国債経済とその破綻(大破局の予感)
213681 潮流5:失われた40年
 
岡田淳三郎 ( 60代 経営 ) 09/08/26 PM10 【印刷用へ
この国債発行→バブル経済、そしてその後のバブル崩壊から経済危機に至る流れの全ては、市場拡大を絶対命題とする特権階級の利権維持およびその特権の維持と固く結びついた彼らのイデオロギーが生み出したものである。
おそらく彼らは、市場拡大は自分たちの特権を維持するためではなく、国際戦争に打ち勝つために不可欠だったのだと主張するだろう。
しかし、それは本当か?
本当は、’70年、豊かさが実現された時、「市場は拡大を停止するしかなくなった」のだという現実を直視し、素直に『ゼロ成長』戦略を打ち出していれば、現在見るような経済危機に陥ることもなく、また国際競争力を失うこともなかったのである。
問題は、国債投入なしには市場を維持できないという事実、つまり自由市場など絵空事であって、現実には、国家市場(国家によって支えられた市場)しか存在しないのだという事実から目を背らし、「自由競争・自由市場」という幻想を捨てようとしなかった点にある。要するに彼らは、事実に反する(彼らには都合のいい)イデオロギーに固執し続けてきたのである。

この世には、医療だけではなく、農業や介護や新資源・エネルギー開発、あるいは「なんでや露店」のような社会活動etc、市場には乗り難い(ペイしない)が、社会的に絶対必要な仕事(or活動)がいくらでもある。市場に資金を注入するなら、すでに飽和状態に達した物的生産ではなく、あるいは福祉と称して単なる消費者にバラ撒くのではなく、市場ではペイしないこれらの類的生産を刺激or支援する方向に資金を注入することもできた筈である。例えば、農業や介護etc各供給者の売上に応じて、その50〜150%の支援金を支給するという形にすれば、競争活力を失うこともない。
これは、次のように云い換えることもできる。生産性が上昇すれば、そのぶん価格が低下する。従って、余剰の需要が生じる。これは、物的生産の側から見れば需要の縮小=不足であるが、人々はその余剰需要で類的供給を享受できるようになるということである。それに、物的需要を超えた供給力の過剰分までは、国家紙幣を発行して類的供給を支援しても、インフレにはならない。

このように、物的需要(の喚起)から類的供給(の喚起)へと舵を切っておれば、日本経済はバブルにも経済危機にも陥らず、次代をリードする国家市場を実現し、世界にそのモデルを提示し得た筈である。
しかし、特権階級は「市場拡大を絶対」とするイデオロギーに固執し、900兆もの資金を市場に注入し続けてきた。これは、彼らが己の特権とそれを支えるイデオロギーにしがみ付いてきた結果であると云うしかない。

彼らには、この失われた40年を総括して、せめて「自由競争・自由市場など幻想」であり、「現実には国家に支えられた市場しか存在しない」のだという事実くらいは、素直に認めてもらいたいものである。それさえ学習できないのなら、この失われた40年は全く無駄になる。
 
 
  この記事は 213680 に対する返信です。
 この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_213681

 この記事に対する返信とトラックバック
ダウ最高値更新…世界的バブルが再び起こっている(バブル崩壊の衝撃がまた世界を襲う) 「にほん民族解放戦線^o^」 13/03/07 AM01
254353 新しい可能性を発掘することで、古い現実から脱却できる 匿名希望 11/07/14 AM01
254351 【図解】潮流5:失われた40年 匿名希望 11/07/14 AM00
254350 イデオロギーとは無縁な普通の人々が舵取りをする社会に。 太刀川省治 11/07/13 PM11
254348 現実を見ることを「失わされた40年」だから、現実は変らなかった 匿名希望 11/07/13 PM10
253778 【図解】潮流5:失われた40年 三浦由衣 11/07/01 AM10
253770 マイナス成長の社会だと認めたほうが、みんな安心できるのでは? 石橋創 11/07/01 AM02
253748 特権階級の失敗と類的供給 大橋邦旭 11/06/30 PM09
253565 【図解】潮流5 〜国債が900兆に膨らんだのはなんで? 小林雅志 11/06/27 AM00
252111 「共同体」が処方箋 福島寛樹 11/05/27 PM10
252103 【図解】潮流5:失われた40年 岡本誠 11/05/27 PM08
250462 類的供給って支援を受ける側の活力をあげるんだ!! コールスロー 11/04/28 PM00
250445 『ゼロ成長』戦略という道 ますみん☆ 11/04/28 AM01
250348 特権階級のイデオロギー 小原健太郎 11/04/26 PM10
日本人は何を学ぶべきか?〜近代社会の騙しの構造〜第3話:市場拡大は絶対なのか? 「日本を守るのに右も左もない」 11/02/16 AM00
共認時代への道しるべ〜潮流5:失われた40年 「これからは共同体の時代」 11/02/14 PM05
【元気な会社】シリーズ 〜ハッピーおがわ、相互扶助経済社会の幕開け〜 「これからは共同体の時代」 11/02/06 PM10
235772 特権階級は気づかないまま取り残される 匿名希望 10/08/07 AM08
235748 先を見通す力で政策を打ち出していこう K-brace 10/08/06 PM08
234952 現象だけでは本質はみえない。もっと意識していきたいo(^-^)o さぼてんのはな 10/07/20 PM10
234268 【板書】財政危機→増税でどうなる?⇒どうする!? 山澤貴志 10/07/06 AM03
232102 「市場」の呪縛からの開放 斎藤一浩 10/05/23 AM03
232061 【図解】潮流4・5:輸血経済(自由市場の終焉)→失われた40年⇒国家市場の実現 山名宏明 10/05/22 PM04
232005 失われた40年の本質とは? 川井孝浩 10/05/21 PM03
231968 類的供給は今まさに求めれられている! これんじ 10/05/20 PM11
230855 難民支援を社員の活力源にしている企業 -富士メガネ- 小西良明 10/04/29 AM01
230744 【図解】潮流5:失われた40年 野田雄二 10/04/26 PM07
潮流5:失われた40年 「日本を守るのに右も左もない」 10/04/24 PM09
229021 みんな発の、充足サイクル♪ これんじ 10/03/27 PM10
228355 人の活力、技術力より物的需要=市場拡大絶対の時代 山田徹 10/03/15 PM10
228343 「失われた40年」という視点 西村秀彦 10/03/15 PM07
228231 一人じゃなくて”みんなで”がポイント☆ かんちゃん 10/03/13 PM10
227656 物的需要から類的供給へ 越見源 10/03/05 PM08
227564 国家市場しか存在しない!という気づき Rivet16 10/03/04 AM00
227548 供給に限界のない商品 志水満 10/03/03 PM09
227533 【図解】潮流5:失われた40年 匿名希望 10/03/03 PM04
【「新しい農のかたち」の実現に向けた政策提言】(9)みんなで支えていく仕組みづくり 「新しい「農」のかたち」 10/02/22 PM07
226271 【図解】潮流5:失われた40年 KOU 10/02/11 AM08
225112 失われた40年を無駄にしないために 彗星 10/01/25 PM10
225016 見直される経済学者 下村治 ET 10/01/24 PM04
企業が取り組む社会事業シリーズ8 ―半事業を実現するにはどうする?― 「これからは共同体の時代」 10/01/11 PM08
環境を考えるには構造認識が不可欠!『潮流9:経済破局を突き抜けてゆく充足・安定・保守の潮流』−2 「地球と気象・地震を考える」 10/01/09 PM03
223698 市場拡大戦略の前にOS(オペレーティングシステム)の拡大戦略がある ギニュー特戦隊 10/01/08 AM02
223610 無駄な競争を避けるために日本の文化をセットで産業発展を 今井勝行 10/01/07 AM02
失われた40年〜その全面的総括 「日本を守るのに右も左もない」 10/01/06 PM02
環境を考えるには構造認識が不可欠!『潮流5:失われた40年』 「地球と気象・地震を考える」 10/01/02 PM05
222239 Yahoo!システムにみる新たな場 の可能性!☆ たっぴ 09/12/19 PM07
222063 特権階級は大衆の共認圧力へ目を向ける時が来た。 竹田翔 09/12/16 PM09
221123 「失われた40年」とは何を失ったのだろうか。 TAB 09/12/03 PM05
220423 『目に見えない資本主義 貨幣を超えた新たな経済の誕生』の著者に聞く 橋口健一 09/11/24 PM01
218605 政権が変わっても市場拡大のイデオロギーはいまだ強固 匿名希望 09/10/31 PM04
218477 国の借金900兆、どうする?〜物的需要から類的供給へ〜 福田尚正 09/10/30 AM01
218349 社会的に必要な仕事(活動) わっと 09/10/28 PM06
218339 物的需要から類的供給への移行−ある漁師町の事例から 八代至誠 09/10/28 PM03
218318 この40年を無駄にしないために・・・ 匿名希望 09/10/28 AM08
218241 類的供給の喚起は、みんなに開かれた場の転換が必要 中村英起 09/10/27 PM03
218235 やりたいことが見つからないのは? 大森義也 09/10/27 PM01
経済破局を突き抜けていく道標 〜潮流5:失われた40年 「金貸しは、国家を相手に金を貸す」 09/10/27 AM06
218035 感想 矢野 09/10/24 PM10
217941 “補助”金ではなく本当に必要なものに“支援”金を☆ マナティー 09/10/23 PM08
217937 生産性向上⇒類的供給力の向上は、産業構造の変革にもつながる 匿名希望 09/10/23 PM07
217918 『ゼロ成長』戦略で、今からでも世界にモデルを提示できる 匿名希望 09/10/23 PM01
217857 30年前の「ゼロ成長論者」下村治 やまと 09/10/22 PM07
217685 実現の要は、私達自身に問いかけられている 八代至誠 09/10/20 PM03
217645 次代の国家を考える コスモス 09/10/19 PM11
217623 共産主義国家が悉く失敗に終わったのは? 大森義也 09/10/19 PM06
217275 潮流5:失われた40年を読んで〜生産性上昇の意味〜 匿名希望 09/10/15 PM07
217268 【図解】潮流5〜この先、日本人に見出せる可能性って? 中村淳子 09/10/15 PM06
217022 「儲けなきゃ!」から「儲けなくてもいい!」への転換♪ お百姓さん 09/10/12 AM01
217009 社会(市場)は今後、本格的に変化して行く。 川井孝浩 09/10/11 PM10
216870 働く女性の40年史@〜1969(昭和44)年 男性の定年は55歳、女性は30歳…〜 miya 09/10/10 AM00
216597 必要な類的生産を支援し、さらには生産者になることが期待されている 匿名希望 09/10/06 PM05
216564 国家紙幣発行限界=インフレ限界について 匿名希望 09/10/06 AM03
216452 生産様式の転換が、社会の根底的な変革と発展を実現する 西谷文宏 09/10/04 PM05
216336 【図解】潮流5:失われた40年 匿名希望 09/10/03 AM09
216054 日本農業の課題 磯貝朋広 09/09/29 PM05
215730 類的供給の無限に広がる可能性 松本幸二 09/09/25 AM01
215645 類的供給をどれだけできるかが、物的生産企業が生き残る道☆ 谷光美紀 09/09/23 PM09
215573 経済危機は類的供給の可能性を拡大する 佐藤祥司 09/09/22 AM08
215493 増幅装置としての支援金 小西良明 09/09/20 PM09
215455 類的供給って、すごいシステム☆ マリー 09/09/20 AM08
215452 民主党の農家所得補償と類的生産としての農業 庄恵三 09/09/20 AM03
215433 「余計なもの」が与えてくれるものはないものか? 山本亮平 09/09/19 PM11
215397 私権衰弱と共に求められる「市場」と「自由な性」からの転換 松岡隆 09/09/19 PM05
215269 類的供給の喚起が必要 加賀野宏 09/09/17 PM11
215164 物的需要に限界があっても類的需要は無限大∞ 匿名希望 09/09/16 PM10
215163 特権階級が市場拡大のイデオロギーに固執してきたのはなんで? 匿名希望 09/09/16 PM09
215156 「人材が命」な理由 三輪歩未 09/09/16 PM08
215033 類的生産の拡大が現在の市場を変えていく 疾風怒濤 09/09/15 AM08
214993 GDP信仰の反省なき経済政策に可能性はない。 やまと 09/09/14 PM05
214679 批判から実践の社会活動へ 安藤太地 09/09/10 AM03
214633 自由経済という大掛かりなペテン 星埜洋 09/09/09 PM03
214550 『高くても、売れる野菜直売所』 九十九茄子 09/09/08 AM03
214516 今までの市場拡大とは特権階級のイデオロギーだった! TAB 09/09/07 PM05
これを読めば時代がわかる!最新版〜潮流5:失われた40年 「感謝の心を育むには」 09/09/05 AM01
214202 生存する為の活動は半分で足りる。残り半分で何をするのか? 猪飼野 09/09/03 PM01
214079 金余りとはなんだったのか? 匿名希望 09/09/01 PM06
214058 活力を生み出す支援金制度 きっちょむ 09/09/01 AM08
213870 【図解】潮流5:失われた40年 衛藤信義 09/08/29 PM03
213744 潮流6:’95年、私権原理の崩壊と目先の秩序収束 岡田淳三郎 09/08/27 PM09

  [戻る]  


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、42年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp