市場の支配構造
212131 欧州貴族の源流3 スイス都市国家の成立
 
案内人 ( 闇 光を照らす ) 09/08/03 PM08 【印刷用へ
211635の続き)

◆ヨーロッパ貴族の勃興
この十字軍や騎士団に”投資”していたのが、それまでの略奪と地中海交易で富を蓄えていた貴族達であった。十字軍の略奪及びテンプル騎士団の東方交易により、十字軍や騎士団に投資していた貴族達は、数十倍の利益を得た。
騎士団を通じて作り上げた商業ネットワークを基盤に財を成していった貴族達は、神聖ローマ帝国皇帝への不満を募らせて行く。当時の貴族達は、神聖ローマ帝国の皇帝による絶大な権力の支配下にあったが、貴族達は金と軍事力があれば、皇帝などいなくても自分で独立できると考え始め、各地で皇帝に対する闘争を引き起こし、時には異民族であるトルコ軍を招き入れることさえ行った。

この絶え間ない戦争を遂行するため、皇帝は領土を担保に多額の金を借り入れた。皇帝に金を貸すのは「金貸し」だが、その金貸しには貴族達が金を貸している。つまり、貴族が間接的に皇帝にお金を貸しているという構図が出来上がっていた。その後も戦費が膨張し、皇帝が借金の返済能力を失った結果、担保であった土地は貴族達の所有物となる。こうして貴族達が所有することになった土地に皇帝の権限が及ばなくなり、ジェノヴァ、バーゼルなどが都市国家として独立して行く。

◆スイス都市国家の成立
1200年前後のスイスは産業地帯であり、鉄砲、刀等の精密機械業、金属加工業が発達し、山間部で火薬原料も採掘された。そこに、ヨーロッパ中で商業ネットワークを構築していた騎士団やヴェネチアで富を蓄えた金融家が金融技術と共に移住していた。
皇帝に反逆した貴族達は、この兵器と富と産業の揃ったスイスに結集した。当初はチューリッヒなどわずか35都市ほどだったが、やがてこれらの都市が同盟を結び、国家を形成していく。これが現代まで続く金融国家、マネーロンダリング天国スイスの起源であり、世界を支配する勢力となった所以である。
 
 
 
 この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_212131

 この記事に対する返信とトラックバック
傭兵産業国家〜スイス 「金貸しは、国家を相手に金を貸す」 09/08/22 AM05
212864 スイスとヴェネチアは姉妹都市 中村英起 09/08/14 PM04
212781 スイスが世界最大の金庫となったカラクリ 山上勝義 09/08/13 AM07
212133 欧州貴族の源流4 ハプスブルグ家と共に大貴族となったタクシス家、サヴォイ家 案内人 09/08/03 PM09

  [戻る]  


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、42年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp