国家の支配構造と私権原理
214361 イスラム教徒の『婚約・結婚』
 
ホームラン 09/09/05 AM03 【印刷用へ
イスラムの婚約・結婚は興味深いところがあります。
婚約・結婚にかかる男女の問題はその家の血統の評価にも及ぶようです。

渥美堅持の中東講座 リンクよりの抜粋引用
////////////////////////////////////////////////////////////////////////
さてこのようにして学業を終えると次に待っているのは結婚である。この世界に住む人間にとって最も重要な問題がこの結婚である。イスラーム教徒の結婚はイスラーム法に準じて行われるが血の純潔を尊ぶこの世界では、男女七才にして席を同じゅうせずの教えと似て、男女の関係は厳しい監視の下に置かれる。男女の交際は姻戚以外はご法度でありタブーともいえるものである。もしこの禁を破る若者がいたならばそれは一族の恥として糾弾され時には親が子を手にかけることがある。クラーンでも男女の関係、夫婦の関係を規定している箇所が随所に出てくるが、それはイスラーム以前から会った血の純潔を彷彿させるものである。

 法を尊守するためには血の純潔が具備して初めて成されるという考えは、イスラーム教ばかりかこの地のの宗教に共通してみられるものであるが、それが人間関係に及んだとしても不思議ではない。よって男女の問題はその家の血統の評価にも及ぶこととなる。それゆえみだりに男女の交際を広げると個人ばかりか一族全体に及ぶこととなる。原則としてイスラーム世界では正式な婚約が成立しない男女の交際は認められていない。もしその禁を破ると、その一族全部に淫乱の血が流れているとの評価がなされ、イスラーム教徒として相応しくない集団であると判断される。よって男女交際は最も気の使う問題となる。イスラーム教世界では結婚に親が大きな権限を持つ。息子の嫁を決定するにおいても、娘の婿を決定するのおいても親の承諾が必要であり、親が許可しない結婚は存在しない。特に娘の場会、娘の意見よりも親の意見が大きな権限を持つのが普通で、結婚の契約も嫁の親と婿の間で結ばれるのである。しかいいくら親が気に入ったからといって娘が反対した場合には婚約は成立しない。

 このよう結婚を前提とする婚約はその最初から親が深く介入してくるのがこの世界の特長であるが、婚約成立した場合、政府がそれを承認し正式になる。人によってはそれを新聞に発表する人もいる。世間の人に正式に婚約した仲であることを知らせるためだ。イスラーム世界には風紀警察というのが街中を私服で巡察し、男女二人で歩いていたりお茶を飲んだりするとチエツクする制度がある。風紀の乱れを阻止するということから出た制度であるが、これに摘発されることは大きなトラブルのもととなる。そこで正式に婚約した者たちとそうでないものとの区別をすることが必要となる。それを政府が承認することで解決しようと考え出されたものであると思われる。この風紀警察の質問にあった時、互いの身分証明書の婚約者の欄に互いの名前があれば問題はない。もっともイスラーム世界での婚約中のデートにも両家の家族がついてくるからめったにこのような質問を受けることはないが、二人だけの場合、有効に作用する。
 このように厳しいイスラーム的環境の中で婚約、結婚と進み一家をなすわけであり子供を育て同じような教育をほどこし最後の段階を迎える。
////////////////////////////////////////////////////////////////////////
 
 
  この記事は 214189 に対する返信です。
 この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_214361

 この記事に対する返信とトラックバック
214654 イスラムにおける妻・夫の義務 ホームラン 09/09/09 PM08
“中華思想”はどのように形成された? 「縄文と古代文明を探求しよう!」 09/09/08 PM09

  [戻る]  


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp