試験・身分制度の根深い害
219443 幼少期の遊びは、胎児期に次ぐ“生命進化”の追体験
 
福田尚正 ( 35 SE ) 09/11/11 PM08 【印刷用へ
子どもは、現実社会の制約(受験制度など)を受けず、主体的な遊びを通して、工夫思考(本能⇒共認)を発達させていく可能性を持っていますが、その育成過程を考えたとき、それは『人類のDNAに残されている、魚類から両生類、鳥類、は虫類、原始ほ乳類から猿、人への進化の課程の記憶と結びついている』という壮大な仮説を見つけ、面白いと思いました。

リンク『動物進化を追体験する子どもの遊び』雛元昌弘氏(2002.4.30)より、以下引用します。

1.子どもはなぜ遊ぶか

 「子どもはなぜ遊ぶか」についての従来の学説は、「剰余エネルギー説」「気晴らし説」「本能説」「大人への準備説」「人類の進化の反復説」「般化説」「代償説」「浄化説」精神分析説」「発達説」「学習説」(M・J・エリス『人間はなぜ遊ぶか』、山田敏『遊びと教育』)などです。これらの説は、1つ1つはなるほど、と思うものの、何か、説明しきれていないものがあることを感じていました。

2.幼児期から児童期の子どもの遊びは、動物進化の追体験

 これに対して、私の仮説は、「幼児期から児童期(特に、低学年期)の子どもの遊びは、人間の成長に必要な、動物進化を追体験する本能である」というものです。
 この説は、「なぜ子どもは木登りが好きなのか」という考察から始まり、子どもの行動を観察した結果に基づく遊びの分類からたどりついたもので、それを、人類のDNAに残されている、魚類から両生類、鳥類、は虫類、原始ほ乳類から猿、人への進化の課程の記憶と結びつけた仮説です。これまでの遊びの学説との違いは、「人類進化の歴史の反復説」を、魚類や両生類、鳥類、は虫類、原始ほ乳類などにまで遡らせたものです。

(中略)

9.進化の歴史をたどる

 人のDNAのうち、95%は人の遺伝子としては使われておらず、残りの部分には、生命誕生からの進化の情報が全て書き込まれている、といわれています。
 また、人は、母親の胎内で、わずか10か月のうちに、魚から両生類、は虫類、ほ乳類の形態の変化をたどっていると言われます。
 そう考えると、人は、知らず知らずのうちに、動物が進化してきた、人以前の生物の古い成長の歴史を刻んだDNAに導かれて、遊びでその跡をたどってきている可能性が十分にあります。それは、人の記憶や体験からは説明が不可能なことがらなのです。
なぜ、木登りがしたいのか、なぜ、砂遊びや泥遊びをしたいのか、空を飛びたいのか、人の進化のDNAからだけでは、説明しきれません。

10.人固有の遊び

 では、子どもの遊びが全て、人以前の記憶をたどっているかというと、人固有の遊びもあります。
 例えば、「おしゃべり」や「歌遊び」、「ごっこ遊び(ファンタジー、集団の役割分担)」や「ゲーム」、「火遊び」や「ままごと遊び」、「舟遊び」や「車遊び」、「玩具遊び」「道具遊び」「創作活動」「お絵描き」「楽器演奏」、「飼育や栽培」などは、人固有のものです。
 子どもにとっては、これらの、人固有の「社会体験遊び」や「生活体験遊び」、「仕事体験遊び」、「技術・文化体験遊び」が重要ですが、幼児期や児童期の肉体的・精神的な形成には、それ以前の「動物遊び」がより重要なように思います。
 木登りや泥遊び、水遊びなどは、決して低級な遊びではなく、人が発達の過程で必要とするより根源的な遊びではないでしょうか?


11.子どもの野外遊びの復権

 今、子ども達の遊ぶ時間が塾通いやテレビなどで少なくなり、特に、野外での集団遊びの機会がなくなり、なかでも、危険と思われる水遊びや木登りなどの野外遊びの経験が減少してきています。
 人が、母親の胎内の水の中で育ち、魚から両生類、は虫類、ほ乳類への形態進化をたどるように、もし、長い人類の歴史の中で、子どもが遊びを通して、魚から両生類、は虫類、ほ乳類への進化の歴史を追体験してきたとすれば、そのような遊びの機会をなんの検証もなく止めてしまう、というのは心配です。長い人の歴史の中で続けてきた子どもの遊びを、突然、危険だからと止めさせてしまう、本来、やりたい活動をできなくする、ということは、より大きな危険性があるように思います。よく考えないままに、テレビやゲームで置き換えてしまっていいのでしょうか?
 そんなことが人の成長にとっては何の心配もない、ということが証明されない限り、子どもがやりたいように環境を整備すべきです。子どもの野外遊びの環境は、昭和30年代初頭の姿に戻す必要があると考えます。
 今、例えば、意欲的な保育所や幼稚園、生涯学習、ボランティアグループなど、様々なところで、新しい試みが始まっています。また、小学校でも、総合的な学習時間を使った取り組みなども行われてきています。
 社会全体で、子どもの野外遊びの必要性を認識し、様々な「動物遊び」(人以前の記憶をたどる遊び)」の機会や安全な環境を増やす必要があると考えます。

(引用終わり)
 
 
 
 この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_219443

 この記事に対する返信とトラックバック
子どもの遊びは、動物進化の追体験ではないか? 「共同体社会と人類婚姻史」 19/10/09 PM07
295222 赤ちゃんの進化学 @胎児、進化の旅は5億年、1日は160万年以上のスパンに相当する いちどう 14/09/12 AM00
233014 単細胞から人類を結ぶ遺伝子群の存在を“遊び”から感じ取る。 今村恵 10/06/11 AM03
222803 遊びはなぜ大事か? 雪竹恭一 09/12/27 PM00
221159 追体験は本能の最基底部にある、だから遊びは必要 さとぅー 09/12/03 PM11
221068 遊びの中で脳は大きく育つ リンゴヨーグルト 09/12/02 PM09
220975 生命進化=遊び=学習課題 佐藤英幸 09/12/01 PM03
220517 間違っています。続き 土橋 09/11/25 PM08
220475 仕事で成果の出ない若い男が増えるのはなんで?遊びの重要性 くり 09/11/25 AM00
220330 無意識裡に働く諸機能を訓練する必要から遊ぶ 柳瀬尚弘 09/11/22 PM06
220286 昔遊びから「人」として必要なことを学ぶ 中村淳子 09/11/22 AM01
220200 “遊び”も集団課題なのでは? ぴのこ 09/11/21 AM07
220180 人間だけが進化の追体験をする? 佐藤晴彦 09/11/21 AM00
220108 「塗り重ね構造」とは普遍的で重要な構造 09/11/20 AM03
220081 子どもはなぜ遊ぶのか。 越智優子 09/11/19 PM09
220027 幼小期の遊びは、基礎DATAのローディング? 猪飼野 09/11/19 AM08
219989 遊びを通じて子どもたちに伝えていく環境は整っている、後は指導する側のやる気次第なのでは 山上勝義 09/11/18 PM10
219957 RE:幼少期の遊びは、胎児期に次ぐ“生命進化”の追体験 R 09/11/18 PM02
219954 人類の外圧適応は進化過程(本能)がベース ヨネ 09/11/18 PM01
219908 間違っています 土橋 09/11/17 PM09
219713 人間の高い言語能力はチンパンジーと遺伝子わずか1個の差 正国稔 09/11/15 AM10
219563 子どもは、進化記憶の鮮明な存在☆人類の生命線 佐藤英幸 09/11/13 PM03
子供の遊びの大切さ 「ブログ de なんで屋 @東京」 09/11/13 AM02
219466 チンパンジーに見る幼少期の男女の違い 小暮 勇午 09/11/12 AM01

  [戻る]  


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp