実現論を塗り重ねてゆく
241442 チベット系遊牧民=古代羌族の東進が、中国の母系から父系への転換をもたらした。
 
山澤貴志 ( 45 ITコンサル ) 10/11/29 PM05 【印刷用へ
半坡(はんぱい)遺跡は仰韶(ぎようしよう)文化期に形成された母系農耕部族の遺跡だが、環濠集落を形成している。その背景には、西方チベット系遊牧民である古代羌族(きょうぞく)の東進圧力があったようだ。

リンク

>古代羌族(きょうぞく)は、陜西省から寧夏回族自治区(ねいかかいぞくじちく)にいた遊牧民族で、白狼を崇拝し、自らを白狼の子孫一族としています。羌族との民族的関係は、定かではありませんが、北方系の犬戎(けんじゅう)や古代匈奴のトーテムは、犬であり、後には、高車、鮮卑、突厥、契丹等も犬を、トーテムとして崇拝します。何か民族的な、つながりか交流が感じ取れます。

>羌族はチベット系民族ですが、その呼称文字の「羊」から知られるように、西アジア地域の遊牧民族で、やがて、中国西部に広く勢力を伸ばしてきます。三皇五帝以前より、度々中原に進出し、葛藤と同化を繰り返します。やがて同化し、漢民族とし漢水の上流にいる羌族を南羌族、青海周辺に居る羌族を西羌族と呼ばれます。南羌族は周王朝建国の功労者「太公望」の故国であり、後に漢民族の大姓となります。

>古代東北民族・匈奴は、B.C.9世紀からB.C.8世紀頃、中華の人から「厳允(けんいん)」と呼ばれていますが、その前には「北戎(ほくじゅう)」、あるいは「胡人」と呼ばれていました。歴史の黎明期、中原の漢民族は、胡人が当時の中国辺境、すなわち山西省北部と河北省北部の遊牧民族だと思っていました。北戎(ほくじゅう)は「北方の戎(じゅう)」、現在の北京市西部と西北部に分布して暮らしていた胡人でした。

>なぜ集落周辺に、大規模な環濠を設置するのかの理由の一つが、羌族や北戎の存在でした。後代、中国中原を支配する王朝総てが、その勢力の侵攻に悩ませされ、政権の維持に危殆が生じます。 有史以前であっても、中国のみならず、ユーラシア大陸の文明地帯において、周辺遊牧民族の存在は、外敵として、かなりの脅威でした。

>生産力で、定住民に劣る遊牧民が、農村集落を襲撃して略奪し、中には征服して定住化するものもいました。 遊牧民の侵攻以外にも、周辺集落相互の水争いも含む農業好適地を巡る紛糾と、富や人間の略奪を目的とした争闘もありました。人類は古くより集落を築いていましたが、新石器時代以降、その規模は飛躍的に発展し、ユーラシア大陸の文明地帯、東西でよく似た発展過程をたどっています。初期には、生産力が低かったため、略奪等は稀でした。また人口が少ないため農地や水争いもあまり生じなかった、それで囲壁や環濠のような防御施設がないか、あっても貧弱でした。生産力が向上して、富が集積されると略奪行為が増え、また人口も増加すると、集落規模の拡大に伴って、更なる農地の獲得争闘が、熾烈化します。古代の農具や開拓用具と技術は、未熟でしたから、水利も含めての農業好適地は、後世と比較して、著しく限定的でした。生存を賭けて、必然的に集落間の闘争が、頻繁に起きることになります。日本の縄文集落にはない、環濠と囲壁は、上記事情で、その防御施設をより強化させていきます。半坡遺址の周囲を幅6〜8m、深さ5〜6mの大規模な防御濠で囲む集落が、各地で建造されていきます。

最初に西方からチベット経由で西アジア発のヒツジ遊牧民が、続いて、匈奴系の遊牧民が北方から侵入し、中国の父系転換が進んでいったようです。

特に、古代羌族は炎帝神農氏を生み、中国初代の王朝・夏を築いた禹を世に送り出した。歴史上に名高い周の武王、秦の始皇帝も羌族と密接なかかわりを持っているとされており、注目すべき一族である。
 
リンク

リンク
 
 
  この記事は 241196 に対する返信です。
 この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_241442

 この記事に対する返信とトラックバック
251643 チベット人は南方発の森の民 田野健 11/05/19 PM03
245023 チベット系の羌族の歴史 山澤貴志 11/02/02 AM00

  [戻る]  


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
超国家・超市場論1 新しいまつり場は、国家と市場を超えられるか?
超国家・超市場論2 闘争(能力)適応 と 共生(取引)適応
超国家・超市場論3 置かれた環境を貫く 闘争圧力を把握せよ
超国家・超市場論4 同類闘争の圧力と共認統合の限界
超国家・超市場論5 私権闘争・掠奪闘争をどう止揚・統合するのか?
超国家・超市場論6 生存圧力に基づく同類闘争から、同類圧力に基づく同類闘争=認識競争へ
超国家・超市場論7 私権闘争を統合した 力の序列共認
超国家・超市場論8 国家(力の序列共認)と その統合限界
超国家・超市場論9 私権闘争の抜け道が、交換取引の場=市場である
超国家・超市場論10 何をするにもお金がかかる社会
超国家・超市場論11 市場は社会を統合する機能を持たない
超国家・超市場論12 市場の拡大限界は、国家の統合限界でもある
超国家・超市場論13 人類の新たな活力源=圧力源
超国家・超市場論14 外向収束⇒認識収束に応える『認識形成の場』
超国家・超市場論15 『認識形成の場』こそ、新しい社会統合機構の中核である
超国家・超市場論16 ゼロから、自分たちの『場』を作る活動
超国家・超市場論17 新しい社会統合機構が、国家機関を吸収・解体する
超国家・超市場論18 認識形成の『場』を構築することこそ、真の社会活動である
超国家・超市場論19 もう、傍観者=インテリ統合階級は、要らない
超国家・超市場論20 認識形成は遊びではない、生産活動である。
超国家・超市場論21 『認識形成の場』が、なぜ有料化されるべきなのか?
超国家・超市場論22 お金は、現実の必要度を測るモノサシ
超国家・超市場論23 『必要か、必要でないか』という真っ当な判断の土俵が出来てゆく
超国家・超市場論24 必要か否かの『判断の土俵』が、国家と市場を呑み込み、解体し、再統合してゆく
超国家・超市場論28 新しい可能性が顕在化するとは、どういうことか?
超国家・超市場論29 新しい『場』は、古い評価指標の洗礼を受けて、はじめて顕在化する
超国家・超市場論30 実現の論理
判断の土俵と解体・再統合 大学の例
判断の土俵とは、人々の潜在思念が作り出した共認圧力の場
『必要か否か』が環境問題に対する基底的な答えになる
社会統合組織の史的総括 国家と教団
社会統合組織の史的総括 市場と演場
大衆の期待の変化に応じて統合力も変わってゆく
マイナス原因構造とプラス実現構造という両輪
支配階級の私有権は絶対不可侵だが、庶民の私有権は剥奪され得る

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp