 『認識形成の場』こそ、新しい社会統合機構の中核である
超国家・超市場論16 ゼロから、自分たちの『場』を作る活動
超国家・超市場論17 新しい社会統合機構が、国家機関を吸収・解体する
超国家・超市場論18 認識形成の『場』を構築することこそ、真の社会活動である
超国家・超市場論19 もう、傍観者=インテリ統合階級は、要らない
超国家・超市場論20 認識形成は遊びではない、生産活動である。
超国家・超市場論21 『認識形成の場』が、なぜ有料化されるべきなのか?
超国家・超市場論22 お金は、現実の必要度を測るモノサシ
超国家・超市場論23 『必要か、必要でないか』という真っ当な判断の土俵が出来てゆく
超国家・超市場論24 必要か否かの『判断の土俵』が、国家と市場を呑み込み、解体し、再統合してゆく
超国家・超市場論28 新しい可能性が顕在化するとは、どういうことか?
超国家・超市場論29 新しい『場』は、古い評価指標の洗礼を受けて、はじめて顕在化する
超国家・超市場論30 実現の論理
判断の土俵と解体・再統合 大学の例
判断の土俵とは、人々の潜在思念が作り出した共認圧力の場
『必要か否か』が環境問題に対する基底的な答えになる
社会統合組織の史的総括 国家と教団
社会統合組織の史的総括 市場と演場
大衆の期待の変化に応じて統合力も変わってゆく
マイナス原因構造とプラス実現構造という両輪
支配階級の私有権は絶対不可侵だが、庶民の私有権は剥奪され得る

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp