法曹・官憲・役人こそ、社会閉塞の黒幕
250302 マスコミは決して語らない、内部被爆の危険性
 
小熊耕平 ( 24 会社員 ) 11/04/26 AM03 【印刷用へ
放射線による被爆には、「外部被爆」と「内部被爆」があるが、現在報道されている被爆線量は、ほとんどが「外部被爆」の数値となっている。これは、内部被爆の線量を測定することが難しいからであると考えられる。全身の被爆を測る装置があり、内部被爆の影響を判断できるが、脂肪などがあるため、正確な数値よりも、少なめにしか測定できない。そのため内部被爆に関する線量が示されていても正確な危険性は判断できない。

内部被爆は外部被爆より明らかに人体への影響が大きいため、内部被爆に関する基礎情報を整理しなければならない。
まずは、「内部被爆の影響」を事例をもとに検討する。

以下、転用。
リンク

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
■内部被曝の影響は明らかになっていない

これは内部被曝の線量が検出しにくいためです。外部被曝では、環境値を測定することで、人体との影響の相関を探ることができます。内部被曝では・・・ガイガーカウンターを体内に突っ込むわけには行かないわけです。
また発症に時間がかかるケースが多く、その相関も統計的に判断しなければいけません。多人数・長期間の調査が必要で、コストも多く、その調査は十分行われていないのが現状です。
ですから、「どれだけ放射性物質を取り込んだら危険なのか」はまったくの未知です。未知なので、だれも内部被曝の危険性については触れないのです。


■許容範囲内の放射線量の原発付近で、乳がんが大量発生

では内部被曝の影響は小さいのではないのか?と思われるかもしれません。しかし、こんなデータもあります。アメリカの原発周辺では、乳がんでの死亡率がとても高い(乳がんは放射線の影響により発病する代表的な疾患です)。


■図の黒い部分は原発の100マイル以内を示しています。1985〜89年のアメリカの乳ガン死亡者のうち3分の2はその郡の住民である、との報告があります。面積にしてみれば、30%前後しかないんです。それなのに、乳がんでの死亡率が異常に高い。これは原発の影響と見て間違いないでしょう。(もちろん、日本でも原発増設にともない乳がん患者が増加しています。日本では沖縄や離島以外、全て"原発の近隣"です。)

このデータが示す本当の恐ろしさは・・・これら乳がんの死亡率が、「原発事故による健康被害ではない」ということになっていることです。定められた安全基準に従い、正常に運転された原発による影響なんです。これらの原発から放出された放射線が「一年間に浴びていい量」を超過したわけではありません。測定値は安全値を示しているのです。

ではなぜ乳がんが急増したのか?僕は内部被曝の影響と見ています。実は厳重に密閉していても、"「放射性廃棄物」の一部はどうしても原子炉外部へ出て行かざるを得ない"んです。外部被曝による健康被害が考えられない以上、内部被曝の影響と見るのが自然ですし、内部被曝は少量だろうと影響は大きいです(その理由は次に記します)。だから線量は安全度のあてにならないのです。

現在でも「線量は一年に浴びていい値の何百分の一だから安心しろ」という論調がありますが、これは内部被曝を全く度外視した乱暴な意見なんです。


■α線の影響はβ線の20倍
α線は名刺ほどの厚さの紙で防ぐことができ、放射線を浴びた場合でも皮膚でその大部分を防ぐことができます。β線は1cmのプラスチック板がないと防げません。γ線では、分厚い鉛板でなければ防げません。ですからα線の影響は微弱と考えがちです。

でも、α線の人体に及ぼす影響はβ線、γ線の実に20倍なんです。これが体内被曝と体外被曝ではまるで影響が違ってくる理由です。テレビの専門家がしきりに「ぬれたマスクをしてください」と喚起していたのは、体内被曝のリスクを低減させるためです。「本当に怖いのは体内被曝」なんていえないから、遠まわしに被害を防いでもらうしかないんです。


■自分の考えで判断を

東電、全く抑止力のない保安院。そしてアメリカと、原発利権にべっとりな日本政府。重要なスポンサーである東電を批判できないマスコミ。

「本当に危なくなれば内部被曝の勧告が出るだろう」と考えるのは間違いです。自分の頭で情報を見極め、判断してください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
以上。
 
 
 
 この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_250302

 この記事に対する返信とトラックバック
緊急テーマ:『放射能の内部被曝とは?』 「生物史から、自然の摂理を読み解く」 11/04/30 PM10

  [戻る]  


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp