現代意識潮流を探る
217664 リクルートの女性力 会社の「空気」は女で決まる!〜みんながここで働きたいと願い、みんなが成果を出せる「会社の空気」をつくること〜
 
近藤文人 ( 46 建築士 ) 09/10/20 AM04 【印刷用へ
【みんながここで働きたいと願い、みんなが成果を出せる「会社の空気」をつくること。これこそ、リクルートの女性力なのです。】と語るこの『リクルートの女性力 会社の「空気」は女で決まる!』の本。レビューがかれています。(リンク)ご紹介します。
------------------------------------------転載
本書に推薦文を寄せた創業者・江副浩正氏が、現役時代「リクルートは優秀な女性でもっている」と常々、語っていたように、リクルートは女性が活躍する企業として長く注目されてきた。
同社の女性が活躍する理由は、リクルートが伝統的に受け継いできた、みんながここで働きたいと願い、成果が出せる「会社の空気」の作り方にある。
人材を産み続ける「生命力の秘密」は? やる気を成果に育てる「仕事力の法則」は?
多くの現役・OG社員のインタビューやエピソードを通じて、リクルート女性たちの働き方、そして、女性を生かす会社づくりの軌跡をつづっている。
女性の本音をいかに見抜くか、女性の業績をアップさせるためにはどうするべきか、女性の活用に悩む男性管理職にも役立つ情報が満載。あまたある『リクルート本』のなかで初めて女性にフォーカスした本です。内容は、第1章・リクルートの「伝説」になった女たち、第2章・リクルートの「風土」をつくった女たち、第3章・リクルートの「やる気」を育てた女たち、第4章・リクルートの「成果」を生み出す女たち、第5章・リクルートの「時代」を変える女たちとなっております
------------------------------------------終了

また、元リクルート女性社員の『毎日の暮らしの中に、小さな幸せを。』というブログから、【リクルートの女性力 〜会社の「空気」は女で決まる!(リンク】の紹介より。
------------------------------------------転載
ほんの数年ではあったけれど、「リクルート」という会社に在籍して、あの独特の凄い社風、風土に直接触れ、感じられたことが、自分の人生や仕事感にもたらした影響は、とてもとても一言では語れないと思います。

先週出版された、『リクルートの女性力』。

創業期からのリクルートを支え、江副元社長の秘書などを経て、リクルートの魂の素とも言える社内報「かもめ」編集長を26年間務められた、福西七重さんの著書。

社内報を通じてリクルート社内の隅々を知り尽くし、「リクルートの母」として慕われていた福西さんが、そこで働く数々の女性たちをずっと真摯に見つめてきて、そのうえで、その人材力の秘密を綴った一冊です。

後にリクルート初の女性社長になった河野栄子さんや、ぴあの取締役に転進した神山陽子さん、東京ガールズコレクションのプロデューサーになった永谷さん、そんなトップスターの方々をはじめ、現場を創ってきた営業、制作、広報、総務、さまざまな部門で働く「リクルートの女性たち」のウーマンシップが、見事に語られています。

もう、読んでいて、これは実際にその場にいてあの空気感を知っている人には、そうそう!そうなんだよね!とびんびん伝わってくるし、そうでなくても、急成長したビジネスの元に、こうした「女性たちをやる気にさせる」方法があるということが、女性の力を活かしたいすべてのチーム、会社に役立つのではないかなと思いました。

私が思う、「リクルートの女性力」は。。。「担当事業を絶対に成功させる、成長させる!」という”徹底した当事者意識と圧倒的なコミットメント”を、誰もが、それが当然、という感覚で持っていることだと思います。
もう、10年近く経ちますが、入社当時、当時かもめ編集にいらしたNさんはじめ、先輩の女性たちが銀座で歓迎会をしてくださったとき、途中まで、女子会でわーきゃーとミーハーな話で盛り上がっていたのが、気が付けば、最後は、どうやったらリクルートという会社がもっと成長できるか、来るネット時代に向けて、会社が何をしていくべきか、みんなが熱く語っていて、すごくびっくりしたし、これがリクルートっていう会社なんだ、って感動したのをすごく覚えています。

今回、在籍経験者の事例?ということで、少しだけ弊社の紹介もいただいているのですが、正直に言うと、リクルート本社時代、恥ずかしいくらいひよっこで、新規事業にかかわったとはいえ、会社に成長と利益をもたらすような仕事が出来なかったし、想いだけが先行していたなと申し訳なく振り返って思います。。

にもかかわらず、今でも支え、励ましてくれるR社時代、AA時代のみなさまのおかげで、進んでこれたことがたくさんあって、ただただ、ありがたいです。。

女性が生き生きと仕事し、成果を出すための秘密、ノウハウが学べる、この「リクルートの女性力」。

編集のOさん、出版おめでとうございます!!ベストセラー、お祈りしています!!!
-----------------------------------転載終了
『みんながここで働きたいと願い、みんなが成果を出せる「会社の空気」をつくること』は、老若男女問わず、みんなが充足、安心、安定して、集団として戦っていける組織作りの根本ではないか?と思います。男原理である闘争の背後には、女原理の充足、安心、安定が基盤にある。だからかっていけるのではかなろうか?と思います。
 
 
  この記事は 215029 に対する返信です。
 この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_217664

 この記事に対する返信とトラックバック
成功率100%?!成果を上げる方法☆ 「男と女の職場話」 10/05/01 AM03
227840 女発の企画が組織の紐帯となった事例〜福西七重さんによる「社内報」〜 ぱち 10/03/08 AM00
227315 場が人材の活力を引き出し、会社の成果を上昇させる 澤根和治 10/02/27 PM10
220020 リクルートの研究 〜女性力の秘密?〜 雪竹恭一 09/11/19 AM05
会社の「空気」は女で決まる!? 「男と女の職場話」 09/11/10 PM00
219323 意識生産では、生産性を上げるも下げるもまさに『人』しだいとなる。 やっさん 09/11/10 AM00
218347 女性社員が会社を変えてゆく〜社員共育〜 パンダマン 09/10/28 PM05
217966 女が企業を変える〜もっと!ヨクバリージョ〜 近藤文人 09/10/24 AM00
217791 理論に導かれる集団の底力 阿部佳容子 09/10/21 PM08

  [戻る]  


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
人権ファシズム
「権利」は自己正当化のために捏造された架空観念
架空観念で現実を体系化した法学が自己矛盾を引き起こすのは必然
矛盾だらけの法学が、社会を閉塞させている。
「セクハラ」の驚くべき事実。
規範なきマナーの氾濫
過剰な法令遵守が生む思考停止社会
『強制加入の年金制度』は、ねずみ講よりたちが悪い。
国家のあらゆる部門で粉飾会計
「公務」とは
勝ち組ほど、阿呆になる時代
特権階級の自家中毒
暴走する特権階級→忍び寄る『警察国家』の影
軍と官僚制の罠 〜古代国家の官僚制〜
暴走する「検察」@〜検察権力の強大さ〜
暴走する「検察」A〜検察を捜査する機関が日本にはない〜
財務官僚の無能、しかもその自覚全くなし
平成官僚は無能すぎる
文官高等試験合格者が権力の座に着いた昭和初期に日本はおかしくなり始める
CIAは実は無能なダメ機関⇒「エリートは超優秀」という騙しの崩壊
試験制度の問題性はどこにあるのか?
官僚制と試験制の通史的総括
官僚制と試験制の構造的欠陥
幕末の志士亡き後、戦前の試験エリートは失策に失策を重ねた
戦前から顕在化していた、詰め込み教育の弊害
明治時代初期:なぜ、学校一揆や学校焼き討ちが起こったのか?
日本の政治を動かしているのは政治家ではなく官僚だ!〜中村敦夫氏が「霞ヶ関」の実態を暴露
「日本人はいつ物を考え出すのか?」(3) 騙しの破綻→特権階級は追い詰められている
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
大衆の期待の変化に応じて統合力も変わってゆく
『国を変える劇的な方法がある』 阿修羅
原子力利権 〜政・官・産・学・マスコミの結託→暴走〜
官僚と東電:特権階級=試験エリートの悪行
現職の鈴木宗男衆議院議員への不当な最高栽の有罪判決と投獄の政治弾圧@
広域暴力団「霞ヶ関」
最高裁(=検察審査会事務局)は「架空議決」という信じられない手を使って小沢を起訴した
世界中を巨大市場化していく諜報機関
CIAと麻薬の結びつき
エシュロンとNSAとの関係露呈の歴史

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp