農村を活性化させる為には?
24991 オヤとコ(柳田民俗学から)
 
槇原賢二 ( 30代 塾講師 ) 02/02/26 PM00 【印刷用へ
こんにちは、鈴木さん。『柳田邦男の民俗学』(谷川健一著)、私もちょうど読んでいました。

柳田氏のオヤとコについての以下の考察もありますね。

日本の農村の半分以上は親類のことをオヤコと呼んでいた。オヤコやイトコのコは家の子のコである。家の子は労働単位であり、これを指揮するのがオヤであった。そのオヤは共同体の作業の頭であった。本物の親よりも長男のことをオヤカタと呼ぶ方言が広く知られているが、それは総領が労働の頭としての機能をもつ名残りであった。親類をオヤコと呼ぶのは、労働のための共同体が今日よりはるかに強大であったことを示している。現在のように家族の父母に限ってオヤと呼ぶことは、かなり新しい現象である。

また、中村吉次氏が『日本の村落共同体』で以下のことを述べているそうです。

真の共同体は「一人が欠けても、一人が多すぎてもならぬ。不分割な一体なのである。そして、それは、生産手段もまた不分割であること、分割してもしょうがなく、分割する要もなく、分割できぬものである」生物的な血縁か非血縁かにこだわらず、共同体を形成する集団は、社会的にまた観念的に血縁の同族組織である。そうした組織の中心がオヤであり、それにしたがうものがコであった。


私婚を中心とする親と子、特に近代以降の一対婚家庭での親と子は、その紐帯を血縁関係、せいぜい解脱にしか拠り所を求めることができなくなっています。人として、実は非常に淋しい関係といえます。

外圧を前にして、生産を第一課題として統合されていた共同体内では、成員それぞれに役割・課題も与えられ、オヤとコの関係は解脱・闘争など多重の紐帯で結びついていて、濃密であったと思われます。オヤに対するコの信頼感も今の親と子の関係よりもはるかに高かったに違いありません。また、数十人といった規模の共同体では、成員どうしお互いの関係も多重であり、現在の親子関係よりもはるかに人としての充足感(共認回路の充足)も大きかったに違いありません。
 
 
  この記事は 24678 に対する返信です。
 この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_24991

 この記事に対する返信とトラックバック
人は集団の中で育つ 「共同体社会と人類婚姻史」 12/08/20 PM09
225310 親子関係が充足する規範だった「夜這い婚」 これんじ 10/01/28 PM11
子育てを家庭に任せてはおけない!-2〜@共同体では、子供はみんなで育てる〜 「感謝の心を育むには」 09/12/16 AM00
221900 江戸時代の子育て〜仮親と子育てネットワーク (1)仮親 汚れなき男 09/12/14 AM00
221217 集団があるから、みんながいるから、何があっても大丈夫☆ ぴのこ 09/12/04 PM06
220057 親子殺しが減らないのは、「血縁」という欺瞞観念のせい 加藤弘行 09/11/19 PM05
220054 特定の子を「自分の子」として育てるより、子どもたちを自分たちの子として育てる方が充足できる 熊谷順治 09/11/19 PM04
220050 親子の語源は家族を超えた本源集団の中にある ちわわ 09/11/19 PM03
110599 大人達の役割 鹿村幸代 06/04/28 PM09
96353 農村の本質・全寮制学校の本質 大森義也 05/08/23 PM06
90882 共同体の再生 谷光美紀 05/05/16 PM10
90875 与えられるものと与えるものからの転換 小林有吾 05/05/16 PM09
90733 呼び名の形骸化は活力衰弱の兆し 野崎章 05/05/14 PM10
88184 多重な関係の希薄って現代の問題にすごく結びついてる。 樫村志穂美 05/03/31 PM10
81819 共同体への転換 マー 04/11/29 AM11
81492 「次代を担う人材を育成すること」は、共認原理の体現に他ならない 小圷敏文 04/11/25 PM05
24993 共同体では、子供はみんなで育てる。 槇原賢二 02/02/26 PM00

  [戻る]  


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp