心の本体=共認機能の形成過程
237145 ヘヤーインディアンの社会に学ぶ「同化教育」
 
西谷文宏 ( 33 建築設計 ) 10/09/01 PM09 【印刷用へ
ヘヤーインディアンの社会では、「教える」「教えられる」と言う意識が全くない。それどころか、「だれだれから教えてもらう、習う」と言う言葉がヘヤー語=観念体系として存在していない。よって、「師弟関係」も存在しない。

ヘヤー文化の基盤には「人間が人間に対して、指示・命令できるものではない」という大前提が横たわっており、人間に対して指示を与えることの出来るものは、守護霊(=精霊信仰における精霊観念)だけであると考えられている。この為、「教えよう」「教えられよう」とする意識や観念体系が存在していないのだと考えられる。

ヘヤーの社会において、物事は人の行動を注意深く観察し、同化することで自然と身につくことであると考えられている。例えば、自分のまわりにいる友人や従兄弟や兄弟達の猟の仕方、皮のなめし方、火のつけ方、まきの割り方などをじっくり観察することで、男の子は猟の仕方を、女の子は皮のなめし方などを身につける。その同化能力は非常に高く、「子どもの文化人類学」の著者、原ひろ子女史によれば、自身が作った料理を、次の日にはヘヤーインディアンの女性が全く同じように配膳してあり、大変驚いたと言う。

更に着目すべきは、同化に対する不可能視の無さにある。
ヘヤー社会では、「誰かが出来ていることは、自らにも必ず出来る」と言う意識が存在している。その為、(誰かを真似て)初めての行動を行う際にも「不可能視」が介在し得ない。
原ひろ子女史は、ヘヤー社会で1962年にフィールドワークを行っているが、その際、厳しい冬を乗り越えられるか不安になり、雪の上を移動する「かんじき」の使い方を身につけるべく、夏〜秋の間に皆に教えてもらえるようにお願いした。
しかし、皆、口を揃えて「こんなことは、冬が来て、雪が降って、はいてみればわかる。そして歩けばわかる」と言うのみで、誰も教えてくれなかったらしい。(その後、原ひろ子女史は必至で皆のかんじきの使い方を観察し、身につけることになった)
ヘヤーインディアンには同化に対する不可能視が無いからこそ、誰かが出来ていることに対しては、(己も)「やれば解る」「やれば出来る」となる様である。

考えてみれば、ヘヤー社会で無くても、子どもは「万能観」の固まりで、「不可能視」と言うものがない。自身の子どもを見ていても、(無謀にも)いろんなことを「(自分も)やってみる」と、大人のやることを真似てどんんどんチャレンジしていく。
本来的に「同化」には「不可能視」など介在しえず、「同化するだけ」「やってみるだけ」と言うのが本質なのかもしれない。(当然同化過程における試行錯誤はあるが、それは「不可能視」ではなく、必ず出来ると思っているからこその試行錯誤と言えるだろう)

一方で、「教える」「教えてもらう」と言う意識の根っこには、本質的に「不可能視」が存在しているのではないかと感じる。相手が”出来ない”ことを前提としているからこそ、「教える」必要があり、同時に自分は”出来ない”ことを前提としているからこそ「教えてもらう」必要がある。
「教える」「教えてもらう」と言う教育観を前提とした時点で、「不可能視」が介在し、あらゆる可能性に蓋をすると言っても過言ではないかもしれない。

ヘヤーに限らず共同体社会において広く見られる”同化教育”においては「不可能視」が生じ得ないが、「教える」「教えてもらう」ことを前提とした近代教育制度の下では、子どものころから「不可能視」が刻まれる。
当然、そのような「不可能視」は外圧に対する突破力に対して大きな影響を与える。
このように考えてくると、「教える」「教えてもらう」を前提とした近代教育制度は、致命的な欠陥を孕んでいるように感じる。
 
 
  この記事は 236770 に対する返信です。
 この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_237145

 この記事に対する返信とトラックバック
353083 教育からの「不可能視」→赤ん坊に戻って一体の充足を求める☆ 女の職場話 20/01/23 PM09
真似するときは余計なことは出てこない☆ 「女の職場話」 14/01/19 PM10
280750 自考力を育てる⇒自らの自考力が試される 矢ヶ崎裕 13/09/11 PM01
262744 「個性」や「キャラ」に逃げ込んでいませんか?〜成長の妨げる大きな壁〜 竹村誠一 12/04/04 PM10
262101 学びの根本は人にあり、みんなが学び合える共同体の構築へ 三浦弘之 12/03/11 PM03
255655 仕事も、“教える・教えられる”を超えると、うまくいく☆ カ−リ− 11/08/16 PM11
255497 同化=追求して真似て深めること☆+゜ 思い込みを捨てれば誰にだってできる! 春風 11/08/13 PM00
255431 遊びの中で学んでいる子供たち♪ 〜真似るは学びの原点〜 ふぇりちゃん 11/08/11 PM08
255020 本来的には「同化するだけ」☆ マリー 11/08/02 AM10
253276 日本の『昔の国語教育』 斎藤幸雄 11/06/20 AM08
239704 無心になれれば同化できる 匿名希望 10/10/21 PM07
「自然体験学習教室2010」 第8回 〜稲刈りをしよう! ☆みんなで植えた稲を刈り取ろう!☆〜 「類塾★自然体験学習教室の広場★」 10/10/13 PM05
ヘヤーインディアンの社会に学ぶ「同化教育」 「共同体社会と人類婚姻史」 10/10/09 PM02
239074 現代人は「同化」能力取得の機会が激減?! 猪飼野 10/10/08 AM00
239072 「同化教育」に対し、「観念教育」とは「洗脳教育である 戌年 10/10/08 AM00
239004 無機質な教育 ヨネ 10/10/06 PM06
238988 師は「知識供給者」ではなく同化対象 山田孝治 10/10/06 AM11
こどもは「万能観」の固まり 「感謝の心を育むには」 10/09/24 PM10
237979 体験教室で実感☆ 長井雅貴 10/09/16 PM10
「本格追求シリーズ3 共同体社会に学ぶ子育て」13 江戸時代の家族形態と子育て意識の変化 「共同体社会と人類婚姻史」 10/09/12 AM00
237530 人は、『場』に同化する。 西田美和 10/09/08 PM01
237464 子供の「万能感」を潰してしまう現代教育 ば〜ちぃ♪ 10/09/07 AM08
ヘヤーインディアンの社会に学ぶ「同化教育」 「感謝の心を育むには」 10/09/05 AM05
幼児虐待が起こるのはなんで?(1)そもそも虐待って何? 「感謝の心を育むには」 10/09/03 AM02
237242 幼き頃の体験☆ ryohta 10/09/03 AM02
「本格追求シリーズ3 共同体社会に学ぶ子育て」12 「教育」=「教える⇔教えられる」とはどういうことか? 「共同体社会と人類婚姻史」 10/09/01 PM10

  [戻る]  


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp