いい女って、何?いい男って、何?
214162 男の闘争性、女の充足性の生物学的根拠
 
匿名希望 09/09/02 PM09 【印刷用へ
>それは、男(雄)は「闘争性」を、女(雌)は「充足性」を高めることによって人類は進化してきたから。
>(脳には、40億年に及ぶDNAの塗り重ね、さらにはこのDNA(本能機能)を下敷きとして塗り重ねられたサル以来6000万年に及ぶ雌雄役割規範(不文律)が刻印されています。)
149937

男=闘争存在
女=充足存在

というと、これまで男女の役割共認や規範共認と考えてきた。しかし、実は単に共認内容だけでなく、人類の進化の過程で、身体(脳)の機能として、男は闘争性を獲得し、女は充足性を獲得してきているようだ。

マーシー・シャイモフ著「脳にいいことだけをやりなさい」によると

(以下、引用)

>男女ともにストレスを感じればアドレナリンやコルチゾールといったストレスホルモンを分泌しますが、この影響を和らげるために、女性の脳は「結びつきのホルモン」であるオキシトシンを放出しようとします。

>女性が落ち込んだとき、友だちと集まっておしゃべりに興じたり、子どもやペットに接したりするのはそのためでしょう。こうした行為がオキシトシンの分泌を促し、女性の心を穏やかにしてストレスを解消していくからです。(充足性による外圧適応)

(中略)

>(ジョン・)グレイ(精神分析医)によれば、ストレスを感じたとき女性はオキシトシンを分泌しますが、男性にはそれがなく、コルチゾールの分泌によってドーパミンやテストステロンの値が抑えられ、憂うつや不満を感じるようになるといいます。

>こういった幸福のホルモンの生成をうながすために、男性は女性のようにおしゃべりや愛情を与える行為でストレスを解消しようとせず、問題の解決や克服などの行動に出ようとします。(闘争性による外圧適応)

(引用終了、引用文中()内は、追記内容)


ストレスを感じるときというのは、外圧にさらされている時である。上記のように、外圧にさらされた時に分泌される男女のホルモンの違いにより、男女の外圧適応方法の違いが分かる。男は闘争、女は充足という方法で外圧に適応するように、人類の身体は進化してきているのだ。

いい男、いい女の実現基盤は、人類の進化の過程において、身体の機能として獲得してきていることが生物学的に示されている(もう少し正確な根拠は必要と思いますが…)。つまり、人類誰もがいい男、いい女の実現基盤を持っている。それを妨げているとしたら、余計な観念や不可能視だけである。観念を塗り替えさえすれば、いい男、いい女になれる実現基盤は、全員の中にある。
 
 
  この記事は 211440 に対する返信です。
 この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_214162

 この記事に対する返信とトラックバック
247615 男女の期待が共に交わることで、いい男・いい女に成長できる 匿名希望 11/03/21 AM02
本格追求シリーズ1 人類の”性”の本質を探る<人類にとって性とは?(2) 極限時代の人類の性(前半)> 「共同体社会と人類婚姻史」 09/10/21 PM08
女の人が超〜元気に仕事できるの、なんで? 「女の職場話」 09/09/13 PM02
露店報告〜応える男紹介☆2 「ブログ de なんで屋 @東京」 09/09/12 PM02
男の人は、す・ご・い!!! 「女の職場話」 09/09/09 PM11

  [戻る]  


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp