日本を守るのに、右も左もない
213039 イスラムの可能性を探る
 
田野健 HP ( 48 設計業 ) 09/08/17 PM00 【印刷用へ
ドル暴落から世界経済の混乱が目前に迫っている。
アメリカは私権社会を色濃く残しており、混乱から犯罪多発、略奪勃発、内部崩壊の未来予想は必至である。中国もしかりである。貴族が金融を牛耳る西欧も程度の差こそあれ混乱は避けられない。
その中で対極にあるのが、日本である。
元々縄文体質という本源性を有しており、かつてバブルを経験し、長期不況を乗り切って私権国家からすでに脱却しつつある日本ではこの経済破局を迎えても大きな混乱は生じないだろう。

しかし日本一国では世界中の大混乱は制御できない。
盟友を探さなければいけない。

日本に近しい国はないのか?
昨日の劇場会議では「イスラム」というキーワードが出てきた。
なるほど・・・言われれば確かにそうかもしれない。

という事でネット検索。それを裏付ける記事があった。
日経ビジネスのコラムリンクにイスラム関連の記事があったので紹介しておきたい。

>原油価格の上昇とイスラム経済の拡大に伴って、「イスラム金融」が脚光を浴びている。イスラム金融は実に70カ国以上に広がり、総資産は約5000億ドル以上もあるとも言われている。しかも、毎年約20%ずつ増加しているとも言われ、様々な新聞・雑誌で特集が組まれている。

しかし、筆者が最も注目しているのは、そんな急成長ぶりよりもイスラム教の聖典である「コーラン」に基づく経済思想(考え方)である。ここに現在の日本が抱える経済問題を解決する糸口があると、筆者は考えるからだ。そこで今回の逆張り経済学は、イスラムの考え方が日本経済にとってどれほど有用か紹介したい。

まずイスラムの経済・金融のベースとなる部分を簡単に説明しよう。日本では政教分離が採用されているが、イスラム諸国では政治・経済のすべてがコーランに基づく「イスラム法(シャーリア)」に合っているかが重要で、これをチェックするイスラム法学者(ウラマー)が存在する。

例えばイスラムの教義に反する投機や酒、豚肉、賭博、ポルノ関連の事業への投資は基本的に禁止され、誠実・公平・扶助の精神という独特の金融・経済思想がある。

イスラム教徒が行わなければならないことは5つある。「礼拝」「巡礼」「断食」「信仰告白」「喜捨」である。特に「喜捨」は金融・経済に関係が深く、相互扶助や弱者救済のために行われ、事実上の租税、それも宗教的な意義を持つものとしての役割がある。

イスラムでは労働を尊重しており、利益を上げるのは蔑視しない。預言者モハメッドが商人出身である影響から、むしろ商業を積極的に肯定する。複式簿記を発明したのはイスラム商人であり、イスラム(ムスリム)商人の交易網は世界中に広がり、商業の中心地バザール(市場)が存在し、手形や為替など現在の金融の基本となる制度も整備された。

ところが労働を伴わない利益や、例えば不労所得である預金・貸し出しによる利息・利子は存在しない。本来、所有は神のみが行い、財産(富)を退蔵することは卑しいとされ、それを最大限に活用しなければならないからだ。 利息付きの預金は認められない。ところが、直接投資は認められている。

そのため、財産は常に生産・流通などに回されることになり、富の循環(投資)を促進させる効果がある。例えばイスラム債券である「スクーク」は、投資で得られた収益を収益額に応じて投資家に分配するもので、株式のような性質を持つ。

いわば米シリコンバレーのベンチャーキャピタルのように、リスクを取って成長を促進する経済・金融システムが存在するのだ。こうした活発な直接投資は、経済に刺激を与える効果を持つ。

その一方で、先物やデリバティブは禁止されている。「ラクダ売買の時に胎内にいる子供も見込んで売買してはいけない」と表現される先物の禁止規定があるためだ。実態の無いデリバティブも同様である。

これらの金融・経済思想から考えると、1997年のアジア経済通貨危機の時にイスラム教国マレーシアのマハティール前首相が、ヘッジファンドを強く非難したのも理解できる。今回のサブプライムローン(米国の信用力の低い個人向け住宅融資)問題でもイスラム経済圏がほとんど影響を受けなかった理由にも関連がありそうだ。

ーーーーーーーーーーーーーーーー以上抜粋掲載ーーーーーーー

同時に過去のるいネットのイスラム(可能性)関連投稿を紹介しておきます。
⇒イスラム世界の拡大92696
⇒イスラム式金融機関110615
⇒イスラム社会と国際マネー循環−マレーシア発の動きリンク
 
 
  この記事は 92696 に対する返信です。
 この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_213039

 この記事に対する返信とトラックバック
230660 イスラム誕生と拡大@〜イスラム以前のアラブ社会「戦いの日々」 ET 10/04/25 AM02
217378 私権を求めている企業は、ヨーロッパでも相手にされない。 誉士候 09/10/16 PM10
214815 インドネシアにおけるザカート(喜捨)の実態 三浦弘之 09/09/11 PM10
213987 マレーシアにイスラム教が浸透したのはなぜか? 匿名希望 09/08/31 AM00
213796 イスラムの地域共同体を支えるシステム 小西良明 09/08/28 AM08
213524 続・イスラムの可能性を探る 〜イスラム金融の根本にある社会規範〜 西谷文宏 09/08/24 PM07
アメリカ崩壊後の世界〜イスラム世界の可能性は? 「日本を守るのに右も左もない」 09/08/24 AM10
アメリカ崩壊後の世界〜イスラム世界の可能性は? 「日本を守るのに右も左もない」 09/08/24 AM10
213490 「イスラムは固定的位階制度を嫌う」 TAB 09/08/23 PM10
213475 イスラムの経済観と経済原理 西村真治 09/08/23 PM06
213462 イスラムの家族と婚姻 野田雄二 09/08/23 PM01
213135 イスラム世界が「近代化」に“失敗”したわけ 2U 09/08/18 PM10
213053 イスラム金融(1) 〜イスラム法:人としての道を説く」規範〜 復讐の叫び 09/08/17 PM03

  [戻る]  


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、42年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp