原発
248527 福島の原子力発電所の危機は官僚政治による人災である
 
匿名希望 11/04/02 PM09 【印刷用へ
「官僚政治を撃て」から転載します。
xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx
福島の原子力発電所の危機は官僚政治による人災であるリンク

東北地方を襲った巨大地震と津波は、さながら敗戦直後の日本の光景を再現しているかのような姿である。しかし、肉親や住む家を失った日本の国民が、いかに世界に優れているかを示しているのも、あの亡国の敗戦のときと少しも変わっていないように見える。

凄惨な大災害の後ではあっても、意味も無く泣き叫び、自暴自棄の姿を晒す日本人の姿は、ほとんど見かけない。悲しみや、怒りを抑え、冷静にお互いに気遣い、被害者でありながら救いの手を差し伸べる姿に胸を打たれる思いがする。

おそらく東北地方の大災害に遭遇した市民は、敗戦後の日本を見事に再建した父祖の時代と同じように、破壊された自分達の村や町を再生するに違いない。

しかし、大震災の惨禍を過ぎてもなお、被災した市民に襲い掛かろうとしている原子力発電所の恐るべき災害が迫っている。この新たな危災は、発端は自然災害であったとしても、核エネルギーの暴走を阻止、制御できなかったことに因っているから、まさにその主因こそ、この国を支配してきた官僚統制中央集権政治そのものであると断じられるべきであろう。

そしてその支配の実像は、事故が発生してから国民の前に姿を現した経済産業省原子力安全・保安院なるもの、そして、その保安院と一心同体で核エネルギー利用を独占してきた東京電力が国民に伝えるべき情報開示の姿に如実に現れているとも言える。

言うまでも無く、核エネルギー利用は、宇宙開発と同様に学術研究だけでなく、その利用に関する政治的権限も、東大とその出身者である官僚組織によって独占されてきたものである。そしてこれまでに発生した原子力発電所の事故や欠陥について、批判する声があったとしても、学問世界においても、官僚自民党が支配した政治の世界においても、考慮されることは一度もなく、虚妄の無謬性を誇る唯我独尊の東大閥人脈によって一蹴され続けてきたからである。

現在なお進行中の未曾有の危機が人災であったと証明されたときには、原子力エネルギー研究をほぼ独占し、日本の科学界を支配してきた東京大学の責任は極めて重大であると言わなければならない。それは、先の亡国の戦争が、超エリートと称された軍事官僚や文官官僚らが、国民の声を聞く耳を持たず、国民を愚弄するかのように異議や疑問に答えることもせず、ことごとく冷笑的に無視し、或いは一蹴する独善によって起こされたものであるが、今、未曾有の破滅的危機を招来した集団もまた、東大の学者、東大官僚、そして東電という東大閥民間企業であることがあばかれている。その愚劣さにおいては、高慢さを慇懃に隠した事以外には、戦前と寸分違わぬ亡国の東大と東大官僚の再現でもある。

それは、国家有為の知性と賞賛されてきた彼らが、今も昔も全くの虚構であることを証明するように、亡国の戦争を犯したこの国のエリートと同様の、無能力、無責任、そして当事者能力を著しく欠く集団であることを、今まさに我々の前で原子力安全・保安院或いは東電のエリートとして余すところ無くその実像を現していることに他ならないのである。

本稿の根拠として、日本の原子力政策に関わって来た組織とその当事者一覧を上げておこう。(出身校)

原子力安全委員会
  委員長   鈴木篤之  (東大工)
        東邦夫   (京大工)
        早田邦久  (東大工)
        久住静代  (広島大医)
        中桐滋   (東大工)

原子力安全保安院
  前院長   薦田 康久 (東大工)
  院長    寺坂信昭  (東大経)
  次長    平岡英治 (東大工)
安全基盤審議官 中村幸一郎 (東大工)
流通戦略審議官 西山英彦  (東大法)

原子力研究開発機構
   理事長  鈴木篤之  (東大工)
  副理事長  辻蔵米蔵  (京大工)
   理事   戸谷一夫  (東北大工)
   理事   片山正一郎 (東大工)
   理事   伊藤和元  (阪大工)
   理事   岡田漱夫  (東大工)
   理事   三代真彰  (東大工)
   理事   横溝英明  (東大工)
   理事   野村茂雄  (早大理工)
 
 
  この記事は 248519 に対する返信です。
 この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_248527

 この記事に対する返信とトラックバック
他人事ではない!関西の原発問題!その3〜もんじゅは無限エネルギーを生み出せるのか?〜 「路上で世直し なんで屋【関西】」 11/06/12 PM05
勉強しかできない子にしたくない!【0】:プロローグ〜試験制度は子供達を無能にする 「感謝の心を育むには」 11/06/10 PM11
他人事ではない!関西の原発問題!その1〜この夏、関西のエネルギーはどうなる? 「路上で世直し なんで屋【関西】」 11/06/10 AM01
原発問題から見える特権階級・近代科学の問題性6 〜福島の原子力発電所の危機は官僚政治による人災である〜 「日本を守るのに右も左もない」 11/06/05 PM09
251799 思考する己を省みられない統合階級〜『我思う、故に我あり』の近代個人主義思想の欺瞞・渡部恒三の言行〜 彗星 11/05/22 AM02
249539 改めて今回の原発事故は人災1 匿名希望 11/04/15 PM00
今日の注目は東京新聞の特報“水蒸気爆発が一番怖い”“カネと地位 群がった産官学”(小出裕章氏) 「にほん民族解放戦線^o^」 11/04/09 PM09
249037 福島原発による土壌汚染問題 谷口知世 11/04/08 PM10
248903 大災害と原発事故が日本で起こった必定 阿部佳容子 11/04/07 AM03
248699 収束への長い道のり、これから東電どうする?どうなる? リンゴヨーグルト 11/04/04 PM10
248658 復興案 提言その1 物資輸送よりも安全地域への移送を 川井孝浩 11/04/04 PM00
248607 上関原発海岸工事 妨害なら1人70万円支払いを 時代に逆行する判決!? 志水誠 11/04/03 PM07
248596 あるツイッターのつぶやき 志水誠 11/04/03 PM02
248562 東京電力と利害関係者@〜東京電力とマスコミの癒着 猛獣王S 11/04/03 AM00
248561 ”原発利権村”の崩壊 匿名希望 11/04/03 AM00

  [戻る]  


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp