実現論を塗り重ねてゆく
249296 岡田史観を紹介〜中国の本質は市場である。
 
田野健 HP ( 50 設計業 ) 11/04/12 AM00 【印刷用へ
このるいネットでも何度か紹介されてきた岡田史観であるが、これから中国を見ていく上で重要な視点になるので、要点としてまとまったサイトがあったので紹介しておきたい。リンク
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
●岡田英弘〜「皇帝を頂点とする大商業組織としての中国論」の紹介

東アジアに、なぜ強大な専制国家体制が成立したのか。なぜ、長年にわたって維持されたか。

ウィットフォーゲルを含め、ほとんどの歴史家は中国の社会基盤を農業とし、この農業の特色(ウィットフォーゲルの場合は大規模な水利事業)からアジア的専制国家を解読しようとした。ところが岡田は、この専制国家の本質を商業活動から説く。
 
「中国文明は商業文明であり、都市文明である。北緯35度線上の黄河中流域の首都から四方にひろがった商業網の市場圏に組み込まれた範囲が、すなわち中国なのである。そして中国語は、市場で取り引きにもちいられた片言を基礎とし、それを書きあらわす不完全な文字体系が二次的に生み出した言語なのである。」
「夏朝が、黄河中流の渓谷に沿った、洛陽盆地に中心をおいて、東方、東南方、南方にのびる内陸の水路を伝わってひろがる商業都市網を支配する、東アジアの最初の広域政治組織になった」

中国文明が洛陽盆地周辺から発生したのは、この地域が交通の要衝になる自然条件があったからだという。黄河文明は決して黄河大平原に発達したのではなく、氾濫を繰り返す河川平原はむしろ人々の居住を拒んだ。

黄河は、洛陽盆地直前までは河北の山西高原、河南の秦嶺山脈に囲まれ、急峻な谷を下る。渡河困難であり、河が交通の障害だった。黄河は洛陽盆地でやっと平地に出会い、流速を落とす。交通の便を成り立たせる。そしてその一帯は「南船と北馬が出会うところ」「東アジアの南北をむすぶ陸路と水路の結節点」となった。遠くは絹の道、海上の道にもつながる。ここに多くの民族の交易が集まり、そうした商業ネットワークの核として中国の皇帝体制が生まれた、とする。

(中略)
中国の都市は清代に至るまで城壁で囲まれているのが特徴で、王宮もその中にある。王宮の北には「市」、すなわち市場があり、南の宮門の内側には「朝」、すなわち「朝廷」がある。その朝廷で毎月何回か指定された日に朝礼の儀式が行われる。皇帝は午前2時ごろ起きて身を清め、犠牲を捧げて正殿に出御する。儀式が終わる頃日が昇り、北側の市場が開いて取り引きがはじまる。「王は市場の差配であり、朝礼は市場開きの儀式であった」とする。

市場を原型にした城郭都市は、首都から内陸水路に沿って各地に建設される。これら地方都市は古くは「邑」と呼ばれ、後に「県」(懸と同音で、首都に直結するの意)と呼ばれる。ここには首都から派遣された軍隊が駐留して交易活動を保護し、県城の県衙(役所)では、首都の儀式と同時刻に朝礼が行われた。

「いうならば、中国の本質は、皇帝を頂点とする一大商業組織であり、その経営下の商業都市群の営業する範囲が、すなわち「中国」だったのである。」

こうした地方都市と地方都市の中間の地帯は、夷狄の住地であったが、城郭都市の商業網の網の目が密になるにつれて、ますます多くの夷狄が城郭都市の名簿に登録して中国人となり、前221年の秦の始皇帝の中国統一までには、華北、華中の平野部では、夷狄はことごとく中国化して姿を消し、山地の者のみが取り残された。」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー以上転載ーーーー
中央集権に繋がる群州制とは商業網の確立であり、同時にそれが中国の国家の骨格になっていった。市場を国家が私有する国、これがもう一つの中国の特徴である。「市場とは国家というもちに生えたカビである。」31251〜この認識が中国の場合全く異なり、最初から市場と国家は一体化していたのである。
 
 
  この記事は 241582 に対する返信です。
 この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_249296

 この記事に対する返信とトラックバック
251154 【中国】中国における「国」の言葉の起源 麻丘東出 11/05/10 PM03
251143 【中国】殷(商)王朝は交易=遊牧部族であった⇒商人の言葉の由来に 匿名希望 11/05/10 AM10
251140 黄河文明もその後の中国の戦乱史も黄河の地勢によっている(1) 田野健 11/05/10 AM03
明代から清代にかけて生まれた「色情小説」:『金瓶梅』『肉蒲団』 「共同体社会と人類婚姻史」 11/04/27 PM05
250048 中国の秘密結社「幇会」の成立過程 匿名希望 11/04/22 PM10
249802 中国の最大の特徴はつい最近まで民衆同志で殺し合いをしていたという事実 田野健 11/04/19 AM02
中国とは何者なのか? 「縄文と古代文明を探求しよう!」 11/04/18 PM05
シリーズ「人類の部族移動」その4〜中国文明とは何か 「縄文と古代文明を探求しよう!」 11/04/17 PM04

  [戻る]  


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp