アメリカ:闇の支配構造と略奪戦争
220209 米国の圧力によって偽造された石油埋蔵量データを公開している国際エネルギー機関(IEA)
 
猛獣王S ( 30代 営業 ) 09/11/21 PM00 【印刷用へ
『アメリカの圧力により、偽造された石油埋蔵量データを公開していたIEA。米国ニュース』(ロスト ワールド)リンクより転載します。
----------------------------------------------------------------
石油埋蔵量は、アメリカ合衆国によって偽造されたデータを公開している。というレポート
リンク

驚くべき意外な事実では、国際エネルギー機関(IEA)と関連した高官(匿名)は、世界的な石油備蓄に関する真実のデータが、米国の圧力の下で捻じ曲げられたと主張しました。当局者(匿名)は、最初の予想(IEAデータ)が、米国でパニック購入(投機)を誘発するのを恐れたので、(オイルショック)実はIEAが石油の迫っている不足を絶えず控えめに表現していたことを明らかにしました。ある意味、エネルギー監視者は既存の石油埋蔵量の低下率について国の指導により誤って、故意に、より多くの蓄えを見つける可能性を予測した。つまりは米国の下でIEAによって偽造されたデータ予測の影響により、世界中の石油備蓄が非常に速いスピードで減少していることを示唆します。

また、データを基準に各国と大手石油会社がビジネス戦略を案出する際に、石油の需要と供給に関する世界経済見通しの合法性について、IEAから公開された方針が、実質のデータと関連づけた、今後の昇給が合わないという意外な事実もあります。World Economic展望のエネルギー監視者は、判断される生産量が105mバレルであるとし。実質の83mバレルのレベルから上げてくると予測しました。

IEA報告も、世界が石油生産においてピークを成し遂げていないことを示唆しました。2005年の監視者は、石油供給が2030年までに1日、120mバレルまで上がると予測しました。ですが昨年は105mバレルと予測し今だ達していない。徐々に2030年までの予測を116mバレルに降ろすことを強制されたと。この意外な事実から、IEAの予測を立証する具体的な証拠があるかどうかという疑いが沸いてきす。IEAによって提起されるピークの油論を参照して、批評家は現在、世界が石油生産においてそのピークをすでに凌いだと言います。そして今後は、石油供給量が更新されるというどんな可能性も厳しいと言います。更に批評家は、新しい蓄えを見つけることは言うまでもなく、石油供給の日:90m〜95mバレルにさえ維持することが今日のシナリオで不可能であると主張します。

さらに、本当の数字が明らかにされるならば、金融市場でパニックを誘発し、米国経済を終焉に追い込むという懸念が米国にはあります。そして、今までの石油覇権も終わり、石油資源への簡単なアクセス(ドル基軸体制取引)も終りにします。英国の石油地質学者コーリン・キャンベルが、2004年のフランス会議で発言した「本当の(石油備蓄)数字が公開されることになれば、パニックが株式市場を襲うでしょう…結局は、それは誰にとっても好都合でありません。」とすでに提言しています。

 〜後略〜
----------------------------------------------------------------
 
 
  この記事は 214642 に対する返信です。
 この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_220209

 この記事に対する返信とトラックバック
220248 エネルギー業界の深層〜原油価格決定のメカニズムにはロックフェラーの巧妙なトリックが存在する 猛獣王S 09/11/21 PM09

  [戻る]  


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
超国家・超市場論1 新しいまつり場は、国家と市場を超えられるか?
超国家・超市場論2 闘争(能力)適応 と 共生(取引)適応
超国家・超市場論3 置かれた環境を貫く 闘争圧力を把握せよ
超国家・超市場論4 同類闘争の圧力と共認統合の限界
超国家・超市場論5 私権闘争・掠奪闘争をどう止揚・統合するのか?
超国家・超市場論6 生存圧力に基づく同類闘争から、同類圧力に基づく同類闘争=認識競争へ
超国家・超市場論7 私権闘争を統合した 力の序列共認
超国家・超市場論8 国家(力の序列共認)と その統合限界
超国家・超市場論9 私権闘争の抜け道が、交換取引の場=市場である
超国家・超市場論10 何をするにもお金がかかる社会
超国家・超市場論11 市場は社会を統合する機能を持たない
超国家・超市場論12 市場の拡大限界は、国家の統合限界でもある
超国家・超市場論13 人類の新たな活力源=圧力源
超国家・超市場論14 外向収束⇒認識収束に応える『認識形成の場』
超国家・超市場論15 『認識形成の場』こそ、新しい社会統合機構の中核である
超国家・超市場論16 ゼロから、自分たちの『場』を作る活動
超国家・超市場論17 新しい社会統合機構が、国家機関を吸収・解体する
超国家・超市場論18 認識形成の『場』を構築することこそ、真の社会活動である
超国家・超市場論19 もう、傍観者=インテリ統合階級は、要らない
超国家・超市場論20 認識形成は遊びではない、生産活動である。
超国家・超市場論21 『認識形成の場』が、なぜ有料化されるべきなのか?
超国家・超市場論22 お金は、現実の必要度を測るモノサシ
超国家・超市場論23 『必要か、必要でないか』という真っ当な判断の土俵が出来てゆく
超国家・超市場論24 必要か否かの『判断の土俵』が、国家と市場を呑み込み、解体し、再統合してゆく
超国家・超市場論28 新しい可能性が顕在化するとは、どういうことか?
超国家・超市場論29 新しい『場』は、古い評価指標の洗礼を受けて、はじめて顕在化する
超国家・超市場論30 実現の論理
判断の土俵と解体・再統合 大学の例
判断の土俵とは、人々の潜在思念が作り出した共認圧力の場
『必要か否か』が環境問題に対する基底的な答えになる
社会統合組織の史的総括 国家と教団
社会統合組織の史的総括 市場と演場
大衆の期待の変化に応じて統合力も変わってゆく
マイナス原因構造とプラス実現構造という両輪
支配階級の私有権は絶対不可侵だが、庶民の私有権は剥奪され得る

『るいネット』は、45年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp