暴走する悪徳エリートの所業
247385 「想定外だった」としか言うことができない“無能”学者
 
麻丘東出 ( 50 環境コンサルタント ) 11/03/18 AM08 【印刷用へ
テレビに映し出される政治家・電力関係会社に加え学者は、今回の地震・津波が「想定外だった」とオウム返しのように述べる。
その根拠が(ころころと数値が変わった)マグニチュード9.0。

>2011年3月11日(金)14:46に東日本太平洋沖で発生した巨大地震は、気象庁によって、「平成23年東北地方太平洋沖地震」と命名されたが、現在新聞等では東日本大震災と表記されている。地震の規模をあらわすマグニチュードは当初7.9とされていたが、当日午後4時の段階では、8.4に、さらに午後5時半ごろ8.8に変更された。その後、13日には、海外約40地点での地震波の観測データを詳しく解析し再計算した結果、9.0となった。これは「1900年以降では60年にチリでM9.5を記録した地震などに次ぐ、世界で4番目の超巨大地震。」(東京新聞2011.3.14)>

しかし、いくら超巨大とはいえ世界で4番目で経験があるのだ。
また、下記のデーターを見ると、本当に“想定外”が言い訳として通用するのだろうか。

テレビに出て「想定外だった」をオウム返しのように述べる学者は、これまで何も追求してこなく“無能”であることを曝け出している。


■明治以降に起きた国内外の主な津波被害

>名称 年月日 マグニチュード 特徴

○明治三陸地震 1896年6月15日 8.25 本州で過去最大の38.2メートルの津波。死者約2万2000人

○関東大震災
1923年9月1日 7.9 熱海で最大12メートルの津波

○昭和三陸地震
1933年3月3日 8.1 最大28.7メートルの津波が太平洋岸を襲い、死者・不明3064人

○東南海地震
1944年12月7日 7.9 熊野灘などで6〜8メートルの津波。死者・不明1223人

○南海地震
1946年12月21日 8.0 静岡県から九州の海岸で最大6メートルの津波。死者1330人

○チリ地震
1960年5月23日 9.5 24日未明から津波が日本各地に到達。高さ最大6メートルに達し、国内の死者・不明142人、家屋1500軒以上が全壊

○日本海中部地震
1983年5月26日 7.7 秋田、青森など全国で死者104人。うち100人が津波で亡くなった

○北海道南西沖地震
1993年7月12日 7.8 地震発生直後に北海道奥尻島で最大約10メートルの津波。死者202人

○パプアニューギニア地震
1998年7月17日 7.1 推定最大15メートルとみられる津波が発生。死者約2700人

○十勝沖地震
2003年9月26日 8.0 北海道、本州の太平洋岸で最大約4メートルの津波を観測

○インド洋大津波
2004年12月26日 8.8 スマトラ沖地震に伴う大津波でインド洋、アフリカ東海岸まで12カ国で死者・行方不明者28万人以上に

○ジャワ島沖地震
2006年7月17日 7.2 最大約7メートルの津波。インドネシアで死者約700人

(注)マグニチュード以外は毎日新聞(2011.3.12)による。bによれば、ここで取り上げた以外に9.0以上の地震としてロシア・カムチャッカ地震(M9.0、1952.11.4)、米アラスカ地震(M9.2、1964.3.27)がある。阪神・淡路大震災はM7.3。
「東北地方の太平洋沖では、869年(平安時代)にM8.3と推定される「貞観地震」が起きた。記録によると、津波で千人以上が死亡。震源のはっきりした場所は分からないが、津波で陸地に押し上げられた堆積物が宮城県から福島県にかけて確認された。」(東京新聞2011.3.14)
(資料)以下による

 a 理科年表(平成23年)「日本付近のおもな被害地震年代表」:国内の地震
 b 理科年表(平成23年)「世界のおもな大地震・被害地震年代表」:海外で発生した地震
 c 理科年表(平成20年)「世界のおもな地震(2006年)」同所同日5回のうち最大の第1回目:ジャワ島沖地震同日5回のうち最大の第1回目

(2011年3月14日収録、3月15日コメント改訂)


引用は、「社会実情データー図録リンク」より
 
 
  この記事は 247353 に対する返信です。
 この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_247385

 この記事に対する返信とトラックバック
314299 「想定外」、今回は「予測できない」、気象庁は『無能』 花山薫 16/04/19 AM11
252479 明治時代の「貞観地震」「貞観津波」の研究者〜過去の自然災害を検証し、その成果を今日の減災、将来の防災に役立てる、という視座 佐藤英幸 11/06/04 AM00
「日本人は何を学ぶべきか〜近代社会の騙しの構造」〜第10話:役に立たない学者達 「日本を守るのに右も左もない」 11/04/02 PM08
248281 全て想定されていた。〜ついに出始めたマスコミの暴露記事 田野健 11/03/30 AM10
248142 自己否定できないエリート、無能エリートを隠蔽する“村”社会 井上宏 11/03/28 PM08
247799 科学主義は科学ではない。科学がいかに無力なものであるか? チーズカレー 11/03/23 PM07
247576 今回の地震は、想定内! 「想定外だった」としか言うことができない“無能・御用”学者 たっぴ 11/03/20 PM04
247397 あり得る最大規模の原発災害の説明が緊急の課題 猛獣王S 11/03/18 PM02
247394 福島原発での放射能拡散の正確な経緯と分析 Silentservice 11/03/18 PM01

  [戻る]  


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、42年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp