日本を守るのに、右も左もない
236158 日本の国債はどうなるのか?(3) 国家財政を市場が監視する構造
 
小暮 勇午 ( 32 路上人 ) 10/08/13 PM08 【印刷用へ
1995年以降、世界的にマネー経済が急拡大する中で、様々な金融商品が開発されては消えていった。全世界的にマネー経済の規模が拡大する中で、「今はまだ価値が顕在化していない商品を買って、高値になったときに売る」という手法のウラで、「今はまだリスクが顕在化していない商品を買って、売り抜ける」という手法が広がっていった。リスク隠蔽型の金融商品である。バブルは必ず崩壊するが(227714)、サブプライムローン関連証券のようなリスク隠蔽型の金融商品の場合は、リスクを他人に押し付けていることになる。押し付けられ、たらい回しにされていったリスクは、バブルが崩壊し連鎖金融危機が顕在化した途端に、政府がその穴埋めに奔走することになる。世界を駆け巡ったリスクは、最後は政府の発行する国債に蓄積して行っているのだ。

金融市場が自らの儲けの為に作り出したリスクの隠蔽を、最終的には政府が国債を発行することで引き受けているのだが、国債に回されたリスクの評価もまた金融市場が行っていることになる。「どこの国家を破産させるか」もまた金融市場が決めているのだ。およそ社会を統合することなど出来ない市場が、国家の命運を決定する立場に立っている。

「日本国債は、暴落するのか?」を巡っては、「暴落の可能性は無い。もっと発行するべきだ」という識者もいれば、「暴落の可能性はある。抜本的な手を打つべきだ」という識者もいる。(消費税5%UPに何の意味も無いことについては、共通している)
日本国債という問題について、これだけ議論が分かれるのも、「市場がどう出てくるか」については、何とも言えないからだ。

今や国家の財政運営は、国民の共認ではなく、市場に委ねられている。そうなるのも、流通する紙幣は中央銀行が国家の債務を元にして刷っているからだ。政府債務の信用と、その国の紙幣の信用は完全に連動している。
国債が置かれているこの不安定な状況は、国家財政が市場の支配の下にあることを示しており、これら全体の構造は(負債からマネーを生み出す)中央銀行制度が作り出している。つまり、国債問題とは、中央銀行制度をどうするかという問題と表裏一体の問題であって、制度的な解決無しには国債問題に答えは出ないのである。
 
 
  この記事は 236156 に対する返信です。
 この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_236158

 この記事に対する返信とトラックバック
【世論観測】「日本国債格下げ」をどう捉えるか? 「路上で世直し なんで屋【関西】」 11/02/10 PM11
「国の借金が800兆円になったのは何で?」最終回〜国の借金どうする?〜 「金貸しは、国家を相手に金を貸す」 10/11/21 AM11
「国の借金が800兆円になったのは何で?」7〜市場に支配される国家〜 「金貸しは、国家を相手に金を貸す」 10/11/13 PM09
国の借金900兆円どうなる!?〜番外編「Q&A」集〜 「日本を守るのに右も左もない」 10/08/20 PM05
236190 「中央銀行制度」の続く限り国家は永久に借金を返せない 猛獣王S 10/08/14 PM00

  [戻る]  


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
素人の社会活動19 素人と創造
素人の社会活動26 創造の資質
素人の社会活動27 実感投稿と現象発掘が会議室の生命
素人の社会活動28 現実を対象化する=思考する
素人の社会活動29 私権時代の歪んだ思考(主張・説得・議論)
素人の社会活動30 現実を対象化する思考=事実認識
素人の社会活動33 投稿様式の模索
素人の社会活動34 創造(=探求)のパラダイム転換
素人の社会活動35 素人こそ創造者(論点の整理)
素人の社会活動36 探求思考と説明思考⇒表出(会議と投稿)のパラダイム転換
素人の社会活動37 表出規範(or思考規範・表現規範)
共認革命6 チンケな運動(要求運動の終焉)
共認革命7 錯誤の根は、古い武力闘争のパラダイムにある
共認革命8 運動信仰を捨てて、共認革命を
共認革命9 強制共認と発信階級の犯罪
共認革命10 新しいまつりの場、それがネットであり、統合サイトである
共認革命11 皆が次々と投稿するだけで、まつりの引力が生み出される
現実否定の自己欺瞞
社会運動の自己欺瞞
「現実=自分自身」は事実認識(構造論)の核心部
「まず実践」の問題性
市民という言葉の欺瞞
判断の土俵とは、人々の潜在思念が作り出した共認圧力の場
旧観念と新しい概念装置の決定的違い
「旧観念無用」という認識が生み出す気付きの深さ
頭で理解しただけでは、新理論は使いこなせない
潜在思念発の大きな方向と大きな構成
外向収束⇒認識収束に応える『認識形成の場』
『認識形成の場』こそ、新しい社会統合機構の中核である
ゼロから、自分たちの『場』を作る活動
認識形成の『場』を構築することこそ、真の社会活動である
『必要か、必要でないか』という真っ当な判断の土俵が出来てゆく
必要か否かの『判断の土俵』が、国家と市場を呑み込み、解体し、再統合してゆく
新しい可能性が顕在化するとは、どういうことか?
新しい『場』は、古い評価指標の洗礼を受けて、はじめて顕在化する
大衆の期待の変化に応じて統合力も変わってゆく
大衆には、運動を立ち上げる余力が無い→余力を与えられた悪徳エリートが支配する社会
金貸し勢力の弱点と自滅の構造
金貸しと悪徳エリートに止めを刺すのは?

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp