現代意識潮流を探る
213336 モノが売れないこの時代に、『社会貢献』が売れている
 
ギニュー特戦隊 ( 49♂ ) 09/08/21 PM09 【印刷用へ
消費が冷え込んでいる中、『社会貢献』が商品となって売れているらしい。

DIAMOND ONLINE リンク
【マーケティングの常識が変わった!? モノが売れない時代に『社会貢献』が売れるワケ】
 
 
  この記事は 28314 に対する返信です。
 この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_213336

 この記事に対する返信とトラックバック
232492 『社会貢献ファンド』 〜新しいお金の使い方?!〜 ECHO 10/05/31 AM07
227013 若者の社会貢献意識が顕在化!ギャルが社会貢献をするラジオ番組がスタート 松下晃典 10/02/23 AM00
218741 モノあまりの背景にある大衆の意識の変化をつかめない企業 戌年 09/11/02 AM00
モノが売れないこの時代に、『社会貢献』が売れている 「共同体社会と人類婚姻史」 09/10/31 PM10
218536 営業的充足追求 羊熊 09/10/30 PM06
218419 ソーシャル消費とは意識生産への萌し? ヨネ 09/10/29 PM03
218391 会社も個人も、市場経済システムから脱出し始めている。 匿名希望 09/10/29 AM03
218390 社会貢献は「消費者」の意識ではなく「供給者」の意識に転換する事が出発点 山田孝治 09/10/29 AM02
218373 エゴ的な個人消費から、社会に役立つ活動で充足する意識に激変 猪飼野 09/10/28 PM11
218363 大衆の変化は、社会的貢献商品を飛び越えて、その行為(生産活動)そのものに移行している 佐藤晴彦 09/10/28 PM08
217971 企業私権の衰弱過程 加賀野宏 09/10/24 AM01
217749 「世界中で日本だけ売れないスーパーブランド」の流れが新たな潮流をつくりだす可能性に 匿名希望 09/10/21 AM08
214678 「ソーシャル消費」とは女原理発の期待圧力そのもの 末廣大地 09/09/10 AM02
214088 エコ&フェアトレード商品の購買者 さき 09/09/01 PM08
213982 稼ぐことが目的ではなく、ふれあいを求めて就業を選択する人々 池田有希 09/08/30 PM11
213934 寄付から協働 匿名希望 09/08/30 AM08
213705 何にお金を使うかが問われる時代になった。 長谷暢二 09/08/27 AM03
213660 新任役員は「株主より従業員重視」へ コスモス 09/08/26 PM06
213498 社会貢献意識は、市場の幻想価値を打ち破れるか?新認識を必要とする時が来た。 09/08/24 AM02

  [戻る]  


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp