アメリカ:闇の支配構造と略奪戦争
236239 ’10年夏なんで屋劇場ノート6〜ドル・米国債暴落の引き金は引かれるのか?
 
山澤貴志 ( 45 ITコンサル ) 10/08/15 PM07 【印刷用へ
●ドル・米国債暴落の引き金は引かれるのか?

以上の過去40年間の分析及び直近の情勢分析を踏まえた上で、ドル・米国債暴落の引き金は引かれるのか?について再考してみる。

ロックフェラーの劣勢、欧州勢とロスチャイルド連合の優勢という状況分析に間違いがなければ、現在のバクチの資金量は圧倒的に欧州勢とロスチャイルド連合が凌駕しており、ロスチャイルドが主導権を握るFRB自身が暴落を仕掛ける、という見方が強まる。実際、リーマンショック後の欧州危機は金融規制の世論となってブーメランのようにアメリカを襲いながら、何故かFRBの権限強化という流れが強まっている。このことは、欧州と結託したロスチャイルド=FRBによって、アメリカを生かすも殺すもFRB次第という、権力基盤が確立しつつあることを意味する。おそらく、この金融権力を利用して、デビッド・ロックフェラー系の銀行を壊滅させ、アメリカ全体を支配下におこうとする腹であろう。

逆に、バクチの資金量に決定的な差があるのなら、今すぐにでも引き金を引けるはずで、そうすると、今は引けない理由が他にあることになる。現在、ドル暴落を阻んでいる要素があるとすれば、@ドルが原油と連動しているため、ドルの暴落は石油の暴騰となることが世界経済の混乱要因として認識されていることA中国元がドルペッグされているため、ドルの暴落が中国経済に与える影響が大きすぎるため、中国による買い支えが働いていることB属国である日本による買い支えが働いていることC石油に限らず、ドル暴落は、ペーパーマネーへの不信に直結することから、資源買いを誘発し、食糧etcの暴騰を招くことからドル暴落回避圧力が働くこと・・・といったことが挙げられる。

他方、ドル暴落のメリットは@前述したようにロックフェラー系銀行の乗っ取り=アメリカ経済におけるロスチャイルド覇権の確立、の他Aドルが半値になれば即ち、借金も半分にできる=借金踏み倒しB同時に緊急事態と称して、海外から放出された米国債をFRBが買い取ることで、米債を塩漬けにし、米国債の安定化を図ることが出来る。C一時的な貿易停止状態になるため倒産企業が続発するが、それに乗じて、銀行だけでなく産業界全体を乗っ取ることもできる・・・といったことが挙げられる。

●ロスチャイルド→オバマ政権は核戦争によるアメリカの自滅を最大限警戒している

これらを踏まえると、ドル・米国債の引き金を引くことはさほど難しくはなく、むしろメリットの方が大きい。最大の問題は、倒産、失業率の上昇、加えてインフレ、という状況にあって、国内の暴動からアメリカの国家崩壊の危機がありうる、という点であろう。

同様に世界レベルでみれば、劣勢に陥ったロックフェラー勢力の暴走により、中東あるいは極東において核爆弾のスイッチが押されかねない、という点も、見逃せない危機である。もしそのような狂気の一手が使われれば、アメリカの世界的信用は失墜し、ロスチャイルド戦略にも大きな狂いが生じる。従ってオバマ政権は核を含む軍縮に真剣に取り組んでいるのであり、ロスチャイルド→オバマ政権は核戦争による、アメリカの自滅を最大限警戒している。

言い換えるならば、現時点ではロスチャイルド→オバマ政権は、軍・CIAを指揮下に置くことに成功していないということである。しかし他方で、アフガンや日本の普天間問題における、沈滞・譲歩という情勢もある。これは、デビッドをなだめる為の飴玉として、アフガンや普天間問題が使われているということを意味する。おそらく、核で脅しをかけるデビッドをなだめるのに(あるいは、軍・CIAの主導権を握るのに)予想外に手間取っているのであろう。

しかしながら、日本において、民・自連立(exマイケルグリーンと小沢が手打ちした)が騒がれているように、アメリカにおいても、ロスチャイルド→オバマ政権による軍・CIAの主導権の確立に向けた工作が進められていることは間違いない。おそらく死期が近いとされる、デビッドロックフェラーの容態の変化などもあいまって、2〜3年後には、日米共に本格的なロスチャイルド政権の確立となることだろう。

そして、その時こそドル暴落の引き金が引かれる時である。
 
 
  この記事は 236220 に対する返信です。
 この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_236239

 この記事に対する返信とトラックバック
239739 草の根共認を作っていく機会がドル暴落とともに訪れる コールスロー 10/10/22 PM03
239403 トリガーの引き方は? 匿名希望 10/10/15 PM06
239075 疑問 匿名希望 10/10/08 AM01
学生でもわかる『闇の支配勢力の抗争史』〜第一話〜イントロダクション 「日本を守るのに右も左もない」 10/08/27 PM04
236819 感想 タカダ 10/08/26 PM10
236777 デビッドは既にロスチャイルドに投降した? 小西良明 10/08/25 PM08
236772 平和記念式典に参加する真意とは? 竹田翔 10/08/25 PM05
236644 ロックフェラー家の世代交代で左右される日本の政局(1) 西村真治 10/08/22 PM10
8/10なんでや劇場レポート(3) ロスチャイルド・FRB自身がドル・米国債暴落の引き金を引く 「金貸しは、国家を相手に金を貸す」 10/08/22 PM05
236536 英国ロスチャイルド、ローマ法王庁、創価学会が連携し「小沢一郎救済」活動を開始、代表選出馬決意か? 猛獣王S 10/08/21 AM00
8/10なんでや劇場レポート(3) ドル・米国債暴落の引き金は引かれるのか? 「日本を守るのに右も左もない」 10/08/18 PM11
236411 ドルが暴落してもFRBが困ることはない Taxis 10/08/18 PM06
236240 ’10年夏なんで屋劇場ノート7〜本格的なロスチャイルド政権の確立で日本はどうなるのか? 山澤貴志 10/08/15 PM07

  [戻る]  


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、42年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp