企業を共同体化するには?
255092 共同体企業紹介@【ナチュラルアート】【日本クレド】【ヤオコー】【ナビット】【ウェザニューズ】
 
塩貝弘一郎 HP ( 36 営業 ) 11/08/04 AM00 【印刷用へ
>可能性のある企業=共同体的な企業を探す際には、今までの市場原理や古い経営手法にのっとった分析では不十分で、新しい切り口=共認原理にのっとった分析が必要になります。さらに、逆にそういう切り口で見れば、今までに注目されていない企業でも、可能性のある企業はたくさんありそうです!(^^))( 254850 )

この記事を拝見し、過去共同体・類グループの挑戦( リンク )で追求した企業を調べて見ました。

@「ナチュラルアート「『社会に背を向けた閉鎖的な企業』から、『社会を再構築していく新しい企業』へ
 ( リンク ) 」

>この新しい企業は、弱小な農家を組織化していく。そして、価格交渉を有利にし利益を上げる。その利益は、提携農家と自企業の自立のため、共同体的企業群の中で分配されていく。その結果、提携農家も含めた集団の雇用、生産性、活力を再生する。これが、最終的には、社会問題である日本の食糧自給率をも改善して行く。

>『社会に背を向けた閉鎖的な企業』から、『社会を再構築していく新しい企業』へのベクトル転換なのだろう。(引用終了)

市場で弱体化している農業の生産様式を変えて行く企業として、可能性を感じます。

A「日本クレド株式会社 意識潮流を捉えて人々の活力を再生する企業( リンク )」

>経営者からパートの方々まで、立場を問わずクレド(企業理念)の形成・修正に関わることができるため、誰もが「自分達が会社の理念作りに関わっている」という当事者意識を持ち、活力を持って仕事に向かえるのです。

こう見ると、クレドは『新時代の行動マニュアル』だと言えます。実際に「形」として供給することで、観念を普遍化させているのが特徴です。
これは「課題共認固定ツール」すなわち「集団統合ツール」であり、まさに現代の集団が抱える活力不全に応えるものでしょう。(引用終了)

B「株式会社ヤオコー 総員の現場力とトップのリーダーシップで上昇するスーパー( リンク )」

>ヤオコーではトップが時代背景を捉え、リーダーシップを発揮して「場作り」を行い、パートナー達が活力を持って「現場力」を発揮しているから、高い業績を発揮しているのだと言えます。

スーパーといえば物的生産・流通の世界だと思いこんでしまいがちですが、しっかりと時代に合った意識生産に移行している所もあるのですね。(引用終了)

C「ウェザーニューズ 時代にあった統合原理に転換した企業( リンク )」

>序列原理を撤廃し、社内情報をオープン化。共認原理に基づいて作り上げた社内評価システム

1.社内に壁が見当たらない
2.定年制も無く、人事部もない。
3.社員の給料を公開
4.全社員参加可能な経営会議
5.序列に変わる組織体制
(引用終了)

D「株式会社 ナビット 女性の充足性を武器に、地域特派員ネットワークを広げていく企業( リンク )」

>潜在思念上にある、これが実現すればみんなも自分も充足するという共認充足への確信が継続の原動力になったのだと思います。
     
自分発の充足から相手発の充足という潮流を感じていんだろうなぁと、推察できます。

女性の充足性とはこんなに大きなものなのです。この充足の意識潮流に乗って、仲間を広げていく企業が、未来企業のプロトタイプの一つになって行くことは間違いなさそうです。(引用終了)

等が、共同体型経営を実践している企業としてお奨め出来ると思います。
まだまだ、共同体ブログ内で追求したお奨め企業がたくさんあるので、第2弾、第3弾も、これからも紹介していきますね。
 
 
  この記事は 254850 に対する返信です。
 この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_255092

 この記事に対する返信とトラックバック
257548 新時代の企業活力上昇の仕組みづくり:『クレド』を軸にした企業コンサル〜日本クレド鰍フ紹介@〜 佐藤賢志 11/10/10 PM07
256943 充足イメージが人の気持ちを動かし、仕事を作り出す 〜株式会社ナビット〜 橋本宏 11/09/20 PM11
株式会社ナチュラルアート・・・農から始まる日本の再生 「これからは探求の時代」 11/09/13 AM03
255992 共同体企業紹介F【まとめ1】【まとめ2】 本田真吾 11/08/25 AM10
255989 共同体企業紹介E【板室温泉大黒屋】【あらき】【辻谷工業】【キシ・エンジニアリング】【未来工業株式会社】 萱間直 11/08/25 AM03
255988 共同体企業紹介D【丸吉日新堂】【ネッツトヨタ南国】【杉山フルーツ】【高齢社】 鈴木龍也 11/08/25 AM02
255945 共同体企業紹介C【アミタ】【鈴木産業】【メガネ21】【中村ブレイス】 塩貝弘一郎 11/08/24 AM11
255926 共同体企業紹介B【小ざさ】【伊那食品工業】【ハッピーおがわ】【亀田総合病院】【沖縄教育出版】 茨木梨花 11/08/23 PM09
255867 日本企業の共同体性1 大企業でも以和為貴。〜株式会社日立製作所 電力システム社 日立事業所〜 彗星 11/08/22 PM05
255686 【菓匠Shimizu】【大和不動産】 松下晃典 11/08/17 PM06
255613 「自分達で作り上げていく」 正国稔 11/08/15 PM11
255508 共同体企業紹介A【日本理化学工業】【柳月】【サイボクハム】【アールエフ】【富士メガネ】 塩貝弘一郎 11/08/13 PM07

  [戻る]  


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp