心の本体=共認機能の形成過程
218835 人は集団の中で育つ
 
西谷文宏 ( 32 建築設計 ) 09/11/03 PM03 【印刷用へ
1歳6ヶ月になる息子を見ていて最近強く感じるのは、「集団の中にいるほど成長が早い」と言うことです。
例えば、それまで全く歩けなかったのが親戚の集まる場で数日過ごす間に歩き始めた、「あーあー」などの喃語しか話せなかったのが急に語彙が増えて明確に意味をもった言葉を話し始めた、いろいろな道具を使えるようになった等です。

人間は、周囲に同化する中で成長していくので、同化対象が増えるほどに成長速度が早くなるのでしょう。周囲からの「成長期待」が多く掛けられることも、影響していると感じます。

このような現象事実を目の当たりにする中で、現在の核家族は「人間の成長の場」としても、問題があると感じ始めました。
核家族と言う”カタワな集団”の中では、同化対象は極めて限定的になるからです。

2〜3歳ともなれば、幼稚園に通ったりする中で、集団生活を経験するようになりますが、それでは”既に遅い”と感じます。
子供を見ていて思うのは、乳児期から幼児に成長するまでの過程が極めて重要であると言うこと。乳児期は観念機能が全く備わっておらず、共認機能による同化行為を通して急激に成長していきます。この時期は、表情や言葉による反応充足に最も鋭敏な時期とも言え、常に周囲の反応を羅針盤に成長していく様が見て取れます。
一般的に「社会性は幼児期に集団生活を経験する中で育まれる」と言われますが、乳児期から既に社会性の獲得(=同化能力・対象化能力の獲得)過程は始まっていると言えるでしょう。

この時期に、極めて限定的な同化対象(最も極端な場合は母親のみ)にしか触れず、集団生活に触れないのは、人間の成長過程として致命的と言っても過言ではないかもしれません。
考えてみれば、哺乳類〜猿〜人類は、基本的に集団の中で生まれ、成長していくのが自然の摂理。(実現論9_4_01)その摂理に反しているのですから、極めて異常な状況と言えます。

自然の摂理に則った集団の中で成長してきた先人達と、核家族と言う”カタワの集団”で成長してきた現代人を比較すると、相手の気持ちを理解したり、自然の移り変わりや状況を的確に捉える「同化能力」や「対象化能力」が低下しているのは疑いようがありませんが、観念能力に関しても(科学技術が現在のように発達していない中で、数々の工夫思考・実現思考で問題を突破してきた、先人達と現代人を比較すると)明らかに「能力低下している」と感じます。
観念能力は、共認機能=同化能力の上に構築されていくものなので、同化能力が低下すれば、必然的に観念能力も低下するのでしょう。

貧困の消滅と言う、生物史初の大転換に直面し、環境問題・経済問題を始めとする様々な未明課題に直面している人類。これからの人類には、これまで以上の同化能力・観念能力が必要とされていると言っても過言ではありません。

そう言う意味で、本源的な集団基盤を再生していくのは、行き詰まった性の再生だけでなく、真っ当な成長基盤の再生→同化能力・観念能力の再生を図っていく上でも、極めて重要な課題と言えそうです。 
 
 
  この記事は 207027 に対する返信です。
 この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_218835

 この記事に対する返信とトラックバック
感謝の心を育む子育てとは?〜イヌイットの子育て「教えない」「叱らない」「導く」〜 「感謝の心を育むには」 13/11/25 PM10
人は集団の中で育つ 「共同体社会と人類婚姻史」 12/08/20 PM09
236799 所有欲ではなく、共有による充足こそ人類の本質である 西谷文宏 10/08/26 PM00
本格追求シリーズ3 共同体社会に学ぶ子育て(プロローグ) 「共同体社会と人類婚姻史」 10/06/22 PM00
230976 江戸時代の多くの親 ダイアF 10/05/01 PM03
230054 同化能力 内田ちひろ 10/04/14 AM00
229748 観念能力の土台は共認機能 きなこ 10/04/08 AM00
「別々に暮らそう」・・・彼の想い*・゜゚・*:.。..。.:*・゜ 「男と女の職場話」 10/03/11 PM05
226296 【幼児期に必要な「3つの力」とは?】 ふぇりちゃん 10/02/11 PM09
222349 集団の解体から精神破壊へ 汚れなき男 09/12/21 AM00
222209 集団の中で「親」も育つ。 さざえ 09/12/19 AM00
221223 小学生の50%は入学前にゲームで遊ぶ!!〜ゲーム脳の危険性〜 なでしこ☆ 09/12/04 PM08
221214 いじめは減った?けど暴力事件増!!〜小中学生の暴力行為過去最多!〜 marine 09/12/04 PM05
221172 これからの課題 了海 09/12/04 AM00
221154 「人は集団の中で育つ」について ゆたか 09/12/03 PM11
221145 『人が成長』を明確に実感。 長井雅貴 09/12/03 PM11
子育てを家庭に任せてはおけない!-プロローグ〜@人類滅亡に繋がる精神破壊の元凶〜 「感謝の心を育むには」 09/12/01 PM02
「いい女って、何?いい男って、何?」〜集団(男)あってこそのいい女って?〜 「感謝の心を育むには」 09/11/26 PM06
220355 能力低下傾向を加速させるゲーム脳 山上勝義 09/11/23 AM01
220231 同化能力の低下→観念能力の低下 ヨネ 09/11/21 PM06
220182 学力低下は「離婚率や持ち家率、不登校率」が大きな鍵を握っている 斎藤幸雄 09/11/21 AM00
219690 豊かな観念機能は、充分な共認機能の上に育まれる 佐藤晴彦 09/11/15 AM00
「3つ子の魂」は、何を獲得しているのか? 「共同体社会と人類婚姻史」 09/11/14 PM00
219526 人類にとってどれだけ同化能力が大切なことか・・・ R 09/11/13 AM00

  [戻る]  


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、43年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp