現代意識潮流を探る
213744 潮流6:’95年、私権原理の崩壊と目先の秩序収束
 
岡田淳三郎 ( 60代 経営 ) 09/08/27 PM09 【印刷用へ
バブルは必ず崩壊する。案の定、’90年、日本のバブルは崩壊した(その後、’08年、米欧をはじめ世界バブルも崩壊する)。
そして、’95年、バブル崩壊の5年後、相次ぐ金融機関の破綻を目の当たりにして、私権の崩壊が意識(予感)され始める。
半顕在意識に生起したこの私権崩壊の認識(予感)は、私権追求の欠乏を一気に衰弱させ、急速に私権圧力を衰弱させていった。

私権欠乏→私権圧力が衰弱したことによって、私権欠乏発の不満や怒りや要求も衰弱して無意味化してゆく。つまり、「否定」意識が空中分解してゆく。こうして、’95年以降、「否定と要求」の社会党は一気に凋落していった。
そして、「否定」が空中分解したことによって、’70年以来の充足志向→実現志向の潮流が次第にはっきりと顕在化してくる。
それだけではない。私権が衰弱したことによって、「否定」意識と同じく私権欠乏発の「自由(自由追求の欠乏)」も衰弱して無意味化し、空中分解してゆく。
それに伴って、明治以来、市場拡大の原動力となってきた性(自由な性=自我と私権に貫かれた性)の活力も一気に衰弱し、アッという間に女の性的商品価値が暴落すると同時に、男のセックスレスが蔓延してゆく。

95年以降、衰弱し続けてきた私権欠乏は、その後’03年、株式が二番底に向かうのを見て追求する活力も消え失せ、遂に私権欠乏そのものが空中分解してゆく。かくして、人々はもはや私権の追求に収束することができなくなり、永い間社会を統合してきた私権収束→私権統合という統合軸が崩壊してゆく。これは、1800年に亙って私権時代を貫いてきた私権原理の崩壊であった。
こうして、人々はどこにも収束できずに収束不全に陥ってゆく。
但し、肉体的な潜在意識は’70年以来、一貫して充足志向から共認収束し続けており、私権の衰弱につれて共認収束はどんどん強くなってきている。従って、収束不全と言っても、それは「否定」も「自由」も空中分解し、私権意識さえ無意味化したことによる顕在意識の収束不全に過ぎない。

(なお、上記の性の衰弱は、人類にとって極めて由々しき事態である。しかし、まやかしの近代思想に染められた知識人たちは、この問題からも目を背らし、ダンマリを決め込んでいる。今や、学者や評論家やマスコミ人たち(=プロと称する者たち)は、何の役にも立たないただの無駄飯食いに成り果てたと見るべきだろう。)

他方、バブル崩壊に伴う経済危機は、人々の間に危機感発の安定欠乏を生起させ、目先の安定志向を強めさせる(注:この危機発の安定志向は、’70年以来の充足発の安定志向とは別物である)。そして、この危機発の安定志向は、「自由」が空中分解したことも相まって、目先の秩序収束の潮流を生み出してゆく。タバコ、セクハラ、食品叩きと続く魔女狩り=マナーファシズムは、この秩序収束の潮流に乗った法曹官僚とマスコミの仕掛けである。
しかも、この目先収束は、秩序収束の段階に留まらず、更に目先の制度収束へと突き進んでゆく。
豊かさの実現以来の充足志向→実現志向の大潮流は、’95年、私権意識の衰弱が顕在化したことによって、一段と強くなっていったが、同時に、危機発の目先の秩序収束の潮流が生起したことによって、実現志向と秩序収束の合流点に目先の制度収束の潮流を生み出していった。既存の制度の枠組みの中での、授業や試験や資格への収束が、それである。

中でも、子供や若者の試験制度への収束は、小学生の時から勉強漬けで「勉強しか出来ない」無能エリートを大量生産しただけではなく、学歴が生涯の身分をほぼ規定する学歴身分社会を作り出し、社会を少数の特権階級と多数の下層階級に分解してゆく。
 
 
  この記事は 213681 に対する返信です。
 この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_213744

 この記事に対する返信とトラックバック
254626 金融危機、原発事故以降、「充足志向→実現志向」が顕在化し、目先の制度収束から脱却しつつある? 松尾茂実 11/07/21 AM10
254605 【図解】潮流6:’95年、私権原理の崩壊と目先の秩序収束 ますみん☆ 11/07/20 PM07
254584 自ら充足に向けて実現するには「否定や要求」の決別 コールスロー 11/07/20 PM00
254581 意識や行動は潜在思念の上に成り立っている。 太刀川省治 11/07/20 AM10
254430 そろそろスピードが… 石橋創 11/07/16 AM03
254380 制度収束と新たな可能性 大橋邦旭 11/07/14 PM10
254378 今後の「共認収束」 小紫結子 11/07/14 PM09
253974 【図解(手順つき)】潮流6:’95年、私権原理の崩壊と目先の秩序収束 萱間直 11/07/05 AM02
大転換の予感「潮流6」:’95年、私権原理の崩壊と目先の秩序収束 「金貸しは、国家を相手に金を貸す」 11/05/18 PM08
251229 目先ごまかしの秩序ではダメ→事実の追求へ 石川笑美 11/05/11 PM07
251222 ずっと嘘だったんだぜ。 ますみん☆ 11/05/11 PM03
251221 マスコミは大本営発表しかしない政府広報機関になってしまった 匿名希望 11/05/11 PM01
251180 共認収束によって向かうべき先 山本晶子 11/05/10 PM09
251179 ネットサロンの感想 本城龍 11/05/10 PM09
共認時代への道しるべ〜潮流6:’95年、私権原理の崩壊と目先の秩序収束 「これからは共同体の時代」 11/02/21 PM11
236867 私権時代末期を象徴する『二つの断絶した世界』 井上宏 10/08/27 PM10
235733 現実の中からしか答えは出せない 川井孝浩 10/08/06 AM10
235701 答えがあれば,制度はいらない。 これんじ 10/08/05 PM10
232548 現実を知るだけで可能性が拡がる次代 斎藤一浩 10/06/01 PM00
232372 試験勉強⇒社会の勉強収束 K-brace 10/05/28 PM09
232370 【図解】潮流6:’95年、私権原理の崩壊と目先の秩序収束 川井孝浩 10/05/28 PM08
232343 答えが無いから制度に取り込まれてしまった わっと 10/05/28 AM09
232308 目先の秩序収束、その先へ これんじ 10/05/27 PM10
231215 秩序収束⇒制度収束の流れは、生き物全般を貫く摂理。 あさだっち 10/05/06 AM00
潮流6:’95年、私権原理の崩壊と目先の秩序収束 「日本を守るのに右も左もない」 10/05/01 PM03
「私権の失速・私権体制の崩壊」シリーズ(2)…私権の衰弱から性の衰弱へその2 「金貸しは、国家を相手に金を貸す」 10/04/25 AM03
229506 収束不全も可能性! これんじ 10/04/03 PM11
228590 知識人達が性の問題から目を背らすのはなぜか? 越見源 10/03/19 PM10
226458 【図解】潮流6:’95年、私権原理の崩壊と目先の秩序収束 KOU 10/02/14 PM04
225650 危機発と充足発の相乗した安定志向→目先の制度収束を本質の秩序収束へ転換するには? 彗星 10/02/02 PM02
225592 今年の受験も「地元・安全・資格」志向 匿名希望 10/02/01 PM06
225576 女原理の諸相 わっと 10/02/01 PM01
環境を考えるには構造認識が不可欠!「潮流6:’95年、私権原理の崩壊と目先の秩序収束」 「地球と気象・地震を考える」 10/01/03 PM06
222819 【図解】潮流6:’95年、私権原理の崩壊と目先の秩序収束 安藤広海 09/12/27 PM06
221137 【図解】潮流6:’95年、私権原理の崩壊と目先の秩序収束 新川啓一 09/12/03 PM09
221107 適応欠乏発の秩序収束」という新しい切り口 多田奨 09/12/03 PM00
221080 『バブルは必ず崩壊する。』なのに何故企業は懲りないのか? りんいちろう 09/12/02 PM11
218934 安定志向の答えは、私達自身にある。 八代至誠 09/11/05 AM03
経済破局間近・・・家庭という枠組を超えた問題をどう突破する!?‐5〜企業私権の衰弱(1995年)と家族私権の時代(1995〜2003年or2008年) 「感謝の心を育むには」 09/11/05 AM01
218926 目先の秩序収束をどうする わっと 09/11/04 PM11
218799 酷い仕打ちを強いる試験収束、目先の秩序収束 匿名希望 09/11/02 PM11
経済破局を突き抜けていく道標 〜潮流6:’95年、私権原理の崩壊と目先の秩序収束 「金貸しは、国家を相手に金を貸す」 09/11/02 PM09
218786 仕組まれた2003年株価暴落 火中の栗 09/11/02 PM08
218576 目先の安定志向は、充足発の安定志向と何が違うのか? 矢ヶ崎裕 09/10/31 AM02
218570 危機感発、目先の秩序と制度収束の向かう先 きっちょむ 09/10/31 AM01
218540 目先の制度収束の弊害に気付くことから 匿名希望 09/10/30 PM08
218519 危機発では、目先の秩序収束になるだけで、可能性は見えない。 匿名希望 09/10/30 PM03
218515 安定志向の「危機感発」と「充足発」の違い 中村淳子 09/10/30 PM02
218502 充足発の安定志向 危機感発の安定志向 小暮 勇午 09/10/30 AM09
218397 危機発では閉塞感を感じる 匿名希望 09/10/29 AM08
218394 羅針盤は自分自身ではなく先人の評価・判断 ば〜ちぃ♪ 09/10/29 AM07
217830 共同体の実現が、国家(大学や官僚制度)を無意味にしてゆく。 福田尚正 09/10/22 PM00
217800 私権の崩壊と「否定と自由」の空中分解 小暮 勇午 09/10/21 PM11
216883 意識の変化が時代の流れを生み、時代の流れが意識を収束させる 割れ目 09/10/10 AM03
216877 充足・安定志向は、収束先が定まらなければ声の大きな人に付和雷同する危険性も孕んでいる 匿名希望 09/10/10 AM02
216771 世界バブル崩壊後の日本の行方 やっち 09/10/08 PM11
216699 実現志向と目先の秩序収束の綱引き 雪竹恭一 09/10/07 PM11
216313 私権が評価軸であったが故に追い求めるしかなかった私権社会 匿名希望 09/10/03 AM00
216274 充足・安定・保守の潮流=男女共総草食化 匿名希望 09/10/02 PM00
216211 私権原理の崩壊。「目先」になるのは危機感発だから。 田村正道 09/10/01 PM03
216082 2段階の私権圧力から、同類圧力の時代へ☆ かんちゃん 09/09/29 PM10
216081 潮流6:’95年、私権原理の崩壊と目先の秩序収束 匿名希望 09/09/29 PM10
215969 【図解】潮流6:’95年、私権原理の崩壊と目先の秩序収束 モスキート 09/09/28 AM01
215245 共認の時代を生き、学ぶ 伊藤香 09/09/17 PM10
214673 【図解】潮流6:’95年、私権原理の崩壊と目先の秩序収束 ダイ 09/09/10 AM00
214670 「否定発」ではないからこそ目先に向かう バスケットマン 09/09/09 PM11
214499 社会問題を解決する基盤は、危機発の安定志向ではなく、充足発の安定志向 Rivet16 09/09/07 AM02
214496 【図解】潮流6:’95年、私権原理の崩壊と目先の秩序収束 匿名希望 09/09/07 AM01
214493 肉体的な危機と観念上の危機意識 西村真治 09/09/07 AM00
214474 【図解】潮流6:’95年、私権原理の崩壊と目先の秩序収束 野田雄二 09/09/06 PM07
214453 充足志向→実現志向の実現基盤は既に整っている 新川啓一 09/09/06 AM11
これを読めば時代がわかる!最新版〜潮流6:’95年、私権原理の崩壊と目先の秩序収束 「感謝の心を育むには」 09/09/05 PM11
214199 「テスト対策的教育」の改善の声(2009学力テスト) ヨネ 09/09/03 PM00
214143 私権エリートの金融機関の破綻を見て私権の崩壊を予感したように、今後は目先の制度収束によって作られた大量の無能エリートをみて既存制度の無意味化を実感するのでは? 佐藤晴彦 09/09/02 PM04
213827 潮流7:暴走する社会(特権階級の暴走と下層階級の暴走) 岡田淳三郎 09/08/28 PM08

  [戻る]  


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、42年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp