日本人の起源(縄文・弥生・大和)
25324 和島家族論
 
三ヶ本万州夫 ( 壮年 講師 ) 02/03/01 AM11 【印刷用へ
佐々木藤雄氏の「水野集落論と弥生時代集落論」という論文を参照しながら、和島家族論の全体像をまとめてみると、

1・資源の集団的な所有と集団婚の基礎の上に立つ縄文時代には、集落自体が母系的な氏族共同体的性格をおびた一つの「強固な統一体」として存在し、住居の配置から生産・祭祀・埋葬の各面にわたる強い規制力を発揮する、と言うのです。

2・このような、いわば「自然発生的な血縁集団」の内部では、独立的な小家族の形成は困難。「同じ棟の下に一つの炉を囲んで住む一団の人々」はあくまでも「同質の劣弱な単位」にとどまっており、わずかに生活の構成の面においてある程度の独立性を発揮しうるにすぎない、としています。

3・個々の竪穴の成員数に関する記述はあっても、成員の中味に関する具体的な説明は不明瞭です。1958年『原始集落』で、「一竪穴の成員は、ひとつの血縁集団のなかでの自然家族を単位とするものと思われる」という記述があり、この問題に関連して「男二人、女二人と一人の子供が、中毒死か何かで折り重なって倒れていた」千葉県市川市姥山遺跡B9号住居址内遺棄人骨資料の引用が行われています。しかし、1966年の『住居と集落』では、一集落内部の居住域が男性と女性、それに長老の属するグループ毎に分割されていた可能性が示され、わずかの間に見解が大きく修正されます。

4・この時期の通婚や交換関係などを通して恒常的に接触し、緊密な結びつきをみせることになった各集落は、採集経済の発展とともにやがて「地域社会」を構成するようになる、としています。こうした「小社会」が氏族の広がりを示すものなのか、それとも「部族的結合」といった存在を意味するものなのかについては詳述されていません。

5・これに対し、「父権が母権の強い抵抗をうけながら、覇権を確立しようとした時代」すなわち、一方で前代からの集団婚的な伝統を残しながら、すでに対偶婚が行われつつあった時代とされるのが続く弥生時代であり、水稲農耕の開始とその発展に伴う私有財産や萌芽的な階級分化の動きと照応するようにこれまでの氏族共同体的な関係が解体し、生産の面でも消費生活の面でも一定の独立性をもった水田経営の主体たる小集団が集落の内部に分岐するというのです。

6・「全体が一つの単位」をなす縄文時代には認められなかった、上記の「新しい小集団」こそは、数軒の住居を単位とする「世帯共同体」と呼ばれるものであり、「家族の前身」にほかならないと言います。しかしそれは、集落の構成要素としてなお「生産の統一体」たる集落全体に依存し、その規制を多く受ける立場にとどまっています。なお、この「世帯共同体」の構成員数を福岡市比恵の環溝集落の「一群」をもとに約20〜30人と見積もっています。しかし、別のところでは、登呂の東区と西区の二つの「集群」をもとに「世帯共同体」の具体的な構成を住居10軒以上、50人前後のまとまりとしてとらえています。

7・この「新しい小集団」の性格も、階級分化の進行とともに変質し、古墳時代の後半には、大小の規模を異にするいくつかの住居の集合体である「小世帯の群」が出現します。以上の「小世帯の群」こそは、下総国葛飾郡大島郷の養老5年(721年)の戸籍に示される「郷戸」の母胎となる血縁的な大家族の一単位なのです。そしてまた「それぞれの竪穴は郷戸を構成する房戸」にかかわるものであり、母系制の名残りともいうべき夫婦別居制の伝統を強く残した、家父長制的な大家族の登場の中に、「やがては更に後世の小家族発生の前奏曲」を見出しうる、というのです。
 
 
 
 この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_25324

 この記事に対する返信とトラックバック
学者による集落論第2回【縄文の集団に学ぶ〜その7】和島家族論って本当? 「縄文と古代文明を探求しよう!」 10/08/04 AM10
161818 水野家族論と和島家族論 違いと共通性 田野健 07/09/22 AM03

  [戻る]  


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp